CMS

a-blog cmsユーザーのカスタマイズ情報サイト「ablogcms.org」がオープンしました


CMS「a-blog cms」のユーザーによる、情報の共有を目的としたサイト「ablogcms.org」を開設しました。
開発元の承認のもと、「a-blog cms エバンジェリスト」を中心とした有志によって運営・更新されています。

a-blog cms カスタマイズ情報 FAQ | ablogcms.org

a-blog cmsに関する、よくある質問への回答(FAQ)や、目的からの逆引きガイド、用語説明などを掲載していきますので、公式の「開発者向けドキュメント」とあわせてご利用ください。

この記事には続きがあります

CMS

望みのパーツをどこにでも。制作者も更新担当者も幸せにする、a-blog cmsの「カスタムユニット」の使い方


CMSで更新する予定のコンテンツで、上の画像のように
「『お客様の声』や『ボタン』のパーツを、本文中の好きな場所に表示したい」
と要望があったら、どう対応しますか。

カスタムフィールドだと、表示位置をあらかじめ固定しなければなりません。
WordPressの「AddQuicktag」や、ウィジウィグのテンプレート機能は、HTMLを編集できるためページが崩れる危険性が高くなります。

ブロック単位の編集ができるCMS、concrete5や、WordPressのプラグイン「Page Builder」なら解決するように思えます。しかし、いずれも独自の入力欄を持ったパーツを作ろうとすると、専用のプログラムを書くことになり、制作コストがかかります。



a-blog cmsはバージョン2.1から、自作のユニット(パーツ)を追加できる「カスタムユニット」機能が追加されました。

冒頭のような要望を簡単に実装でき、制作者・更新担当者をどちらも幸せにする、おすすめの機能です。使い方を詳しくご紹介します。

この記事には続きがあります

CMS

a-blog cmsで「インデックスとして扱っているエントリー」を他のエントリーと区別する方法


CMSを導入したウェブサイトの制作では、上の図のような要件がよくあります。

  • 特定コンテンツのトップページの一部を自由に編集できるようにしたい
  • レイアウトは個別ページとは全く異なるものにしたい
  • その際には個別ページと同じインターフェースが使いたい

この対応にはいくつかの手法があり、「非公開にした特定エントリーの本文のみをインデックステンプレート内にに呼び出す」という対応が定番ですが、a-blog cmsでは「特定のファイル名を指定したエントリーでインデックステンプレートを上書きする」という方法もあります。

この記事には続きがあります

CMS

a-blog cmsの、強力なインポート機能を使いこなそう(2)


a-blog cmsのインポート機能についてのまとめです。二回目は「コンフィグの編集設定のインポート」についてです。

この記事には続きがあります

CMS

a-blog cmsの、強力なインポート機能を使いこなそう(1)


a-blog cmsは、多彩なデータインポート機能を持っています。
特にブログ単位のインポートは便利なのですが、範囲が広いので変更したくない設定も上書きされてしまいます。

ブラウザから毎回入力すると手間がかかる情報だけ、案件に応じてインポートできれば便利です。また、差分インポートができれば、既存のa-blog cmsサイトのリニューアルも楽になりそうです。

検証してみたところ、いろいろ面白いことがわかってきました。
まだあまり知られていない、a-blog cmsのインポート機能について、数回に分けてまとめます。一回目は「コンフィグ単位のインポート」についてです。

この記事には続きがあります