Webdesign

Atomic Designの思想でCSSフレームワークを作るのは難しいので代替案を考える


一昨日、「FLOCSSがわかりにくい」「Atomic Designの思想でフレームワークを作ってみたい」という記事を書いたところ、とてもたくさんの感想をいただきました。

【Webdesign】Atomic Designの思想で、文系でもわかるCSSフレームワークを作りたい | ウェビンブログ

大半がフロントエンドエンジニアからの突っ込みです。著名な方々にもたくさん意見をいただいただのでまとめました。ありがとうございます。

「Atomic Designの思想で、文系でもわかるCSSフレームワークを作りたい」に識者たちの鋭すぎる突っ込みが入る - Togetterまとめ

Atomic DesignがCSS設計に適していない理由

ピクセルグリッドの高津戸さんによると、そもそもAtomic DesignはCSSやJSの設計とは全く関係ないそうですが、よく考えてみると、たしかに厳密な階層構造を持っているAtomic Designの設計は、デザインレベルからの意思統一が可能な環境でなければ破綻してしまいます。

私はデザインを外部に発注することが多いですし、CMSベースで構築すると、どうしてもマークアップやクラスの命名に手を出せない箇所が出てきます(※)。

そんなこんなで、Atomic Designを採用することは諦めて、既存のCSS設計を、専門のマークアップエンジニアではなくても理解しやすくする方向で考え直すことにしました。

この記事には続きがあります

Webdesign

Atomic Designの思想で、文系でもわかるCSSフレームワークを作りたい

Atomic Designの構成図かわいいです

2017-06-16追記:Atomic Designをフレームワークに採用すべきでないという結論になりました。悲しい。こちらの記事でもう少し技術的な考察をしています。
Atomic Designの思想でCSSフレームワークを作るのは難しいので代替案を考える

久しぶりにいくつかコーディングの仕事をすることになりそうで、CMSの構築と比較して効率化できていなかった、CSSの設計を見直すことにしました。

最近のCSS設計は、OOCSSFLOCSSSMACSSなどがあり、高度かつ多岐に渡ります。ウェブデザイン設計についても、Material DesignAtomic Designなどがあります。

どれも素晴らしい内容なのですが、どうも私の中ではもやもやとしています。
かつてと比較すると、あまりにも理系寄りで難解だと感じるのです。

この記事には続きがあります

Work

プロ制作者用のテーマ「echo」のMovable Type版をリリースしました


本日、プロ製作者のCMS構築に特化したフレームワークテーマ「echo」をリリースしました。

echo - プロの制作者のためのフレームワークテーマ

Movable Type版からスタートして、二ヶ月ごとくらいのペースでa-blog cms版、WordPress版とリリースしていく予定です。
応援・ご協力をいただきました、Movable Typeのパワーユーザーの皆様に、改めて御礼申し上げます。

ウェビングスタジオからのクリスマスプレゼントとして、12月27日(日)23:59までの限定で、実際のマニュアルの2章まで(全8章)を無償で公開いたします。

うっかり30日まで放置してしまいましたが公開を終了しましたw

マニュアルとこの記事を読んでいただき、「echo」に興味を持っていただければ幸いです。

プロ用のテーマを作る計画

この記事には続きがあります

CMS

CMSのテーマを作る前に静的ページのコーディングをするか?


札幌のフロントエンドエンジニアの友人、長谷川さんが、WordPressベースの案件のワークフローで疑問を感じているようです。

いきなりですが、このエントリーを読んでいる方に質問です。WordPressのテーマを仕事で作成する際に、どのようなワークフロー、制作手順でコーディング・構築・テーマ作成を進めますか?

デザインから WordPress のテーマ作成までの自分のワークフローを見直す - HAM MEDIA MEMO
  • テーマをいきなり作りはじめる人が多いが、最初にきっちり静的ページを制作する自分のフローと比べてどうなのか
  • 何かしらのテーマをベースにカスタマイズで制作するフローが増えているようだが、それは本当に効率が良くなっているのか

という二点の疑問のお返事として、WordPress以外も含めた、最近の流れについて書いてみます。

この記事には続きがあります

CMS

「baserCMSデザインテーマコンテスト2015」でグランプリを受賞しました


baserCMSデザインテーマコンテスト2015」で、私の応募作品「ratio_3_2」がグランプリをいただき、baserCMSの本拠地・福岡市での授賞式にご招待いただきました。

おみやげの「博多とおりもん」をもぐもぐしながら、この報告記事を書いているところです。
福岡のbaserCMSユーザーのみなさん、ほんとうにありがとうございます。

本テーマは、baserマーケットから無償でダウンロードできるようになりますが、そちらと並行して、Sass・Gulpを含む完全リポジトリもGitHubで公開いたします。開発者の方のお役に立てば幸いです。

https://github.com/webbingstudio/baser_theme_ratio_3_2

この記事には続きがあります