選択されているタグ : CMSDesigner

CSS Nite LP6「CMSリベンジ編」 (3) CMS Designer

cssnite_lp6

2009 年6月27日に開催された、CSS Nite LP, Disk 6 「CMSリベンジ編」の参加レポートです。

lp6_cmsd

15:50~

CMS Designer
ベンダー:
アル・デザインワークス

【使用経験あり】

レポートを書き始める前に、一点フォローがあります。

セッション後の質問コーナーで、
「CMSDは文書宣言より前にPHPスクリプトを書き込む仕様になっているので、テンプレートをローカルで見たときにIE6で互換モードになってしまうのですが、なんとかなりませんか」
という質問をしたのは私です。

この質問を聞いて
「サーバーにアップしたあとも互換モードになってしまうのか!」
と誤解した人がいるらしく、アル・デザインワークスさんにご迷惑をかける事態になってしまいました。

私はCMSDの使用経験がありますが、後方互換モードになるのはローカルで見たときだけです(当然ですがこんなふざけたバグがある IE6だけです)。
PHPのコードおよび各種CMSの独自タグは、実行時は出力されることはありません。

なんかすみませんでした o…rz

この質問をした細かい理由については最後の感想で書きます。

アル・デザインワークスについて

福井県の制作会社
東京から3時間 / 越前カニ美味しい / オバマ大統領を勝手に応援する会…申し訳ございません

これからのWEBはどうなっていくのか?

それぞれが独り勝ちを狙っている→もちろんCMSも…
ひとつのプラットフォームに依存しすぎないことが大事

  • バージョンアップでプラグインが使えなくなる
  • 構築の仕事が「CMSの部品を作るだけの簡単なお仕事」になりかねない

MovableTypeの問題点

  1. 一か所の修正がサイト全体に影響する
  2. MovableType以外のブログ・CMSへのデザイン移行が面倒
  3. プラグインの保証がない

(もう一点あったのですが失念してしまいました)

CMS Designerは…

ページ単位でCMSを作れる
既存のHTMLの中にCMSを「埋め込む」発想

実績

下村楽器店
武生刃物卸 など

構築をした株式会社アーキテクチャウェブシステム様の声
「お客様へのレクチャーが短かった」
「制作の費用を抑えられた」

CMSDは管理画面の入力項目を自由に構成できる
余分な説明・よくわからない専門用語がない

ここでプレゼンター新出さんの主張:
FCK Editerにも対応しているけれど、こんな入力支援を使わなくてもきれいなサイトを構築できるのがCMSDの理想です。

構築の流れ

テンプレートはXML+XSL

  1. フィールドの定義(スキーマ)
    →XMLファイルでテキスト、ファイルアップロード等の入力仕様や順序、ラベルを既定
    →XSLファイルで動的部分の出力HTML、細かい条件分岐などを既定
  2. コンテンツを保存する場所としてコンテンツ毎に格納フォルダを用意する
  3. 既存静的ページのHTMLの先頭・末尾におまじない(=PHP構文)を入れる
  4. 既存のHTMLコードを
    <cmsd:entrylist name=”hogehoge”><cmsd:design>

    </cmsd:design></cmsd:entrylist”>
    で囲み、XSLタグを書き込んでいく
  5. ファイルの拡張子を「.php」にする(サーバーでmod:rewriteが使用可能であればHTMLでもできる)

URLによる動的ソート

URLに引数(?hoge=xxx&huga=yyy)を付けることで、記事の項目内容による絞り込みが簡単にできるようになっている
他のCMSの場合は各ページを書き出すことを想定しなければならないがCMSDは引数で条件に沿ったページを自動生成するので、複雑な条件分岐はあまり必要ない

その他

  1. 日時指定(コンテンツごとに任意で要・不要を設定できる)
  2. ユーザー権限
  3. コマンド制限(記事の作成はできても削除ができないユーザーを作るなど)
  4. 表示制限(管理画面で自分が書いた記事しか表示されないなど)
  5. ページキャッシュ

感想

私がCMS Designerのことを知ったのは、制作会社で働いていた頃に社長から「これは使えるだろうか?」と聞かれたのがきっかけです。

当時はサーバー等の条件が合わず導入は見送りましたが、WEBの知識がない(しかもCMSには慎重だった)50代の社長が興味を持ったということは、それだけ簡潔なインターフェースだったということです。

「埋め込む」「データベースがいらない」「世界共通技術のXMLベース」という概念のため導入しやすく、マニュアル、サンプルデータもきちんと完備されています。今回のCSS Niteでも「プレゼンうまいなー」という印象を受けました。

CMSDの方が「救世主」には近い気ガス ´・ω・)

でも、進行役の鷹野さんが指摘している通り、カスタマイズの工数は規模の割に多いです。

また、テンプレートエディタはなく、「スキーマ」という概念が理解しにくいため、レンタルブログ等でのカスタマイズ経験がない人、XMLが分からない人にはややハードルが高いです。

ここで冒頭の質問の件になるのですが、
私が一人で構築をするのであれば、ローカルプレビューの件は全く気にならないのです。レンタルブログのカスタマイズのときは全てブラウザで作業しますし、そもそもIE6なんか、あと一年くらいでゴミ箱に放り込んでもいいブラウザです。

でも、自分以外の(CMSDのスキルがない/そもそもコーディングの技量も未熟な)同僚・後輩などとチーム制作をする場合、細かい説明をしなければならない点が多いと、じわじわと最終的な作業時間に関わってきます。

ぶっちゃけ、PHPとXMLをいろいろ書きこまなければならないのであれば

MovableTypeかWordPressで記事リストだけ作って、includeでよくね?

