熊の木彫職人の収益

姉に誘われて、登別温泉へ行ってきました。

温泉街のお土産屋で、「シャケをくわえた木彫の熊」の置き物を見ながら
「昔は北海道のどの家にもあったのに、最近見なくなったよね」
と姉と話していたら、お店のおばさんが、いろいろと勉強になる話をしてくれました。

アイヌの民に火の神様とされていた熊ですが、やっぱり最近は売れないのだそうです。
昔は神聖でさわることもできなかったフクロウの置き物が出てくるようになったのも、「熊と比べると見た目のアレンジを利かせやすい」という事情があるようです。

「これなんか素晴しい作品なんだけどねえ」
とおばさんが指差した、名のある職人の熊は、とても丁寧な彫刻がほどこしてあったりするのですが、その価値に見合うとは思えない微妙な値が付いていました。

「名人は80歳を越えている人も多いから、もうあまり観られなくなるかもしれないよ」
とおばさんは言いました。

「で、中堅の職人さんたちはどうしてるかというとね」
とおばさんが指し示したのは、丸太の形を生かしたチェストやテーブルや椅子でした。
道東の牧場カフェや「ジブリの森美術館にありそうな感じ(by姉)」です。

kuma

「これがね、売れるのよー。ゴールデンウィークのときはここにもっと大きな家具もあったのだけど、もう売れてしまったの」とおばさん。

値札を見ると、結構な値段が付いています。
若手の職人さんたちは、熊の置き物やニポポなどの伝統工芸の傍ら、そういう実用家具を作って収益を得ているようなのです。

悲しいことに、商業デザインの技術の向上というのは、妥協のはじまりなのかもしれません。

「ウケる」と「売れる」の間:ウェビンブログ

ベクトルや芸術性は全然違うとはいえ、職人系の仕事をしている私。
前回の記事で書いていたのと同じような状況だったので、なんだかいろいろ考えさせられてしまいました。

姉は面白い話を聞いたからと、とても小さなかわいい熊(これは技術提供を受けた海外の職人の作らしいですが)を買っていきました。

私の方が参考になっていたし、こうしてエントリーを書いているのだから、
何か買っていけば良かったなあ、とちょっと気になってます。
まあでも、ああして何か買ってもらうのがおばさんの商売だからなあ。

もし皆さんの家に木彫りの熊がいたら、ときどきブラシで背中のホコリを払ってあげてくださいね。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2008年05月14日 | Permalink

求められる機能だけを抽出した「CMS Designer」

この記事は2007年に旧ブログで書いていたものを移動しています。
少し情報が古いところがあるかもしれません。

遅まきながら最近知ったのですが、「既存の静的ウェブページの一部だけを動的ページにする」という機能に特化したCMSツールがあるのだそうです。

CMS Designer

PHPで動作し、データはメンテナンスがしやすいXML形式での読み書き。さらに、管理画面の入力項目名・項目数もXMLで自由に指定できます。
コメント・トラックバック機能を廃し、現場で求められる機能だけを搭載した軽量CMS。
MovableTypeやWordPressが空母なら、これは零戦といった感じです。

非商用であれば無料で使えますし、商用ライセンスもCMSにしてはずいぶん安いです(MTよりは高いですけどね 笑)

一般のウェブサイトでは、「新着情報」とか「今月の○○フェア」といった部分だけは頻繁に更新されますが、それ以外のページの更新はほとんどありません。
新着情報自体も、ログを数年分確実に保管する、という必要はありません。

こういった「既存HTMLの一部だけ動的ページにする」カスタマイズはMovableTypeでも可能ですが、プラグインを導入したりしない限り、管理画面の項目名は「本文」「追記」から変えることはできません。
商品一覧や何かのデータ表など、特殊な項目が沢山あるコンテンツの製作に適していると思います。

なかなか便利そうな「CMS Designer」ですが、気になる欠点がひとつ。
デフォルトの状態では、出力ページの拡張子が「.php」になってしまいます。

データベースをHTML文書(拡張子.html)として出力するには特別な処理が必要なのですが(ブログでいえば「再構築」がそうです)、それは搭載されていません。
URLの末尾が「.html」の状態で運用されているサイトの拡張子が変わってしまうというのでは、PHPファイルが検索に拾われるとしてもクライアントのOKは出にくいでしょう。
(2009.5.1追記:仕様が変わっているかもしれません)

つまり、CMS Designerをビジネスサイトに実装するためには、本サイト内でも紹介されていますが、

  • mod_rewriteモジュールを利用してURLを擬似的に変える
  • 拡張子が.htmlのファイルがphpとして動作するようにする

CMS Designer:SEOには対応しているの?

上記いずれかを実装しなければならない
=上記いずれかの機能を実装可能なサーバーを使用している必要がある
ということです。
CMS導入の際は、この辺りも慎重に検証する必要があるでしょう。

何にせよ、私自身はとても興味を持っているので、時間のあるときに非商用で試してみようと思います。
MovableTypeの不親切な管理画面には心底辟易してるのですよ…(=_=メ


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2007年01月26日 | Permalink