WordPressのブロックエディタ「Gutenberg」に対して私たち制作者が考えなくてはならないこと

WordPress5.0がリリースされ、噂のブロックエディタ「Gutenberg」が正式実装されました。

現在私は、同じ構成で構築された、いくつかのWordPressサイトの運用のお仕事をしています。 そのサイトがGutenbergの導入でどのような影響を受けるかの検証と、それだけではなく、今後CMSを扱う立場としてGutenbergとどのように関わっていくかを、この週末に、ざっくりですが検討していました。

Gutenbergさんとどう付き合うか

まず、投稿タイプなどを追加していない、WordPress5.0の基本の状態でGutenbergをひととおり試しました。

私は、10年前からブロックエディタを搭載していたことで知られる、a-blog cmsを長年使用しています。また、スマートなブロックエディタを実装しているブログサービス「g.o.a.t」を一年ほど利用していました。

その経験を含めての感想としては、
「思ったより怖くない」
「これは『ビジュアルエディタの次世代としては』かなり良いのではないか」
です。

基本的に、ブログ記事などでは、HTMLの要素は見出し・本文・リンク・強調・各種サービスの埋め込みくらいしか使いません。それらについては軽快に書けますし、以前のビジュアルエディタとの操作の差も意外と少ないです。 驚いたのが「既存のビジュアルエディタ」がブロックのひとつとして用意されていることです。重くなりそうですが、どうしてもあのエディタでないと、というクライアントへの説得要素にもなるでしょう。



ウェビングスタジオとしては、新規案件の緩いコンテンツなど、利用しやすいところでは積極的に受け入れていきたいし、カスタマイズを学習していきたいと考えています。

長年WordPressを使い込んで、多数のプラグインやPHP拡張を活用してきた人ほど、Gutenbergは厄介な存在でしょう。 WordPressはオープンで自由なCMSです。一切使わない選択肢も用意されていますから、個々の制作者の自由でいいと思います。

使いたくない場合

一方、コンテンツ・マネージメント・システムとしてWordPressを使う場合、「投稿タイプによって適しているエディタが異なる」という問題が生じます。

例えば私の件の運用サイトの場合は、以下の3つの投稿タイプを持っています。

  • post・・・ブログ記事
  • page・・・がっつりマークアップした渾身のメインコンテンツ
  • works・・・カスタムフィールド職人らしいフィールドのみのコンテンツ

worksでは、「Advanced Custom Fields Pro」のリピートフィールドで、こんな感じの簡易なブロックエディタを作成しています。簡易な方が操作しやすく、更新の効率が良くなるということは往々にしてあります。



この場合、pageとworksでGutenbergを使うことはできません。

このように、第一に制作者が考えなければならないのは、現在運用しているサイトの各投稿タイプで、Gutenbergにしても問題ない箇所と、使ってはいけない箇所を明確にしておくことです。

では、特定の投稿タイプだけ無効にすることはできるのでしょうか。管理画面にもそういった項目は見当たりません。困っていたら、WordPressをはじめとするいろいろなCMSに詳しい安部さんがTwitterで教えてくれました。

これです。ドンピシャです。 高橋文樹さんが、Gutenbergがベータ版の頃から各種回避策を書いてくださっていたようです。

Before Gutenberg アーカイブ - Capital P

pageとworksでブロックエディタを無効にすることで、これまでのWordPressと変わりない環境にすることができました。

function WS_remove_block_editor( $user_block_editor, $post ) {
    if (
        ( $post->post_type === 'page' )
        ||( $post->post_type === 'works' )
    ) {
        $use_block_editor = false;
    } else {
        $use_block_editor = true;
    }
    return $use_block_editor;
}
add_filter( 'use_block_editor_for_post', 'WS_remove_block_editor', 10, 2 );

プラグインとの衝突問題

次に考えなければならないのは、プラグインです。

一通りコンテンツを確認したところで、カスタムフィールドを管理している「Advanced Custom Fields PRO」の編集画面に入ったら、ページが真っ白になりました。 フォームプラグイン「MW WP Form」も編集画面だけ真っ白になっています。

