CMS

CMSの構築を考慮したコーディングとかクラスの命名規則の話


先日、CSSフレームワークについて記事を書いてから、今後のコーディング設計について具体的に考えています。

【Webdesign】Atomic Designの思想で、文系でもわかるCSSフレームワークを作りたい | ウェビンブログ

というより、再利用性のある業務用テーマの制作をいくつか依頼されており、いずれにしても着手しなければならないのです。

私の主業務が、CMS(それも特定のブランドによらない)を組み込んだサイトの制作であることを前提に、自分はどう設計していったらよいか、考えていることを書いておきます。

この記事には続きがあります

Webdesign

「たった2日で楽しく身につく HTML/CSS入門教室」を読みました

札幌の高橋朋代さん(コモモ)と、森智佳子さん(モリコ)の著書、「たった2日で楽しく身につく HTML/CSS入門教室」を読みました。

私は初心者でも指導者でもないのですが、前作「作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書 」がベストセラーとなっている二人の新刊ということと、最近ちょっとWeb制作に疲れていて、原点に返ってみようという気持ちがあって読んでみました。

この記事には続きがあります

CMS

CMSのテーマを作る前に静的ページのコーディングをするか?


札幌のフロントエンドエンジニアの友人、長谷川さんが、WordPressベースの案件のワークフローで疑問を感じているようです。

いきなりですが、このエントリーを読んでいる方に質問です。WordPressのテーマを仕事で作成する際に、どのようなワークフロー、制作手順でコーディング・構築・テーマ作成を進めますか?

デザインから WordPress のテーマ作成までの自分のワークフローを見直す - HAM MEDIA MEMO
  • テーマをいきなり作りはじめる人が多いが、最初にきっちり静的ページを制作する自分のフローと比べてどうなのか
  • 何かしらのテーマをベースにカスタマイズで制作するフローが増えているようだが、それは本当に効率が良くなっているのか

という二点の疑問のお返事として、WordPress以外も含めた、最近の流れについて書いてみます。

この記事には続きがあります

Study

CSS Nite LP39「Coder's High 2015:コーディングスタイルの理想と現実」から見る、Web制作の変化


CSS Nite LP39「コーディングスタイルの理想と現実」

CSS Nite LP39「Coder's High 2015: コーディングスタイルの理想と現実」に参加してきました。
開演前はちょっとだけ、受付のお手伝いもしていました :D

前に「Coder's High」を観てから、早くも五年が経ちました。
フレームワークやビルドツールがスタンダードになった、今のコーディング事情を勉強しようと、上京したのでした。

少し日が開きましたが、セッション全体を通して感じたことをまとめます。
フォローアップ参加はまだまだ受付中ですよ!

この記事には続きがあります

Webdesign

今のWeb制作の最適解「作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書」

札幌のWeb制作者、高橋さんと森さんが執筆した「作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書 」が好評です。

ある程度自分でHTMLを書けるようになった人や、フレームワークや最低限のタグまで理解している開発者さんなどが、本格的にWeb制作を身に付けるのに役立つ教科書となっています。

この記事には続きがあります