となってしまいます。

そのようなわけで、私の中では、導入したいけれど残念なCMSとして位置づけられてしまっているのです。
公開後に撤去できるようなテンプレートエディタができたり、PHP構文がいらなくなってほしいところです…


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2009年07月01日 | Permalink

CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」

CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」(2009年6月27日開催)

CSS Nite LPシリーズのイベントに参加する予定です。
会場は東京なので、つまりは6月の末に上京するわけです。

先日レビューを書いた SOY CMSを含め、5つの国産CMSをテーマとしたセミナーです。
各CMSの開発者様が、システムの概要やアピールポイントを直接講演してくださるようです。

現状の仕事では、MovableType・WordPressをCMSとして利用することが多いです。

安定性・拡張性・取引先担当者との連携を考えると、結局の選択肢になるからですが、本格的なCMS導入も今後の展開として考えています。

言語の問題がなく、「日本的なCMS利用」を考えて作られた国産CMSについては、東京まで行っても話を聞いてくる価値があるかなーと思ってます。

ぶっちゃけ東京に行きたいんです!って素直に言えよ、うぇびんぐ。

私はSOY CMSの他に、二年前と少し古くなりますがCMS Designerについてもレビュー記事を書いています。
求められる機能だけを抽出した「CMS Designer」

SOY CMS、CMS Designerともに、非常にシンプルで軽量であるのが特徴です。

SOY CMSは「静的ページをCMSに変換する」点に特化していて、デザイナーに非常に理解しやすいテンプレートエンジンが使われています。また、強力なファイルマネージャー機能があります。
その代わり、インターフェースデザインなどにまだまだ発展途上な面が見られます。

CMS DesignerはテキストベースのXML・XSLTで構成されていて、データベースに関する知識を必要としません。クライアントが見る管理画面の項目を、必要最小限にカスタマイズできるのも特徴です。
XML構造を理解するまでは取っ付きにくく、対応サーバーのハードルが高いですが、ここ二年で随分クリアできているようです。

このような感じで、最終目的は同じところにあるCMSでも、各システムでプロセスは大きく異なっているのがわかります。ライセンス・サポート面も異なっています。
それらを理解したうえで、請けた案件に適したCMSを提示できるようになれれば、Webデザイナーとして一段階進めるのではないかと考えてます。

WebRelease 2・a-blog cms・RCMSについては、まだ触ったことがないためよくわかりません。すいません。
当日までに、予習しておかなければ…


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2009年05月01日 | Permalink

求められる機能だけを抽出した「CMS Designer」

この記事は2007年に旧ブログで書いていたものを移動しています。
少し情報が古いところがあるかもしれません。

遅まきながら最近知ったのですが、「既存の静的ウェブページの一部だけを動的ページにする」という機能に特化したCMSツールがあるのだそうです。

CMS Designer

PHPで動作し、データはメンテナンスがしやすいXML形式での読み書き。さらに、管理画面の入力項目名・項目数もXMLで自由に指定できます。
コメント・トラックバック機能を廃し、現場で求められる機能だけを搭載した軽量CMS。
MovableTypeやWordPressが空母なら、これは零戦といった感じです。

非商用であれば無料で使えますし、商用ライセンスもCMSにしてはずいぶん安いです(MTよりは高いですけどね 笑)

一般のウェブサイトでは、「新着情報」とか「今月の○○フェア」といった部分だけは頻繁に更新されますが、それ以外のページの更新はほとんどありません。
新着情報自体も、ログを数年分確実に保管する、という必要はありません。

こういった「既存HTMLの一部だけ動的ページにする」カスタマイズはMovableTypeでも可能ですが、プラグインを導入したりしない限り、管理画面の項目名は「本文」「追記」から変えることはできません。
商品一覧や何かのデータ表など、特殊な項目が沢山あるコンテンツの製作に適していると思います。

なかなか便利そうな「CMS Designer」ですが、気になる欠点がひとつ。
デフォルトの状態では、出力ページの拡張子が「.php」になってしまいます。

データベースをHTML文書(拡張子.html)として出力するには特別な処理が必要なのですが(ブログでいえば「再構築」がそうです)、それは搭載されていません。
URLの末尾が「.html」の状態で運用されているサイトの拡張子が変わってしまうというのでは、PHPファイルが検索に拾われるとしてもクライアントのOKは出にくいでしょう。
(2009.5.1追記:仕様が変わっているかもしれません)

つまり、CMS Designerをビジネスサイトに実装するためには、本サイト内でも紹介されていますが、

  • mod_rewriteモジュールを利用してURLを擬似的に変える
  • 拡張子が.htmlのファイルがphpとして動作するようにする

CMS Designer:SEOには対応しているの?

上記いずれかを実装しなければならない
=上記いずれかの機能を実装可能なサーバーを使用している必要がある
ということです。
CMS導入の際は、この辺りも慎重に検証する必要があるでしょう。

何にせよ、私自身はとても興味を持っているので、時間のあるときに非商用で試してみようと思います。
MovableTypeの不親切な管理画面には心底辟易してるのですよ…(=_=メ


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2007年01月26日 | Permalink