プラグインは問題がないと思っていただけに慌てましたが、これについても高橋文樹さんがすでに原因を書いていました。 “エディターのない投稿タイプは動かない” そうです。

Before Gutenberg - カスタムフィールド職人の命運やいかに? - Capital P

つまりプラグインの投稿タイプでも無効にしなければならないわけで、最終的に以下のようなコードになりました。

function WS_remove_block_editor( $user_block_editor, $post ) {
    if (
        ( $post->post_type === 'acf-field-group' )
        ||( $post->post_type === 'mw-wp-form' )
        ||( $post->post_type === 'page' )
        ||( $post->post_type === 'works' )
    ) {
        $use_block_editor = false;
    } else {
        $use_block_editor = true;
    }
    return $use_block_editor;
}
add_filter( 'use_block_editor_for_post', 'WS_remove_block_editor', 10, 2 );

あまりスマートじゃなくなってきました…postだけ許可する、ホワイトリスト方式にした方がいいのかも。

この不具合については、頻繁に更新されているプラグインであれば早い段階で解決されると期待していますが、しばらく混乱は続くのでしょう。 これを機に、プラグイン制作者に問い合わせる前に、まず検索する習慣を身に付けたいものです。

既出かもしれませんがQiitaに寄稿しました。

WordPress5.0でプラグインの新規追加画面・編集画面が真っ白になった場合の対処 - Qiita

発展途上?なUI

ざっと使ってまず気になったのが、「ブロックを追加・挿入するボタン」の表示がわかりにくいことです。

最後に追加するならEnterキーを押せばボタンが出るのですが、挿入の場合は、前のブロックにマウスを置くと出る枠線の「上の線」にカーソルを置かないとボタンが出てこないのです。これがかなりシビアな操作になっています。 それ以前に、感覚的には一般に「下に追加する」と感じるので、一つ前のブロックの下線にボタンが出るべきじゃないですかね…



ボタンブロックについても、色の選択があるのですが、よりにもよって背景色だけでなく文字色まで自由に選択できるUIになっています。

サイトを明るくしようとした更新担当者さんが、ボタンの色をピンクとかライムにする未来が見えます。

これがインラインスタイルで入るのか、クラスで入るのかまだ確認できていないですが、とにかく色は個別に選ばせたくないですし、外観についても丸と四角、塗りつぶしとボーダーはそれぞれどのような役割で使うのか決めておかないと、わけのわからないことになります。


また、WCAN 2018/10でたにぐちさんも指摘されていましたが、パーマリンク設定の場所もわかりにくいです。WCANに参加していなければ見つけられませんでした。更新担当者にパーマリンクをいじらせてはいけない、という禁止系インターフェース…と考えられなくもないですが。

たにぐちさんがさらに指摘されていた「なぜかテキストブロックの文字の寄せ方向だけ、クラスではなくインラインスタイルになっている」件は、私はあまり気にしていません。文字色などとは異なり、文字の寄せ方向はテーマやCSSが変わっても、同じであることが多いからです。しかし、UIのブレであることは確かですし、インラインスタイルは優先度が高いので、上書きしようとするとimportantまみれになる問題があるのですが…

少なくともこれまでと相当感覚が違うので、リモートで運用をしている場合は、更新担当者にどのように操作説明をするか考える必要があります。 a-blog cmsユーザーの多くがやっていたことですが、往訪できない場合はブロック一種類ずつに対して、操作している動画を撮って見ていただくのが確実と思います。

特定のブロックを使わない自由はあるのか

ボタンのところでも触れましたが、Gutenbergの「機能が多すぎる」ことも私の中で課題になっています。 多数のブロックがありますが、すべて対応していられないとか、コンテンツの性格上、使ってほしくないケースもあります。

私がa-blog cmsを気に入っているのは、コンテンツ(ブログ)ごとに、使用できるブロック(ユニット)を管理者が指定できることです。 もう少し情報を調べれば既に出ているのかもしれませんが、特定のブロックを使わない自由を公式に設けてほしいものです。

