いい加減、音声入力でブログを書きたい

勝間和代さんが今年のはじめころから、執筆を音声入力にしたらびっくりするくらい効率化できた、とレポートを書いています。

音声入力による生産性の向上は、ざっくり「3倍」くらいのイメージ - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

私はずっと、音声入力でブログを書くことに憧れています。だいたい、月旅行が実現するような未来に生きているのに、文字入力が未だに手でしかできないなんておかしいじゃないですか。

一年に一度のペースで何度も試しているのですがその度に挫折しています。今回また、何度目かの挑戦をすることにしました。

普段はブログ記事を、メイン機であるMacBook Proの2016年モデルで書きます。先日、OSをMojaveにバージョンアップしたばかりなので、Mojaveと Bluetoothヘッドセットでの音声入力を試しました。

占星術士の石井ゆかりさんの占いを読み上げてみたのですが…



散々な結果でした…これではSiriもまともに使えるか怪しいものです。Appleの純正イヤホンなら大丈夫ではないかと思い、まったく同じ文章を読み直しましたが…



(°言° )

精度が変わらないどころか悪化しました。

音声入力の精度はスマートフォンの方が高いといいます。なので今度は、ZenFone3+Google音声入力と、最初と同じBluetoothヘッドセットで試してみました。


おぉ。今度はほぼ正確に入力することができました。

ですが、文節ごとに半角スペースが入ってしまうので、入力後にスペースを削除しなければいけません。ちょっと面倒くさいです…しかも音声で入力された箇所はタップして別の候補に変更するか、削除するかを選べるのですが、句読点を入れるときにこの機能が仇となり、間違って文節を一個消してしまいました。


音声入力をするにあたって、もうひとつハードルがあります。それは、肝心の私の言葉が出てこないという、身も蓋もない話です。

私はかなり饒舌で、一般の人と比べると語彙も多いと自覚しています。ですが、私 の頭に浮かぶ文章は、通常100文字くらいのフレーズが多く、順番もバラバラで、しかもあっという間に忘れてしまいます。

日常会話やTwitterなどは大得意ですが、 セミナーのプレゼンや、こういった音声入力は、文章をまとめきれずに言葉に詰まってしまい、まるでうまくいきません。

勝間さんは、音声入力の精度の問題で実用化できなかったと記事に書いていましたが、どちらかというと一般の人は私のように、言葉をまとめることが苦手だからできない人が多いのではないかと思います。人前で話す機会が少ない仕事をしていると尚更でしょう。

実は、ここまでのブログ記事は音声入力で書いてから、あとでキーボードで加筆しています。

Google音声入力の精度はやはり凄いですが、先述の通り、文節ごとにスペースが入ってしまう問題があったり、句読点が入力できなかったりするので、いちいち戻って文章を直さなければなりません。

入力は一瞬ですが、キーボードと違って「とりあえず考えついた順に書き出す」ということができないので、少しずつしか進みません。スマートフォンのUIだと、文章を直すのにも時間がかかります。 やはり、人前でまとまった話をすることに相当慣れている人でなければ、長い文章を音声入力にするのは、なかなか難しいなと感じました。

ただ、スマートフォンの音声入力は完全に実用レベルになったと思うので、もっと積極的に使いたいです。常にメモアプリを起動しておいて、思いついたブログの記事のネタを、忘れないうちに音声入力するという手がありますよね。

スマートフォンをiPhoneXsに変えることにしたので、Siriや音声入力の精度が、以前使っていたiPhone 7と比べてどのくらい高くなっているのか期待したいです。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2018年11月03日 | Permalink

タッチバーがない、新型MacBook Proを購入した理由

Late 2013とのお仕事もあと一週間


MacBook Proの13インチが大好きです。
今のLate 2013とは全国を飛び回り、楽しいときも辛いときも一緒でしたが、新モデル(Late 2016)は微妙で、保留するか散々悩みました。

最終的に、タッチバーなしのLate 2016を注文しました。なぜこんなに悩むことになったのか、このモデルを選んだのはなぜかをメモしておきます。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2017年03月01日 | Permalink

「Checker Plus for Gmail」を有効にするとChromeを終了できなくなる現象と解決策


困っている人が多いと思うので、記事にしておきます。

Gmailの自動通知をしてくれるChrome拡張「Checker Plus for Gmail」のバージョンアップで、ChromeをCommand+Qで終了しようとすると、「未読のメールはありません」旨のポップアップが出て終了できない、という問題が出るようになりました。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2013年04月09日 | Permalink

オンライン経理サービス「Ziitax」を試した


MacOSで作業をすることが多くなってきて、経理関係をどうすべきか迷っていたところに、「フリーランスの為の青色申告」をうたった経理サービス「Ziitax(ジータックス)」がリリースされました。

私は経理専門学校を出ていて、複式簿記の知識はだいたいあります。
(フリーになるまで、このスキルが役に立つとは思いませんでしたが…)

今年の確定申告が順調に終わったこともあり、ちょっと試してみました。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2013年02月16日 | Permalink

「成長させる」ツールが作るコミュニケーション

comtool

我々WEB屋は、新しいガジェットやWEBサービスに飛びついては大量に持ち歩いています。

それは単に新し物好きだから、というだけではなく、話題のねたにしようとか最先端のテクノロジーを理解しようとか、業務的な思惑もあったりするわけです。

先日開催された「Skype Night札幌」の会場で、POKENが特別価格だったので今更買ってきました。

poken

まぁ、ここを読んでいる人には説明不要だと思いますが、手をくっつけてハイホーすると自分のウェブサイトやSNSを含めたデータをやり取りできる電子名刺です。
早速、昨日のDevDoに持って行きました。

あれ?

20人も参加しているのに、
持ってきている人が全然いない…

ハイホーしたくないのでうそついてる説は保留とします XD

POKEN はハイホーしている瞬間と、そのあとお互いのモデルについて話しているときは楽しいのですが、いちどハイホーするとWEBを通して個人情報を更新できるようになるので、同じ人と二回以上ハイホーしても特に何も変わりません。
コミュニケーションが終わってしまうのです。

なので、全国を飛び回っている人でもない限り、友人を一周すると持ち歩かなくなります。
また、それを見越している人は買っていません。

twitterやmixi、Skypeのような息の長いツールは、常に「使う側を成長させて」きました。相方向に流され蓄積される情報であったり、長期的に見た通信費や作業効率の向上であったり。
それによって新しい使い方を思いつく人が出てきて、また新しいコミュニケーションが生まれたり。

残念ながら、今のPOKENにはその要素がないのです。
コミュニケーションを目的に買ったのにと、ちょっぴり凹みました。

なのですが…
DevDoの帰り、えいやっと思い切ってMacBookを買ったところ、twitterのタイムラインにこれまでにない大量のReplyが。

devdo_omiyage

「おめー」とか
「ようこそ!」とか
「まさかのMacBookwww」とか
「うらやましい!」とか。

ここまでの反応があるとは思わなかったので、びっくりしました。
買ったのがDELLとかSONYだったらこうはならなかったはずです。
買ったのがMacだったからです。

Macはたくさんの人を成長させ、魅了してきました。これからもそうでしょう。
Macが期せずして作り上げた「コミュニケーション」を、妙な形で体感する羽目になりました。

ドラクエ9も発売直後は酷評されていたのに、すれ違い通信の面白さが広まるにつれて長く遊ぶ人が増えていきました。
コミュニケーションを作り上げるのは、必ずしもSNSや専用ツールとは限らないようです。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2009年09月15日 | Permalink