Life

北海道から愛知県に転居しました

このたび、WebbingStudioは北海道から愛知県に転居いたしました。

多くの方には、突然の報告となってしまったことをおわびいたします。


名古屋駅ホームのきしめんおいしいです

屋号・業態に変更はありません。
今後は北海道でのお仕事も継続しつつ、愛知県でも業務を展開していきたいと思います。
Web制作全般、CMS構築のご相談がありましたら、ぜひお声がけください :D

なお、CSS Nite in SAPPOROも、リモート実行委員として引き続き在籍してます。
イベントの際はちょくちょく戻る予定ですので、こちらも引き続きよしなにお願いいたします。

この記事には続きがあります

Study

「a-sap : a-blog cms勉強会 01」を9月11日に開催します


こちらでの告知が遅くなりましたが、先日のa-blog cms札幌セミナーが好評だったのを受けて、a-blog cmsの勉強会を立ち上げることになりました。

愛称は「a-sap」 です。「えーさぷ」とお呼びください。

9月11日(日)の午後。会場は東札幌の産業振興センターです。
参加者の募集はATNDで行っています。
まだ余裕があるので興味がある方はお越しくださいませ。

この記事には続きがあります

Work

名刺をプチバージョンアップ

名刺がなくなったので発注しました。

だいたい、10ヶ月で100枚弱を配ったことになりますね。

前のバージョンはこちら

この記事には続きがあります

Study

「a-blog cms Training Camp 2010 Autumn」に参加しました

a-blog cmsの本拠地・愛知県で開催された、ユーザー同士の合宿に参加してきました。

a-blog cms Training Camp 2010 Autumn告知ページ

全国のパワーユーザーさんと交流できるなかなかない機会だし、開発の皆さんにいろいろ教えてもらいたいことがあったので、思い切っての名古屋旅行。
参加者33人。a-blog cmsの勢いを改めて確認する二日間となりました。

会場は愛知県の南端にある絶景の宿。

ここで実質24時間こもって、セッションやLTが行われます。

とりあえず、私が聞いてきたことをざっくりと。

次期バージョン(1.4)の新機能

ユニットごとのダイレクト編集

Jimdo、SOY CMSと同様の編集機能
カーソルを置くとハイライト→クリックで入力フォームがポップアップ→ユニットの一部だけすぐ編集

よくわからない人は、Flickrのタイトル・キャプション編集を思い出してみてください。

管理画面に増えた機能

  • モジュールIDの複製
  • カテゴリーの詳細設定画面で親カテゴリーを指定(新規エントリーからも可)
  • エントリーのブログ間移動
  • アクセスログの運用(CSVダウンロード・削除)
  • 画像アップロードも必須項目に設定できるようになった
  • どのブログに登録されているユーザーでも、設定したいで他のブログへログインできるようになった

その他の機能

  • GoogleAPIによるサイト内検索
  • パブリッシュ(処理に時間がかかるパーツだけ事前に生成しておく機能)
  • ドメインエイリアス(設定により、異なるドメインで同じブログにアクセスが可能になる)

フィールドグループ

複数の項目を組にした、いくつでも増やせるカスタムフィールドを作れる
dtとdd、thとtdなどの表作成に便利
(5回まで等、繰り返し回数を制御することはできない)

ユーザーの有効期限設定

一定期間後にユーザーアカウントを停止させることができるようになった
(日付指定・xx日後等は現状ではできない)

マイクロページ

1エントリーを指定したユニット数ごとに数ページに分割できる、WordPress・Joomla等にある機能

アクセス制限

IP等、特定の環境からしか編集やログインができないようにできる

ナビゲーションモジュール

WordPressと同様のカスタムメニューが作成できる

現状バージョンの機能

撮影:グリンスタイル石井さん(@esstwi)

セッションで聞いたこと以外にも、社長の山本さんや開発の皆さんにわからないことを直接教えてもらってきました。

カスタムフィールドを表示の制御に使う

の引数を「hogehoge/true」とすると
hogehogeがtrueの記事のみ表示される

ポストインクルード

内蔵のJSを利用して別のエントリーの情報を呼び出す(次のエントリーのカスタムフィールド等)

ユニットのテキストフォーマットを定義する

以前の解説で触れた「投稿画面の見出しは基本ではレベル3からだが、レベル1や2を追加することもできる」機能について。
よく使う飾り枠、二段組などのフォーマットの追加に加え、一覧ページと詳細ページで見出しレベルを変更することもできる
(とても便利なので、いずれ解説記事を書きます)

