Life

李徴と虎

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

あけましておめでとうございます。

ちょっと前までは平成生まれも珍しく、ネットをしている人もほとんどいなかったのに、気がつけば21世紀も10年過ぎました。
そして私は春にはさんじゅうg(ry

今年の年賀状のテーマを、中島敦の短編「山月記」にすることは、半年くらい前から決めていました。
自らの臆病な自尊心を飼い太らせ、虎に変わってしまう主人公・李徴(りちょう)の独白には、フリーランスのクリエイターは皆、何か思うところがあるんじゃないでしょうか。

私は年賀状のイラストに、前の年にあったことを絡める傾向があります。
昨年の年賀状はSecondLifeをイメージしています
当初は単に、月に吠える虎の構図になるはずだったのですが、私らしいというか、ややひねりが入った一枚になってしまいました。

昨年の後半、自己管理不足やストレスなど無理がたたって、メンタルの持病がひどく悪化しました。
私の「虎」が、近しい人に噛み付いたり、Twitterのタイムラインに吠えまくりました。

虎になった李徴に再会した親友・袁さん(えんさん)の前に、李徴は姿を見せることはありません。
李徴の苦しむ訴えは、動物たちには恐ろしい吠え声にしか聞こえません。

だけど私の場合、
家族や友人(袁さん)は私の様子に戸惑いつつも見守ってくれたし、
Twitterのfollowers(動物たち)はつぶやきに耳を傾けてくれました。
お取引先(月)は私のスキルを必要として、変わらずお仕事を回してくれました。

なので私は、年賀状の虎を吠えさせませんでした。
Twitterのログに残っていた虎も、できるだけ消しました。

李徴の言う通り、虎になってしまった方がぶっちゃけ楽でした。
だけど虎はWEB制作ができません。
私はこの仕事をまだ投げ出したくはありません。

今年の年賀状は、この仕事をできる限り続けて行くという誓いと、
お世話になった皆様への感謝を込めさせていただきました。

今年も頑張ります!

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

permalink

http://webbingstudio.com/weblog/life/entry-123.html

publish