WebbingStudioのFacebookページに、このブログの新着情報を掲載してみました。

Facebookページ(ファンページ)は、CMSのようにFacebook管理画面で本文を書き込む「スタティックFBML」が主流でしたが、今後はそれが廃止され、指定した外部コンテンツをインラインフレームのように読み込ませる「Page Tabs」が推薦となります。

…つまりCMSとの連動が可能になるわけですが、元々テーマの構造がわかりやすいa-blog cmsが、最も簡単に導入できます。
手順をまとめたので、a-blog cmsでサイトを運用されている方は参考にしてください。

新規のモジュールIDを作成する

a-blog cmsで任意の記事をピックアップするには、管理メニューで「モジュールID」を定義する必要があります。
私は下のスクリーンショットのように「ウェビンブログ(ブログID=3)の新着だけを表示する」モジュールを作成して、モジュールのタイプを「Entry_Summary」、名前を「fbBlogRecent」としました。
もちろん、特定のカテゴリーやカスタムフィールドに該当する記事も可能です。

モジュールIDの新規作成画面

新着を表示するページを作る

a-blog cmsの現在運用しているテーマセットに「Facebook用のディレクトリ」を作ります。
私は「[現在のサイトURL]/themes/[テーマセット名]/fb/」としました。
ブログの新着を出すだけであれば、カテゴリーとして定義する必要はありません。

さらに、以下のようにテンプレートを作成します。
細かいマークアップ、CSS等はご自由に。私はCSSを外部ファイルとしていますが、面倒ならhead内に書いても特に問題ありません。インラインフレームなので、リンク先は別ウィンドウで表示するようにしてください。
Entry_SummaryモジュールのIDには先程定義した名前を指定します。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja" dir="ltr">
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta http-equiv="content-style-type" content="text/css" />
<meta http-equiv="content-script-type" content="text/javascript" />

<title>ブログ新着</title>
<meta http-equiv="imagetoolbar" content="no" />

<link rel="stylesheet" href="/css/fb.css" type="text/css" media="ALL" />
</head>

<body id="fb-recent">
<div id="wrapper">

<div class="contents-header clearfix">
	<p class="contents-title">Blog</p>
	<p class="caption">ブログ新着記事</p>
</div>

<!-- BEGIN_MODULE Entry_Summary id="fbBlogRecent" -->
<div class="recent">
<div class="recent-contents">
<!-- BEGIN notFound --><!-- END notFound -->
<!-- BEGIN entry:loop -->
<div class="post clearfix"> 
	<p class="thumb"><a href="{url}" title="{title}" target="_blank" style="width:{x}px; height:{y}px; position:relative;">
<!-- BEGIN image:veil --><img src="%{ROOT_DIR}{path}" width="{imgX}" height="{imgY}" style="left:{left}px; top:{top}px; position:relative;" /><!-- END image:veil --><!-- BEGIN noimage --><img src="/images/common/nobnr_img_01.png" width="100" height="100" alt="" /><!-- END noimage -->
	</a></p>
	<div class="post-contents">
		<p class="title"><a href="{url}" target="_blank">{title}</a></p>
		<p class="date">{date#Y}.{date#m}.{date#d}</p>
		<p class="summary">{summary}[trim(101, '...')]</p>
	<!-- /.post-contents --></div>
<!-- /.post --></div>
<!-- END entry:loop -->

<!-- /.recent-contents --></div>
<!-- /.recent --></div>
<!-- END_MODULE Entry_Summary -->

<!-- /#wrapper --></div>
</body>
</html>

テンプレートができたら、ファイル名を「blog.html」として、「fb」ディレクトリ内にアップロードします。うまくいっていれば「[サイトURL]/fb/blog.html」にブログの新着リストが表示されるはずです。

http://webbingstudio.com/fb/blog.html

Facebookアプリケーションを作成する

Facebook Developersに「新着情報をiframeで呼び出すアプリケーション」を登録します。

アプリ登録の基本的な手順については、藤本壱さんがとても詳しく解説されています。こちらの記事を参照してください。

iframe版Facebookページの作成方法 – The blog of H.Fujimoto

アプリケーションの設定の「Facebook Integration>CANVAS」の項目では、以下のように設定します。

Canvas Page 英語ならなんでもいい
Canvas URL サイトURL]/fb/
Canvas Type iFrame
iFrameサイズ Show scrollbars

「Facebook Integration>Page Tabs」の項目では、以下のように設定します。

タブ名 メニュー項目にしたい名前
Page Tab Type iFrame
タブのURL blog.html

あとはできたアプリケーションをFacebookページに追加すれば、新着情報が表示されるようになります。

注意点

  • Page TabsはFacebookにログインしてないと見えません。(2011-2-19現在)
    Facebookページのコンテンツはユーザーのみに提供するものと割り切った方がいいでしょう。
  • アプリケーションの登録には管理者本人の携帯メールアドレスか、クレジットカードの番号が必要です。
  • インラインフレームのサイズは、幅520px・高さ800pxです。これを超えるとスクロールバーが出てしまいます。

それにしても…今どきインラインフレームを使うことになるとは思いませんでしたw

CANVASを併用した技術なので、レガシーなiFrameとは違ってHTMLコードも出力されているようなのですが。

この記事を書いた人

うぇびん

愛知県豊橋市でフリーランスをしている、荒ぶるウェブおばさん。WordPressをはじめとした各種CMSを研究するのが好き。コーディング、WordPressによるサイト構築、改修、復旧などを承っています。