「ナインアワーズ赤坂」に連泊してみた感想

東京へ行くときにいつも利用しているビジネスホテルが、今回は予約できませんでした。いい機会なので、開業したばかりの超オシャレカプセルホテル「ナインアワーズ赤坂」にに連泊することにしました。開業直後の京都店に宿泊したことがあり、久しぶりでした。

結論から言うと、ナインアワーズ赤坂は、連泊や、荷物が多い旅行には全く向いていません。赤坂店には重要な問題が複数あり、かなり厳しいレビューをしなければなりませんが、敢えて正直に書きます。


睡眠が快適すぎる


開業時から変わらず、カプセル=スリープポッドの性能がすばらしかったです。マットレスは薄いのに驚くほど柔らかく、照明・空調・防音も完璧。二晩とも横になった途端に爆睡しました。

枕元には交流電源だけでなく、USB電源があります。物が置けるスペースもありますが、ごく小さいものしか入りません。身の回り品は足元にカバンを置くことになりますが、充分足を伸ばせるので許容範囲かなと思います。

ハンドバッグひとつで寝るだけであれば、ナインアワーズは最高です。というか、それがカプセルホテルの本来の役割だったのですが。


シャワー

ナインアワーズには浴場はありません。そのかわり、充分な数のシャワーが用意されているため、満員になる心配はありません。

シャワーはオシャレですが、ハンドルのどこにも出っ張りがなく、手に石鹸がついているとひねるのがとても難しいです。場所が場所だけに写真を撮れませんでしたが、「デザインの敗北」といった感じです。

洗面所、アメニティ

シャワーは充分なのに、洗面所が足りていません。朝は混雑して大変でした。アメニティはハンドソープのみで、洗顔料、化粧水などは用意されていません。そのくらいは持参するので問題ないのですが、コップもないので薬も飲めません。

休憩できない

ポッドを外から見せる設計にした、赤坂店のみの問題と思いたいですが、明らかに共有部に対してポッドが多すぎます。人が多すぎて落ち着かないです。

休憩スペースは一階のコーヒーショップのカウンターのみです。玄関にベンチがありますが、人の出入りが頻繁なので落ち着きません。自販機は外なので、着替える前に飲み物を買っておく必要があります。

トランクを開けられない

ロッカールームが狭く、かつブロックごとに廊下のどんつきにあります。説明が難しいので雑な図を書くとこんな感じです。絵が下手でエレベーターの前が空いているように見えますが、実際は、壁際には海外旅行者の巨大なトランクがびっしり置かれています。



この構造だと、ロッカーの前でトランクを開けることになりますが、狭い廊下をトランクが塞いでしまうので、同じブロックの他の人がロッカーを開けられなくなってしまいます(つまり10人いたら2人くらいしか開けられない)。常に空気の読み合いが発生し、朝は戦場でした。

なお、公式サイトの写真を見た限りでは、神田店(ウーマン神田)はこの問題が出にくい構造になっています。

セキュリティ問題

これを書いて大丈夫かと思いますが…朝、洗面所に男性が入ってきて歯磨きをはじめました。スタッフともLGBTの人とも思えません(男性スタッフは午前3時〜4時に来ます)。男性の洗面所が混んでいたから女性用の方に来たのかもしれません。

男女のエレベーターが隣同士で、かつフロントから死角になっているので、異性のフロアに簡単に侵入できてしまうことに気付きました。今のところ問題が起きていないと思いたいですが、なんらかの見直しをした方がいいのではと思いました。

まとめ

「ナインアワーズ赤坂」の感想は以上です。二泊以上には今後利用しないと思います。そもそも連泊をするような施設ではない、としても、飲みすぎてかばんひとつで宿泊するような使い方では、今度はアメニティが少なすぎる問題があります。

ただ、夜や朝にポッドから出て見る幻想的な景色、美しく海外の人でもまったく迷わないサインボードなど、デザイン性についてはほんとうにすばらしいです。デザインと宿泊施設としてのユーザービリティの共存を願うばかりです。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2018年11月24日 | Permalink

