Work

a-blog cms用テーマ「echo_zero」と、日本のCMSテーマの一年間


a-blog cms用テーマ「echo_zero」を正式にリリースいたしました。
非商用・検証目的であれば自由にご利用いただけます。商用の際はライセンスをご購入いただけると嬉しいです。

echoのポータルサイトもリニューアルして、ようやく他のechoシリーズにも着手できそうです。

さて、a-blog cms版のechoを作る!と言ってからリリースまで一年もかかりました。なぜそんなにかかったのかという話を、主要CMSの日本製テーマの事情なども交えて振り返りたいと思います。

この記事には続きがあります

CMS

国内CMS7種のナビゲーション機能を比較してみた・2016年歳末版


これまでのコーポレートサイトのCMS構築において、ナビゲーション機能は重要度が高くありませんでした。公開後に変更されることが少ないので、HTML直書きでも充分だったのです。

しかし、コンテンツマーケティングの考え方が普及し、サイト公開後もナビゲーションの導線変更を検討するケースが増えてきました。
現時点の、日本国内の主要CMS6ブランド・7種類の「ナビゲーション機能」について改めて見直してみました。

2016-12-30追記

ユーザーの皆さんから情報をいただき、下記を修正しました。
不備が多く申し訳ありません…m(__)m

  • Movable Type: Object Treeプラグインの情報を追加
  • a-blog cms: ナビゲーションのカスタマイズについて追記
  • concrete5: フラットビュー、ページ検索機能について追記
  • baserCMS 4: ブログ・フォームを複数追加について追記
  • Drupal: 「リンクの一覧」画面について追記

この記事には続きがあります

Work

Movable Type用テーマ「echo Bootstrap」のリポジトリを公開しました


メリークリスマス。
リリースから1年が経過した、Web制作者向けに制作したMovable Type用テーマ「echo Bootstrap」のリポジトリをGitHubに公開しました。

https://github.com/webbingstudio/mt_theme_echo_bootstrap

今後は非商用・検証・学習目的であれば無償でご利用いただけます。商用利用を検討された際は、ライセンス(10,800円)を購入ください。

http://store.cms-skill.com/items/2463730

a-blog cmsでも新しいテーマを制作していますし、来年以降いろいろと有料のCMS素材をリリースしていきますが、基本はMovable Typeコミュニティで多く採用されている、商用ライセンス方式で統一する予定です。

この記事には続きがあります

CMS

Movable TypeにCSV形式でインポートができる「CSVDataImExporter」プラグインの使い方


こちらは、Movable Type Advent Calendar 2016の17日目のエントリーです。
なんと4日前に書いてます!うぇびんさんらしくないですね!

今年は、Movable TypeでCSV形式のエクスポート・インポートが可能になるプラグイン「CSVDataImExporter」の使い方を解説します。

はじめに・ライセンス体系について

このプラグインは基本有償です。試用版は15日間すべての機能を利用できますが、それ以降はインポート可能なデータの範囲とサイトの目的で、ライセンス料金が変わります。詳しくはリンク先を参照ください。

CSVDataImExporterプラグイン: 小粋空間

画像カスタムフィールドを含む場合は、最上位の「④ブログ記事 + ウェブページ + カスタムフィールド + カスタムフィールドアイテムアップロード対応版」をお勧めします。この記事でも、④での導入経験を前提に解説していきます。

この記事には続きがあります

Study

CMSMix Sapporoで、ふたたびCMSディレクション全般について話しました


2016年2月27日に札幌市で開催されたCMSの合同イベント「CMSMix Sapporo」で、基調講演をさせていただきました。

CMSMix Sapporo 〜Web制作の幅が広がる!プロジェクトの傾向から考える、2つ目・3つ目のCMS選び〜 | Peatix


ジャクスタポジション西山さん

昨年秋の、名古屋のセミナーイベント「WCAN」での私のセッションに、札幌のMovable Typeのパワーユーザー、西山さんが興味を持ってくださいました。

WCAN2015 Autumnで、CMSディレクション全般について話しました | CMS | ウェビンブログ

これがきっかけで、a-blog cmsconcrete5DrupalMovable TypeWordPressのパワーユーザーが集まる、貴重なイベントが実現しました。ありがとうございます。

この記事には続きがあります