Work

ブログをg.o.a.tとQiitaへ移行しました

長年、ウェビングスタジオのドメインで書いてきたブログですが、雑記をg.o.a.t、技術情報をQiitaへ移行しました。
活動報告などは、Twitter、Facebookでもお知らせしていきます。

雑記(g.o.a.t)
https://webbingstudio.goat.me/

技術情報(Qiita)
https://qiita.com/webbingstudio@github

自分のドメインで配信する「オウンドメディア」の重要性はわかっているのですが、近頃はなかなかまとまったブログを書けていませんでした。

さらに「うぇびんさんのブログはa-blog cmsの有用な情報があるけれど、探しにくいので、検索に対応してほしい」などと言われたり、過去の記事についても掘り起こしや書き直しが必要になってきました。

そんなこんなで、気軽に書けることや情報を探してもらいやすいことを、当面優先することにします。


リニューアルするする詐欺になっているこのサイトですが、ベースのCMSも変えるかもしれません。

このサイトを勉強目的でa-blog cmsへ移行してから8年が経ち、おかげさまで、a-blog cmsは日常的に業務で扱うようになりました。ありがとうございます。
その間に、屋号サイトでa-blog cmsが得意とする物量が多いコンテンツを扱うことはなくなり、技術者の間で注目されている、Craft CMSを学習したい欲が出てきました。
なので、8年前と同じように、またCraftで一から屋号サイトを作り直すかもしれません。もちろんこのブログはa-blog cmsのまま残しておきます。

8年前と違っているのは、私自身に、魔改造にならない構築ノウハウと、恥ずかしくないレベルのコーディングスキルが身についていることです。
今のスキルで、来年で開業10周年を迎えるウェビングスタジオのサイトを立ち上げられればと思っています。


というわけで改めて。移転先も宜しくお願いいたします。

雑記(g.o.a.t)
https://webbingstudio.goat.me/

技術情報(Qiita)
https://qiita.com/webbingstudio@github

CMS

WordPress(ワードプレス)をやめたくなった人へのアドバイス


つい先日、ワードプレス(以下、WordPress)に深刻な脆弱性が発見され、かなりのウェブサイトが改ざんの被害を受けました。
ネットで評判が良かったので、なんとなくWordPressを使っていたけれど、やめたいと思っている人も多いかもしれません。

「無料で高機能で便利だったけど、怖いので違うブログにしたい…」
「ブログのことはWordPressしか知らないし、今後どうしていいかわからない…」

私は、WordPressをはじめとした「コンテンツマネージメントシステム(以下、CMS)」を使ったホームページ制作や乗り換えの仕事をしています。
この記事は「WordPressをやめたい」と悩みはじめた人のための、私から提供できるアドバイスです。

2017-02-27追記:さすがにタイトルがよろしくなかったので変更しました。

この記事には続きがあります

CMS

CMSのダミー文に、ウェビングスタジオが「吾輩は猫である」を使っている理由


CMS構築での記事の流し込みには自動インポートだけでなく、手入力での投稿も必ず行います。サーバーとの相性によるエラー、インストール失敗などによる不具合をチェックするためです。

先日公開したa-blog cmsテーマ「site2015mini」のテスト記事の文章は「吾輩は猫である」「セロ弾きのゴーシュ」「賢者の贈り物」の抜粋となっています。

ここ数年はこれらと、50音の羅列200文字分を使っています。今回はダミー素材に関する試行錯誤の話です。

この記事には続きがあります

CMS

テーマ納品の数ヶ月後、数年後の話


Facebookで流れてきた、奈良市公式サイトのナビゲーションの話題について。

各ページが属しているカテゴリー階層を自動的にトピックパス(ぱんくず)としてリストアップさせる仕様なのかな?と推察します。

それはアクセシビリティを向上させる機能として間違っていはいないのですが、閲覧者の導線をまったく考えずに、関係ありそうなページ(引用元の方は部署同士の決済の手間を指摘しています)に片っ端からつなげば、当然こうなります。

この記事には続きがあります

Life

旅人のお正月

あけましておめでとうございます。

昨年末に北海道を旅立ち、新天地の愛知県ではじめてのお正月を迎えました。
雪がまったくないお正月なんて、生まれてはじめてです。

2014年も、WebbingStudioをよろしくお願い申し上げます。

この記事には続きがあります