Illustrator CC 2017から書き出したSVGは、GIMP 2.8.22で正しく表示できない


表題の通りです。同じ状況になる人がいずれ出てくるかもしれないので共有します。

結論から書きますが、これはGIMP側の仕様で、ブラウザでの表示においては問題ありません。
どうもGIMPは、SVG関連の対応は読み込み・書き出しともに遅れているようです。

Android Studioでも色情報が引き継がれない問題が報告されています。

Sketchたまご: Illustratorから書き出したsvgをAndroid StudioにImportすると色情報が反映されないことの解決法


問題が起きた状況


「次のゴミの日は何日後か」を簡単に確認できる、「5374.jp」という便利なウェブサービスがあります。札幌版も地元の有志によって提供されています。

http://sapporo.5374.jp/

先日の札幌市の条例変更で、これまでになかった「燃やせるゴミとスプレー缶」というSVG画像が必要になり、Illustratorで作って寄贈したのですが…
受け取った友人から「もらった画像をGIMPで開いたら、崩れてしまった」と連絡が来ました。

GIMPとは

GIMPは、無償かつオープンソースの画像加工ソフトです。記事を書いている時点の最新バージョンは2.8.22です。
PhotoShop並の機能を持ち、デザインが本業ではない人にとても人気があります。

https://www.gimp.org/

友人に送ってもらったスクリーンショットは、このような状態でした。文字のパス情報が壊れてしまっています。これは後述の修正後の状態で、最初の時点では、色情報も破棄されて、真っ黒だったそうです。



Illustratorが書き出すSVGについて

2014年に作られた、5374.jpの既存SVG画像もIllustratorで作成されていますが、こちらはGIMPでも崩れません。この違いは、IllustratorのSVG書き出しの仕様変更によるものです。

https://github.com/codeforsapporo/5374/blob/master/img/moyasanai02.svg

こちらの記事が詳しいですが、SVGでは冒頭のXML宣言、DOCTYPE宣言、および不要なグループタグ(g)は、省略できます。

Advent Calendar 3日目:SVG画像を1バイトでも削るためのコードゴルフ - 聴く耳を持たない(片方しか)

また、path・rect要素の着色は、fill属性によるインライン指定以外にも、クラスを付与してのCSSによる一括指定ができます。
SVGOMG」のような、ファイルサイズを軽減してくれるサービスもCC2017の対応以前から多数ありました。

Illustratorも、CCの時点では省略しないコードとなっていたのですが、CC 2015で文書宣言が廃止され、さらにCC 2017からの新しい方式である「スクリーン用に書き出し」では、改行も削除されるようになっています。
省略したコードのSVGは、Windows 8や、Android 4系でも問題なく表示できます。ただしIEとAndroid 4.3以下では、svg要素にwidth・height属性の指定をしないと縦横比がおかしくなります。

fill属性で書き出す方法

Illustratorで古い形式のSVGを書き出したい場合は、「ファイル>書き出し形式」を選択すると、文書のオプションを変更することができます。
スタイルを「プレゼンテーション属性」にするとfill属性として色が指定されます。



文字が真っ黒になる件については、CSSでの色指定をGIMPが解釈できていないことは明らかだったので、CSSをfill属性に書き換え、かつXML宣言と文書宣言を追加してみました。
しかし、冒頭の画像のとおり、色情報以外の不具合は解決できませんでした。

もしかすると、小数点以下の桁数を2桁→1桁にしたら直ったのでは…?とも思いますが、確証はありません。


今回はGIMPでの編集が必須ではないので、検証はここで打ち切りましたが、デザイナーがアプリ開発者に依頼されてアイコンだけ納品するようなケースでは、このような問題が起きるかもしれません。
編集の可能性がある場合、事前に利用している描画ソフトは確認した方がよいでしょう。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2017年07月04日 | Permalink