ウェビングスタジオのロゴの話


今日は、ウェビングスタジオのロゴの話をしようと思います。

今のロゴに変更したのは、一年半ほど前の2014年の8月頃です。
数年前から変更したいと思っていましたが、なかなか「これだ!」というものになりませんでした。

そもそも以前のロゴは「モニター」の形をしていたのですが、タッチデバイスやラップトップの普及でこの形がもうスタンダードではなくなっています。

ロゴの基本線を変えずにバージョンアップしたいと考えていたところ「Ubuntu Title」というコロコロしたフォントに出会い、天啓のように浮かんだのが今のロゴです。

喜びにさらにプラス

現在のロゴは「パートナーの喜び」を表していた「 :D 」が画面からはみ出しています。

開業時に目標としていた「喜び」だけでなく、画面の向こう側で「興味」「驚き」も感じていただけるウェビングスタジオでありたい、という意味を込めています。


以前のロゴ

現在のロゴ


心の軸


現在のロゴは、縦・横とも「 i 」が長くなっています。

数年前のNHKの大河ドラマ「平清盛」で、中井貴一演じる清盛の父が、幼い清盛に「心の軸を持て」と諭すシーンがあります。

ドラマ自体はあまり受けなくて私も一年通しては観なかったのですが、この「心の軸」という言葉はとても好きです。なので「 i 」を軸のように長くしました。

大きな口

新しいロゴは、「 :D 」の輪郭がほぼ正方形になっています。
これ、漢字の「口(くち)」です。

私の名前は「口田(くちだ)」といいます。かなり珍しい苗字で、ゲシュタルト崩壊して「田口」に間違われやすいのが悩みです。

私自身も言いたいことを言う性格で、関わっているCMSについてもツッコミばかり入れています。

かつては余計なことばかり言うのが悩みでしたが、ユーザーがツッコミを入れることで、開発側が改善を検討してくれたり「いやいや、実はこれはこういう思惑でこうしているのです」という話を出していただけたりします。

だから、自分自身があくまで謙虚であれば「言いにくいことを言う」スタンスでもいいと考えるようになりました。

なので「大きな口=ビッグマウス」という含みを持たせています。


新しいロゴにしてだいぶ経ちます。かわいいし見やすいし気に入っています。ブラウザでアクセスすると「 :D 」がファビコンになるので自分のサイトを更新するたびにニヨニヨしています。

グラフィックだけで意図を伝えるのは難しいもので、「舌を出しているように見えますね」と言われたこともあります。
それはそれで、「特定のコミュニティに属さない」という自分らしさから外れてはいないかな、と考えています。


この記事をシェアする

この記事を書いた人

フロントエンドエンジニア

うぇびん

愛知県豊橋市の、荒ぶるフリーランスおばさんエンジニア。主な業務はCMSの構築、ウェブ制作全般。a-blog cms・WordPress・MTなど。マイクラ歴12年。得意な魔法はバイオだけど、そろそろ魔人さんにクラスチェンジしてフレアを撃ちたい。
個人のTwitter: @webbingstudio