CMS

CMSの構築を考慮したコーディングとかクラスの命名規則の話


先日、CSSフレームワークについて記事を書いてから、今後のコーディング設計について具体的に考えています。

【Webdesign】Atomic Designの思想で、文系でもわかるCSSフレームワークを作りたい | ウェビンブログ

というより、再利用性のある業務用テーマの制作をいくつか依頼されており、いずれにしても着手しなければならないのです。

私の主業務が、CMS(それも特定のブランドによらない)を組み込んだサイトの制作であることを前提に、自分はどう設計していったらよいか、考えていることを書いておきます。

この記事には続きがあります

CMS

【解決済】a-blog cms バージョン2.7.0と「echo_zero」の不具合について


a-blog cmsの新バージョン、2.7.0がリリースされました。

バージョン2.7.0の変更点一覧

PHP7対応、現在地から近い順にエントリーを表示するモジュールの追加、インポート機能の強化などが大きな変更点です。

これに伴い、ウェビングスタジオが公開中のテーマ「echo_zero」について、バージョン2.7で以下の不具合が発生しております。

1)メンテナンスモードからインポートすると500エラー

【追記】この具合はバージョン2.7.2で修正されました。

私が確認した環境では、500エラーが出るのみでインポート自体には成功しているようすですが、echo_zeroの業務利用を検討されている方はバージョンアップの保留をお勧めいたします。
公式以外のすべてのテーマで発生する可能性がありますが、開発元からの続報を待ちたいところです。

2)トップページのMETAタグがおかしくなる

【追記】その後再現していません。バージョンアップ直後にキャッシュのクリアをお試しください。

titleとdescriptionにIFブロックのコードがそのまま入ってしまうことがあります。キャッシュファイルの仕様変更によるものと思われます。
ブログ設定の「SEOの設定」を一旦更新すると直ります。もしもそれでも直らないようでしたら、テーマ修正を検討しますのでお知らせください。

echo_zeroをご利用中の方はたいへんお手数をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。

CMS

a-blog cms版「echo_zero」のバージョン1.1.3リリース・不具合を修正しました


a-blog cms用テーマ「echo_zero」の、バージョン1.1.3をリリースしました。

https://github.com/webbingstudio/acms_theme_echo_zero

以下の大きめの不具合を発見し、修正しております。申し訳ありません。

・「ブログ設定」のGoogle Analyticsの内容が、公開ページに反映されない ・ユニットグループの段組解除を行なうと、以降の画像ユニットを左右配置したときに余白がなくなる

すでにご利用中の方は、お手数ですがGitHubで差分をご確認の上、更新をお願いいたします。

また、今回のバージョンから本文中の「見出し中(h3要素)」が中央寄せから左寄せに変更となっています。
(私がカスタマイズガイドを書いていて、本文見出しが中央寄せだと激しく不便だということに気付いたためです) すでにカスタマイズを行なっている方はご注意ください。

今後とも、echoプロジェクトを宜しくお願いいたします。

Work

a-blog cms用テーマ「echo_zero」と、日本のCMSテーマの一年間


a-blog cms用テーマ「echo_zero」を正式にリリースいたしました。
非商用・検証目的であれば自由にご利用いただけます。商用の際はライセンスをご購入いただけると嬉しいです。

echoのポータルサイトもリニューアルして、ようやく他のechoシリーズにも着手できそうです。

さて、a-blog cms版のechoを作る!と言ってからリリースまで一年もかかりました。なぜそんなにかかったのかという話を、主要CMSの日本製テーマの事情なども交えて振り返りたいと思います。

この記事には続きがあります

CMS

a-blog cmsの投稿画面用UIと既存スタイルの衝突を回避するCSSを公開します


a-blog cmsの魅力は、公開サイトからデザインの異なる管理画面へ移動せずにエントリーの投稿ができるところにあります。日本での利用を前提としたUIもわかりやすく、クライアントさんからの評価も高いです。

投稿画面のユーザーインターフェースのCSSも丁寧に作られているのですが、導入するサイトのCSSルールによっては衝突が起こる場合があります。

典型的な例が以下のようなサイトで、body要素のスタイルを参照しているa-blog cmsの投稿画面は、冒頭の画像のように見た目が崩れてしまいます。

  • bodyにセリフ系、デザイン系のフォントを指定している
  • bodyの文字サイズを「0.625rem(=10px)」として、各モジュールは「140%」などの相対%で調整している

これらをはじめとする細かい問題を回避するCSSをGistで公開しました。

a-blog cms バージョン2.6時点の、公開ページでの投稿フォームなどの既存CSSとの衝突を修正するための追加CSS

こちらからも、2017年1月19日時点のバージョンをダウンロードできます。


ファイルイメージ

acms_ex.css.zip

使い方

以下のとおり、本来の「acms.css」に続けて読み込んでください。

<link rel="stylesheet" href="/css/acms-admin.css">
<link rel="stylesheet" href="/css/acms_ex.css">

このCSSは、以下の問題の修正と、外観の調整を行います。

  • 本文のスタイルの影響をUIも受けてしまう問題を回避
  • 全幅レイアウトのサイトに組み込んだときにUIが広がりすぎる問題を回避
  • 管理ボックスのボタンサイズを固定
  • ユニット内のラベルのクラス名がbootstapと重複している問題を回避
  • acms.css以外のフレームワークを使用すると予期しない箇所で段組が解除されてしまう問題を回避
  • エントリーカスタムフィールドのラベルを長いタイトルにも対応させる
  • ファイルユニットになぜかインラインでwidthが入ってしまう問題を回避
  • ツールチップアイコンをエントリー・モジュールのカスタムフィールドでも使用できるようにする
  • 文字装飾ボタンを目立たせる

「本文のフォントをacms.cssのフォントに合わせる」「予期しない箇所で段組が解除されてしまう」「文字装飾ボタンを目立たせる」については必要ないケースもあると思うので調整してください。

また「ファイルユニットになぜかインラインでwidthが入ってしまう問題」については今後のバージョンで修正される可能性があります(先日リリースれた2.6.1.4では未確認です)。その場合はこちらは逆に不具合の原因になるかもしれません。


私はいちからすべてテーマを制作する案件だけでなく、すでに制作会社さんによってコーディングが終わったサイトにCMSを組み込む案件も多数請け負っています。この調整CSSは、そのような案件を通してちょっとずつ書き足していったものです。

個人的には10pxから文字サイズを調整する手法は開発者側の計算が楽になるものの、改修や外部サービスのパーツ追加に弱いので避けるべきと思います。

しかし、そういった導入先サイトのスタイルの問題だけでなく、最近のCSSフレームワークで見られる「ワイド画面でサイト全体の文字サイズが大きくなる」効果によって「良かれと思って作られているものがacms.cssと衝突する」というケースもあり、やはりサイトに応じて制作側が細やかに調整していくしかないと思います。

「そこまでするの?」「フォントなんて気にしなくても…」という意見もあるでしょうが、私は可能な限り徹底したいと考えています。はじめてのCMSを扱うクライアントの不安をできるだけ払拭するのが、CMS構築を担当する私の役割でもあるからです。