自作のCSSフレームワークで特に気に入っているコンポーネントの話


先月公開したCSSフレームワーク「echo.css」ですが、「どんなページが作れるかのサンプルがないと、イメージしにくいんじゃないかな」と言われました。

それで、ドキュメントよりも先にテンプレートを作っています。日曜日はチクチク制作をしておりました。

echo.cssのモジュール群で特に気に入っているのが、冒頭の画像の「c-flip」というコンポーネントです。デスクトップでは写真を大胆に表示し、モバイルでは写真が上、文章が下となります。



初出は、昨年稲葉さんと制作したa-blog cms用のテーマ「zeroichi_lp」です。

この時点でも充分使い勝手は良かったですが、実際の案件で使ううちに、デスクトップでの表示が8パターンまで必要なことがわかってきました。使用する背景画像によって、適切な文字配置は全く異なるためです。デザイン上の理由もあります。

  • 画像全面+コンテンツ白背景・左寄せ
  • 画像全面+コンテンツ黒背景・左寄せ
  • 画像全面+コンテンツ白背景・右寄せ
  • 画像全面+コンテンツ黒背景・右寄せ
  • 画像半分+コンテンツ白背景・左寄せ
  • 画像半分+コンテンツ黒背景・左寄せ
  • 画像半分+コンテンツ白背景・右寄せ
  • 画像半分+コンテンツ黒背景・右寄せ

8パターンのデザインを簡単に切り替えるために、サブクラスなどをずいぶん整理して現在に至ります。詳しくはこのコンポーネントの解説ページをご覧ください。

https://cms-skill.com/echo-css/styleguide/component-flip.html

私が制作するサイトは、ほぼすべてCMSを介して制作し、さらにその半分くらいが、フォーマットができてから原稿が入ります。その際に想定外の画像やテキストをどれだけ少ない工数で補完できるかを、自分の独自スキルとして磨きたいと日々考えています。これは少なくとも、AIには当分できないことです。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2018年11月04日 | Permalink

CMSの構築を考慮したコーディングとかクラスの命名規則の話


先日、CSSフレームワークについて記事を書いてから、今後のコーディング設計について具体的に考えています。

【Webdesign】Atomic Designの思想で、文系でもわかるCSSフレームワークを作りたい | ウェビンブログ

というより、再利用性のある業務用テーマの制作をいくつか依頼されており、いずれにしても着手しなければならないのです。

私の主業務が、CMS(それも特定のブランドによらない)を組み込んだサイトの制作であることを前提に、自分はどう設計していったらよいか、考えていることを書いておきます。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2017年07月08日 | Permalink

Atomic Designの思想でCSSフレームワークを作るのは難しいので代替案を考える


一昨日、「FLOCSSがわかりにくい」「Atomic Designの思想でフレームワークを作ってみたい」という記事を書いたところ、とてもたくさんの感想をいただきました。

【Webdesign】Atomic Designの思想で、文系でもわかるCSSフレームワークを作りたい | ウェビンブログ

大半がフロントエンドエンジニアからの突っ込みです。著名な方々にもたくさん意見をいただいただのでまとめました。ありがとうございます。

「Atomic Designの思想で、文系でもわかるCSSフレームワークを作りたい」に識者たちの鋭すぎる突っ込みが入る - Togetterまとめ

Atomic DesignがCSS設計に適していない理由

ピクセルグリッドの高津戸さんによると、そもそもAtomic DesignはCSSやJSの設計とは全く関係ないそうですが、よく考えてみると、たしかに厳密な階層構造を持っているAtomic Designの設計は、デザインレベルからの意思統一が可能な環境でなければ破綻してしまいます。

私はデザインを外部に発注することが多いですし、CMSベースで構築すると、どうしてもマークアップやクラスの命名に手を出せない箇所が出てきます(※)。

そんなこんなで、Atomic Designを採用することは諦めて、既存のCSS設計を、専門のマークアップエンジニアではなくても理解しやすくする方向で考え直すことにしました。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2017年06月16日 | Permalink

Atomic Designの思想で、文系でもわかるCSSフレームワークを作りたい

Atomic Designの構成図かわいいです


久しぶりにいくつかコーディングの仕事をすることになりそうで、CMSの構築と比較して効率化できていなかった、CSSの設計を見直すことにしました。

最近のCSS設計は、OOCSSFLOCSSSMACSSなどがあり、高度かつ多岐に渡ります。ウェブデザイン設計についても、Material DesignAtomic Designなどがあります。

どれも素晴らしい内容なのですが、どうも私の中ではもやもやとしています。
かつてと比較すると、あまりにも理系寄りで難解だと感じるのです。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2017年06月13日 | Permalink

Drupal8について、Movable TypeやWordPressを使っている人が知っておいた方が良いこと


Drupal8がすっかり標準になりましたが、私はなかなか実践レベルになりません。ちゃんとサイトを作らなければ身につかないと、Drupalで趣味の素材配布サイトを立ち上げてみることにしました。

私のCMSの構築は、2005年頃にブームだった素材サイトからはじまりました。素材は、AI・PNG・壁紙などの属性が異なるファイルを、複数のタクソノミーで検索させる必要があり、自動化しようとすると奥が深いコンテンツです。


echo_zeroのフレームワークは今回も役に立ちました


投稿タイプ・フィールド・タクソノミー・Views・サブテーマまで勉強して、見た目はともかくきちんと機能する素材サイトがだいぶできてきました。

ここまでの段階で、MTやWordPressなどのブログベースのCMSで制作をしている人が、Drupal8を学習する前に知っておかないと苦労すること・損をすることがいくつかあると感じたのでメモしておきます。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2017年04月27日 | Permalink