Gutenbergさんは悪くない、悪くないんだ

繰り返しますが、私はGutenbergが気に入っていて積極的に使いたいです。

ただ、日頃「すべての人が自由に気軽に使えるCMS」を謳っていながら、「ユーザーが、GUIを通して機能を選択(無効ではない。選択)できない状態でリリースした」強引さに若干呆れています。

今後各国のWordPressコミュニティは、一定のウェブ制作の知識を持たない人(いわゆる個人ブロガーなど)へのサポートを切り捨てるか、これまでのようにGUIで管理できるプラグインの開発やブログ記事などの情報を充実させるかの、大きな選択を迫られるのでしょう。

個人へのサポートを既にやめている私としては、前者が幸せじゃね…?と思ってしまいつつ、制作会社・企画会社との協業媒体としてのWordPressに、Gutenbergをどう活用していけるか、前向きに考えていきたいと思います。


投稿者名 うぇびん(管) 投稿日時 2018年12月09日 | Permalink

Movable TypeにCSV形式でインポートができる「CSVDataImExporter」プラグインの使い方


こちらは、Movable Type Advent Calendar 2016の17日目のエントリーです。
なんと4日前に書いてます!うぇびんさんらしくないですね!

今年は、Movable TypeでCSV形式のエクスポート・インポートが可能になるプラグイン「CSVDataImExporter」の使い方を解説します。

はじめに・ライセンス体系について

このプラグインは基本有償です。試用版は15日間すべての機能を利用できますが、それ以降はインポート可能なデータの範囲とサイトの目的で、ライセンス料金が変わります。詳しくはリンク先を参照ください。

CSVDataImExporterプラグイン: 小粋空間

画像カスタムフィールドを含む場合は、最上位の「④ブログ記事 + ウェブページ + カスタムフィールド + カスタムフィールドアイテムアップロード対応版」をお勧めします。この記事でも、④での導入経験を前提に解説していきます。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2016年12月17日 | Permalink

CMSにおける「それ、○○でよくね?」論について


新年早々、WordPressの「Page Builder」プラグインの丁寧な紹介記事が話題です。

直感操作でページ作成!WordPressプラグイン ページビルダー(Page Builder)

かつては一部のCMSの専売特許だった「ドラッグ・ドロップで記事をレイアウトできる」機能を実装できるプラグインがずいぶん増えてきました。
投稿機能のUIで遅れをとっていたMovable Typeにも登場し、こちらも人気急上昇のプラグインとなっています。

LayoutBlockプラグインβ1(その1・概要とインストール) - The blog of H.Fujimoto

このような「本来のCMSコアにはない編集画面を擬似的に追加するプラグイン」の紹介が出ると、必ず出てくるツッコミが
それ(他のCMSの名前)でよくね?
です。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2016年01月05日 | Permalink

細かくて伝わらない最近のMovableTypeプラグイン3選

これは、Movable Type Advent Calendar 2014の15日目の記事です。

Data APIが利用できるようになったからか、最近は新しいMovableTypeプラグインが増えてきました。
私は大きな機能を追加するものよりも、ちょっとした不満を解消する「細かくて伝わらない」系のプラグインが好きだったりします。
実際に検証したものをいくつかご紹介します。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2014年12月15日 | Permalink

WordFes Nagoya 2014に参加した

8月30日に名古屋工業大学で開催された、「WordFes Nagoya 2014」に参加してきました。
WordPress関連のイベントは愛知に移ってからは、はじめてです。

WordPressの名古屋コミュニティはとても大きく、積極的に活動してます。

毎年夏になると大きなイベントを開き、夜は空港近くの新舞子の宿で一晩中テーマをいじり、おかしを食べ、枕を投げます。
a-blog cmsといい、愛知県民はお泊まり会が大好きなようです。


セッションもさまざまなものがありましたが、今回はセミナー形式のコマはひとつも見ず、グループワークとアンカンファレンスに参加という、いつもと違う形でのレポートになります。

ちなみにこの記事は、東京・秋葉原のコワーキングスペース「CSS Space(ちゃんと仕事するスペース)」で書いてます。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2014年09月04日 | Permalink