一周して親子テーマ構築からシングルテーマ構築に戻ってきた話

テーマの継承=親子テーマの概念があるa-blog cmsでは、複数のブログで構成されたウェブサイトを製作する場合、子ブログのテーマはルートブログの子テーマとします。

フォルダ構造をざっと書くと以下のとおりです。子ブログ「ニュース」の親ブログには「sample」というテーマが指定されています。
a-blog cmsは「テーマ名@親テーマ名」でテーマの親子関係ができますから、ニュース用のテーマは「news@sample」とすればよいわけです。

            sample ┬ テンプレート
                         ├ テンプレート
                         ├ テンプレート
                          ・・・

news@sample ┬ テンプレート
                         ├ テンプレート
                         ├ テンプレート
                          ・・・

ですが最近、他の人が製作した親子テーマを使わない「シングルテーマ構築」を見る機会があり、試してみたところ、開発者によっては、親子テーマよりもメリットが大きいかもしれないと感じました。

シングルテーマ構築とは

手法としては、特に凝ったものではなく、かなり昔からあったものです。私自身、Movable Typeで試したことがあります。

テンプレート内にインクルードを書き、ファイル名の一部に「ブログ名」もしくは「ブログID」を引数として渡します。
a-blog cmsで、詳細ページ用テンプレートの場合こうなります。

@include("/_entry/entry_blog_%{BID}.html")

コードネームを取得する変数「%{BCD}」を使って、より直感的なファイル名にしても良いと思いますが、a-blog cmsはルートブログではコードネームがない(NULL)ので「entry_blog_.html」というファイル名になってもよいのかは考える必要があります。

フォルダ構造は以下のようになります。画面ごとに「_top」「_index」「_entry」のフォルダがあり、現在訪問しているブログのIDをキーとして、表示するテンプレートを切り替えます。



シングルテーマ構築のメリット

やったことがない人から見ると複雑そうに感じますが、大規模なウェブサイトほどメリットがあります。

修正漏れが出にくい

親子テーマで構築したときに問題となるのが、子テーマの修正漏れです。親テーマと子テーマはテキストエディタや統合開発環境でファイル一覧を見た場合、かなり離れた場所に表示されます。このため、複数人で開発したり、数ヶ月語に改修をしたときに見落としが出やすくなります。

ファイルを探しやすい

テンプレートが画面ごとにひとつのフォルダに入っており、かつ一意のファイル名になっているので、ファイル名を検索して修正する作業がスムーズです。 親子テーマの場合、「index.html」を探そうとすると、テーマの総数分だけファイルがヒットすることになります。 カテゴリー単位でディレクトリを作っていると、ますます大変なことになります。

他の条件分岐を併用できる

親子テーマの場合、振り分けるのはあくまでブログ単位であって「ルートカテゴリーがitemsのエントリー」などのカテゴリー単位の振り分けは併用できません。
a-blog cmsの場合、「コンフィグセット」機能が追加されたので、カテゴリーごとにテーマを変えることもできるようにはなったのですが、テーマだけではなく同様にコンフィグに含まれている編集設定なども変わってしまうので、あまり現実的ではありません。

シングルテーマ構築のデメリット

説明が必要

CMS構築にそれほど詳しくない人には、事前説明が必要になります。最低でも、ブログIDとコンテンツの対照表がないと、ブログIDの調べ方がわからない人にはどうしてよいかわからないでしょう。

ルールはやはり子テーマ(a-blog cmsの場合)

スマートフォンではテンプレートを差し替える、などの「ルール」機能を利用する場合は、子テーマでなければなりません。

ELSE分岐が面倒(a-blog cmsの場合)

インクルード時にファイル名が一致していなければならないため、「ではない」を条件とした分岐が難しいです。

えっ?IFブロックを使って、こうすればよいのでは…と思うかもしれませんが、

<!-- BEGIN_IF [%{BID}/eq/2] -->
@include("/_entry/entry_blog_%{BID}.html")
<!-- ELSE -->
@include("/_entry/entry_blog_not2.html")
<!-- END_IF -->

a-blog cmsはIFブロックを使用した場合、条件に合致していないコードも処理されます。なので、このような書き方をすると、実質2ページ分の読み込みが発生して処理が遅くなります。

ELSE分岐はこのように、条件に合致しないテンプレートに、さらにインクルードを書くことになります。

_entry.html

@include("/_entry/entry_blog_%{BID}.html")

entry_blog_2.html 以外のブログIDのテンプレート

@include("/_entry/entry_not_blog_2.html")

なお、自作のグローバル変数を作成する知識があれば、 %{IS_NEWS} のような特殊な条件でtrueを返すグローバル変数を作ったり、特定のカスタムフィールドの値をテンプレートファイル名に使ったりできるので、大幅に有用性が上がります。
その場合はa-blog cmsのアップデートやサーバー移転の際に、オリジナルのグローバル変数を定義している /extension/acms/Hook.php を上書きしないよう、資料を書いて共有しておく必要があります。

まとめ:これでいいのか…?

メリットのところで書いたとおり、シングルテーマ構築は、私的には便利でした。途中、ディレクターさんが急ぎの文言変更でテーマを編集しましたが、フォルダ階層を登ったり降りたりしなくて良いので、作業しやすかったようです。

この構築手法は、a-blog cmsの公式テーマの管理画面のカスタムフィールドでは昔から使われています。ですが、公開側のテンプレートについては、ドキュメントでもこのような手法は解説していないので、オレオレカオステーマになってしまわないか、このまま採用し続けて良いものかという迷いがかなりあります。うぇびんたんいつも迷ってますね。

このへん、他の製作者さんの見解を知りたいので、SNSのコメントなどいただけると、とてもうれしいです。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2019年07月31日 | Permalink