Life

ちゃんとしたWindowsマシンを自作しよう2017 (2)札幌のお店編

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ちゃんとしたWindowsマシンを自作しよう2017」の二回目です。仕事が少なかった週末を利用して、札幌駅前の電器店めぐりをしました。

  1. 計画・予算編
  2. 札幌のお店編
  3. 購入編
  4. 組立・まとめ編

ビックカメラ

友人たちには「パーツは初期不良が起きやすいので同じ店でまとめて買うように」と言われていました。

普段、私は店頭で手に入る機材はすべて、ビックカメラで買っています。品数が多いし、業務用のクレジットカードがビックカメラだからです。
しかし、しばらくApple製品を使っている間に一般家電にシフトして、PCパーツコーナーがなくなっていました…

というわけで、今、札幌でPCパーツをすぐ見られるお店は、ヨドバシカメラ・DEPOツクモ・ドスパラの三軒ということになります。

ヨドバシカメラ


フォントサイズ何pxだべ

ヨドバシはとにかく各コーナーの看板が大きく、すっかり目が悪くなった自分にはありがたいですが、PCパーツについては期待したほどではありませんでした。現物展示も説明も少ないし、箱が傷んでいるものが少なからずあります。拡張カードはけっこういろいろ置いてあった印象です。

ただ、一般的な周辺機器は豊富で、最高級キーボードの一角である東プレの「REALFORCE」を触れます。

PCケースを見ていたところ、CORSAIRの「Carbide」に心惹かれました。
Amazonでは強度がいまいちなどと書かれていますが、Amazonは基本的にPCにこだわっている人たちの意見なので私はそれほど気になりません。後述のFractal Design一択な気持ちだったのに、最後まで悩むことになります。思いがけない出会いがあるのが店頭購入の面白さです。

DEPOツクモ

25年住んでいて、札幌店の存在を知りませんでした…高架下の商業施設の中にすっぽり埋まっているからです。
ツクモはBTOに力を入れています。求めていたスペックのBTOパソコンが「週末価格」で爆安だったので、危うくこの連載が二回目で終わるところでした。


中段左のBlackwidow Chromaが憧れの品

奥の方は「eスポーツ用品専門店」といった風情です。他店ではゲーミングデバイスはRazerかLogicoolしか見られませんが、ツクモではその他の製品も見られます。ゲーム好きなので今後もちょくちょく行くことになりそうです。

ツクモではPCケースとCPUクーラーがたくさん見られます。Fractal Designの「Define R5 Black Pearl」、サイズの「虎徹」も現物がありました。

スウェーデンの企業、Fractal DesignのPCケースはとても人気があります。デザインの良さは写真だけでもわかりましたが、現物は本当に美しいです。北欧大好きな私はしばらくナデナデしていました。

ドスパラ



入りづらそうだし、札幌点はあまり大きくないですが、勇気を出して入店。
完全に自作の店です。「初めて自作する人でも絶対に失敗しないフルセット」という、それは自作というのか…と突っ込まずにはいられないものもあります。

マザーボードやグラフィックボードが裸の状態でガラスケースにも入れずに展示されています。裏側などいろいろな方向から見られるのは安心します。スペック説明が細かいので面白くてじっくり読みました。


最終的には、すべてドスパラで買いました。店員さんがお客様のマニアックな要望に丁寧に答えていて相談しやすそうだったのです。
Core iシリーズとASRockのマザーボードをセットで買うと割引だったので、その組み合わせを中心に、何にしたらよいかわからないものは用途を伝えて見繕ってもらいました。

「CPUクーラーはCore iシリーズには最初から入っているから買わなくても良い」「グラフィックボードはQuadroとGeForceがあり、描画ソフトに強いのはQuadroだが、ゲームにも使う場合は買ってはいけない
ということを知らなかったのでちゃんと相談してよかったです…



というわけで、ケース以外のパーツをえっちらおっちら持ち帰り、ケースはAmazonで注文。パーツがすべて揃いました。

次回は買ったもの一式と、選んだ理由一覧です。

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

permalink

https://webbingstudio.com/weblog/life/entry-830.html

publish