アクセスしたユーザーごとにテーマを変更する

プルダウンやラジオボタンなどで各ユーザーがテーマを選択できる
以降はcookieに補完され、自動で以前選択したテーマが表示される

他のCMSでもJavaScriptでCSSのみ切り替えるテクニックがありますが、a-blog cmsの場合はHTMLや投稿画面を含め、テーマをそっくり入れ替えることができます。

…他にもカスタムフィールドの詳しい使い方や、jQuery mobileとの連携などのセッションもあったのですがまとめ切れず。
とにかく密度の濃い二日間でした。

名古屋へ来たのははじめてのはずなのに、たくさんの参加者さんが私を知っていたのがなんとも恥ずかしかったです///

夜は産まれてはじめてのふぐ料理、翌日は伊勢湾の素晴らしい朝日を堪能しました><


「どの案件にも使える、パーフェクトなCMSはない」というのが私の考え方です。
設置しやすいとか構築しやすいとか、何かに特化すると他の部分が扱いにくくなってしまうのは当然だからです。
そんな中で、a-blog cmsは制作者・更新担当者双方への使いやすさを持った、利用できる範囲が広いCMSだと思っています。

このブログではチーム制作や担当者を分割しての制作に向いている、という表現をしてきました。
でも、ひとつのシステムで利用できる範囲が広いということは、CMSの学習に長い時間を割けないSOHO・フリーランサーとも相性が良いのだな、と、他のユーザーさんとの交流を通して改めて感じました。

私はまだまだa-blog cmsに関しては勉強中の身です。また札幌でコツコツ自習となりますが、これからももっと理解を深めて行きたいと思います。

CMS

works:Rhythmoon(リズムーン)

「Rhythmoon(リズムーン)」は、Webプランナー・プロデューサーのオノリナさんが主宰する、女性フリーランサーのためのサイトです。

http://www.rhythmoon.com/

9月23日の満月の日にリニューアルオープン。
様々な分野のフリーランサーへのインタビューに加え、コラム・イベント情報配信も行っています。

私はプロジェクトメンバーの一人として、コーディング以降のコンテンツ制作全般を担当させていただきました。
これまでの実務経験をもとに、MovableTypeでの構成提案、デザイン補完、アドバイスなども行っています。

リニューアル前のRhythmoon

リズムーンは元々、インタビューが中心の静的コンテンツでした。

私も(一応)女性フリーランサーということと、女性に近しい「月」にちなんだサイトコンセプトが気に入って、以前から時折訪問していました。なので、プロジェクトメンバーとして声をかけていただいたのはとても嬉しいことでした。

CMS担当として特に考慮したのが、これまでのRhythmoonでは意識する必要がなかった部分です。

  1. MovableTypeの経験が少なくても、負担がかからないような手順&マニュアル
  2. コンテンツ表示・再構築時間の節約
  3. スムーズに多くのコンテンツを訪問してもらえるアーカイブ構成

例えばインタビュー各ページの「おすすめバックナンバー」も、そういった工夫をした部分です。

ここは「同じタグを持った人を絞り込み、アクセスするたびにランダムで出す」ようにしているのですが、MovableTypeはこういった動的な生成があまり得意ではありません。
エントリー一覧にはサムネイルも含むため、テンプレートの構成にによっては再構築がかなり遅くなってしまいます。

※タグの絞り込みをせずにランダムに出すだけであれば、プラグインがあります。
ランダムにエントリを表示するMovableTypeプラグイン:RandomEntries | Movable Typeプラグイン | MTエンジニアブログ | スカイアークシステム

なので、できるだけキャッシュを取らせる方向で作成し、最終的なランダム表示はPHP処理としました。

後日、この件も含め「MTIncludeって意味なくね?PHPインクルード直書きでよくね?」などとつぶやいていたところ、@junnamaさんにいろいろ技術的なご指摘をいただき

公開後もまだまだ改良を続けなければ、と反省しているところです。

そんなこんなで、Rhythmoonは柔軟なアーカイブマッピング、Perl以外の言語との連携、高度なテンプレート操作、キャッシュ機能など、MovableTypeならではの機能をいろいろと使っています。

と言っても、拙記事はあくまで裏方の、技術的な話。

ちょっと前はお仕事を諦めるしか選択肢がなかった「結婚」や「出産」を乗り越えて、新しい働き方を見つけた人たちのインタビューは、とてもためになります。
メルマガ読者、アンケート、サポーターの募集も行っています。
女性フリーランサーに便利なサイトと思いますので、是非ご訪問くださいませ^^