選択されているタグ : 北海道 , ゲーム

第20回北海道開発オフ:ゲームの共同開発をしてみる

北海道開発オフが丸三年、20回目を迎えました。

DevDo::北海道開発オフ

メンバーの皆さんおめでとうございます。
これまで参加した皆さんありがとうございます。

20回記念ということで、今回は少し趣向を変えて、同じアプリケーションを違うプログラミング言語で作成する「共同開発」を行いました。

参加者同士でやってみたいことを相談した結果

  1. 一定ターンまで選択肢でを能力上昇させる「育てゲー」の設計
  2. Ruby on RailsチームとPython+Google App Engineチームでそれぞれ作る

となりました。

私はフレームワークを扱えないので、どうしようか…と思っていたところ、
参加者のわたなべさんから

「じゃあ、うぇびんさんは仕様に添ってゲーム画面作ってください。
 HTML5とCANVASで。

という素晴らしい無茶振りをいただきました。

こ、ここは期待されててなくても応えるべきよね!
うぇびんたん頑張ったよ!

成果発表(ゲーム画面)

ドラクエやWIZ風のUIにしてみましたが、CSS3のプロパティを駆使すればファイナルファンタジー風に変更することも可能です。
HTML5なので閲覧にはChromeかSafariを推薦します。

HTML5、CANVAS、プログラミングの勉強の素材にしてみたい方は自由にソースコードをご利用ください。
私もこれを使って、PHPでゲームを作ったらいい勉強になるかなと考えています。パラメーターなどの要素をTwitterのAPIと連携させても面白いかもしれませんね。

※「おむこ」というのはRuby on Railsチームのプロジェクト名です。

成果発表(開発側)

Python+GAEチームは、基本動作まで形になりました。

Ruby on Railsチームは、コマンドラインでのキャラ生成まで。
詳しくはsmokeymonkeyさんの記事をご覧ください。

[-*煙猴*-]: 第20回北海道開発オフに参加した


次回からは、また普通のユルユル独習会になります。

開発オフという勉強の場があったおかげか、独習かCMSのカスタマイズでしかプログラミングを扱う機会がない私が、お仕事でPHP+MySQLの簡単なアプリケーションを作れるまでになりました。

これからも初心者が勉強会に参加できる気軽な窓口として、各種言語の技術者が交流できるハブとして、活動のお手伝いができればいいなと思います。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2011年01月17日 | Permalink

RubyとWEBデザイナー

enishitec

株式会社えにしテック

「えにしテック」は、最近設立されたばかりの札幌の企業です。
プログラミングの会社にも関わらず、準備中の段階からデザイン会社並みのきれいなサイト。正式公開が楽しみです。

代表の島田さんと設樂さんは、プログラミング言語「Ruby」のコミュ「Ruby札幌」の主幹でもあります。
Ruby札幌が本の出版などで全国的に活動している影響もあるのか、北大生を中心に札幌はRubyistが多いです。
日本人が開発した言語なので日本語との親和性が高く、構造的にも優れた言語であるようです。

そんなこんなで私も近頃Rubyに興味を持っていて、本を読むこともあるのですが、WEBデザイナーとRubyの関わりはまだとても薄いのが現状です。

WEBデザイナーが最も関わることが多い言語は「PHP」です。著名なメールフォームやCMSののほとんどがPHPでできているし、レンタルサーバーのほぼ全てが、PHPを何の設定もなく扱えるからです。

私もある程度は習得していて、お仕事でカスタマイズの際に書くことも多いです。
それ以外の言語で普及している(というより数年前は主流だった)のはPerlくらいです。

WEBデザイナーは、覚えなければならないことがやたらとあります。
XHTML+CSSはもう当然ですが、AdobeCSシリーズの操作、デザインや色彩の知識、アクセシビリティ、SEO・SEM、言語ではPHPだけでなくJavaScriptやActionScriptも書くことがあります。
PDFファイルの作成、CMSの構築スキルなんかもあります。

プログラマよりずっと勉強してるぜ!という意味では絶対ないです。
ぶっちゃけ「広く浅くのなんでも屋」、「いっこうにレベルが上がらないWizardryのビショップ」です。
それだけに、どうしても学習コストを考えざるを得ません。

「私たちは理論的なこだわりがあってPHPを選択しているわけではないです。現場で有用な技術やアプリがPerlで書かれていればPerlを勉強しますし、Rubyで書かれていればRubyを勉強するのです」

以前、プログラマの方に尋ねられて、そう答えたこともあります。

なので、私がRubyに期待しているのが
「WEBデザイナーがよく扱うWEBアプリケーションで、キラーアプリが出てくれること」です。
CMSだと牙城は崩せないので、オープンソース・カスタマイズフリーのフォーム、Wiki、携帯サイトの運営ツールなどでしょうか。

また「初心者がWEBアプリを作れる学習本」などがたくさん出てくれると嬉しいです。
(プログラマの皆さんはそういう本がお好きでないようです;;)
そうなったら、PHP一辺倒の市場が変わるんじゃないかと思います。実際PHPもそうやって言語的に微妙であるにも関わらず主流になったわけです。

もちろん、学習する側の努力も必要ですよね…もっとがんばらないと。


意外と知られていないことですが、ゲーム作成ソフト「RPGツクール」シリーズの近作は、Rubyで全てのイベント処理を書くことができます。

RPGツクールXP(バリュー版)

RPGツクールVX

私は元々ツクーラーで、この段階でRubyのことを知っていたのですが、結局ツクールXP以降を購入することはありませんでした。

もしツクールXPを購入して、Rubyに親しんでいたら、私も今頃Rubyistくらいにはなれていたかもしれません。
そう思うとくやしくてくやしくてしょうがないですwww


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2009年08月26日 | Permalink