「a-blog cms Training Camp 2018 TOKYO」に参加しました

ええりんご社長さんがむいてくれとるで、はよ食べりん



「a-blog cms Training Camp 2018 TOKYO」に参加しました。これまで沖縄開催はありましたが、東京は初開催です。
会場は茅場町のコワーキングスペースのコエドさんでした。

お昼ごはんを食べて会場に行くとなぜか大量のりんごがありました。シールがかわいいので名刺入れに貼り付けて保護しました。三河弁になっていることは見逃しません。

さて、今回のa-blog cms Training Campでのレポートなんですが、以下の話に絞ることにします。

  • 機能の追加・改良
  • a-blog cmsかるた

ユーザーセッションについてもご紹介したいのですが、今回もすごいボリュームなので、このふたつだけで記事一個分になりそうなんですよね…すみません。ツイッターの「#ablogcms」ハッシュタグをぜひ早めにご覧ください。

https://twitter.com/search?q=%23ablogcms&src=typd

機能の追加・改良

オープニングの後で、a-blog cmsのコア開発を担当しているアップルップル伊藤さんから、先月リリースされたバージョン2.9系、次期バージョンの2.10系の新機能紹介がありました。2.9.0の詳細は、こちらのリリースノートを参照ください。

https://developer.a-blogcms.jp/blog/changelog/release290.html

OpenStreetMapに対応

Google Mapsが規約の変更で気軽に利用できなくなったため、a-blog cmsでは地図機能でOpenStreetMapが選択できるようになりました。OpenStreetMapはAPIキーなどを設定せず利用できますが、メンテナンスなどで一時的に見られなくなったり、検索が優秀ではなどの難点はあります。

プレビュー機能



公開していないエントリーを、モバイル環境を再現した画面でプレビューできるようになりました。また、Pro版ライセンス以上では、URLを発行してプレビュー画面をクライアントと共有することも可能です。MovableType.netではURLプレビューが標準機能でできますが、モバイルプレビューはないので、どちらが良いかはワークフローの問題になってきますね。

ユーザーの切り替え

これはイベント前に気がついてスクショを撮っていたのですが、管理者でログインしていると、管理画面内で他のユーザーに切り替わることができるようになりました。もちろん、元に戻せます。 このユーザーではどのように見えるのだろう、とか、特定のユーザーで有効になる判定をチェックしたいときに使えます。

テキスト置換



ユーザー待望の、テキスト一括置換機能が実装されました。カスタムフィールドを指定して置換できるので、フィールドに施設名を入れていて、その施設名が変わってしまった…という状況に役立ちます。ただし、正規表現は使用できません。

管理画面カスタマイズの簡略化

テーマ製作者に好評の、@extendsが改良され、@sectionの入れ子ができるようになりました…と言ってもわかりませんよね。私もわからないです。

ですが、管理ページの左メニューや投稿画面のカテゴリー・タグなどを、自作テーマ側で隠したり上書きできるようになりました、と書くとなんとなくわかるかと思います。これまで本当に苦労したので感動にむせび泣いていました( T-T )

サブカテゴリーの実装

これはリリース予定の、2.10系の機能です。Movable Typeの特徴的な機能としてご紹介してきた、「プライマリカテゴリー」「サブカテゴリー」の概念がa-blog cmsにも実装されます。

個人的には、サイト設計に大きく関わる変更と捉えています。a-blog cmsはシングルカテゴリーによるシンプルなマッピングを特徴としていたため、方針の変換とも言えます。a-blog cmsが中心の方向けにライトニングトークでもざっくり解説しましたが、これについては専用の記事を書きたいと思います。

エントリー編集画面の統一オプション

これまで、a-blog cmsは公開サイト内での見たまま編集を前提としつつ、管理ページの「エントリー」からも管理ページ画面での編集が可能となっていました。これが混乱を招くケースがあったり、背景に強い色を使っているサイトではa-blog cmsのUIが合わないということで、どちらかに固定できるようになりました。



ただし、管理ページに固定した場合の「このページを見る」ボタンの位置がわかりにくいという感想を持っています。やはり、Movable TypeやWordPressのように、タイトル直下にあるとよいかと。

a-blog cmsかるた、なまら遊ばさるんだけど



一日目のセッション終了後は、アップルップルさんが毎回いろいろネタを持ってくるグループワークでした。なんと、今回は「a-blog cmsかるた」でした。

取り札に機能名やタグ名が書いてあって、スタッフが持っている読み札にはその説明が書いてあります。

「初心者」「中級者」「エバンジェリスト」でチーム分けされてしまったため、プレッシャーが上がるエバンジェリストたち。しかもやたら難しい。管理画面用のタグとか使わないし。微妙に綴りが違う引っ掛け問題があるし。

取りながら「これは知ってたw」「知らなかったw」「感覚で憶えちゃってるから読み札の説明を聞いてもわからんw」と変なテンションで盛り上がりながらのプレイでした。



私が取れたのはこの6枚。URLコンテキストのキーやフォームオプションの判定など、他のCMSでも使用されている機能や用語ばかりになりました。

キャッシュバスティングとは、ブラウザキャッシュは有効のまま、CSSやJSなどの依存ファイルのみキャッシュを無効化する技術もしくは機能です。WordPress、a-blog cmsだけでなく、Drupalも実装していたかと思います。

優勝は神戸の岡田さんと大阪の坂本さんの、それぞれ7枚でした。全然使ったことがないグローバル変数やタッチモジュールを知っていてさすがです。

こういうゲーム形式の勉強は会話も発生して楽しいですね。初心者グループのみなさんがついて行けたか心配なので、初級者セット・上級者セットがあるといいのかもしれません。

雑感:a-blog cmsのエンタープライズ化

今回は体調が良く、イベントのほぼ全日程にきちんと参加することができました。2.9系以降、また、将来的な新しいCMSの話を聞いて感じるのは、a-blog cmsは確実にエンタープライズCMSへ向かっているということです。

いえ、以前から向かっていましたし、エバンジェリストのほとんどはディレクターのスキルを持った人が多いです。ですが、機能に関する部分で、ディレクター、デザイナー、フロントエンドエンジニア、クライアントの四者が円滑に協業できることを意識した変更が増えているように感じます。投稿画面の固定化、プレビュー共有などがそうです。

これだけ機能が揃っていると、すでに5万円ではおさまらないCMSとなっており、次期CMSは確実にライセンス料がアップします。その場合、私のようなCMSの決定権を持たないエンジニアは、どのようにa-blog cmsを選択してもらえるか真剣に考えないと、実務で使えなくなってしまいます。そんな危機感も持っています。


いつまでついていけるだろうか、とも感じつつ、参加するたびにモチベーションがこれだけ上がるのはa-blog cms Training Campくらいです。スタッフ、エバンジェリストの皆さんとの話も、濃くて勉強になります。 私は仕事のためだけではなく、自分の維持のためにCampに向かうのです。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2018年11月21日 | Permalink

俺らのMTMLは間違っているのか?「MTDDC Meetup TOKYO 2015」に参加しました

2015年11月28日に開催された「MTDDC Meetup TOKYO 2015」に参加してきました。

数日前に「そうだ、MTDDC行こう」と思い立ち、新幹線での日帰り参戦でした。観光はなんにもできませんでしたが、リアルな現場に近いセッションが多く、行った甲斐がありました。


かなりのボリュームだったので、全部まとめるのは無理そうです。全体の様子は、@webbingstudioのMTDDC当日のツイートを参照ください。

この記事では、私がMTDDCのいちばんの目的にしていた、アルファサード野田さんのセッション「やはりお前らのMTMLは間違っている!」を掘り下げていきます。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2015年12月02日 | Permalink

埼玉県大宮の人気コワーキングスペース「7F」に行ってきた

先週、平日の三日間を使って、東京へ行ってきました。
観光一切なしで、気になっていたコワーキングスペースを回りつつ、都内の同業の友人と梅酒を飲んだりしました。

今回は最初に訪問した「コワーキングスペース7F(ナナエフ)」のレポートです。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2014年09月10日 | Permalink