a-blog cms用テーマ「echo_zero」と、日本のCMSテーマの一年間


a-blog cms用テーマ「echo_zero」を正式にリリースいたしました。
非商用・検証目的であれば自由にご利用いただけます。商用の際はライセンスをご購入いただけると嬉しいです。

echoのポータルサイトもリニューアルして、ようやく他のechoシリーズにも着手できそうです。

さて、a-blog cms版のechoを作る!と言ってからリリースまで一年もかかりました。なぜそんなにかかったのかという話を、主要CMSの日本製テーマの事情なども交えて振り返りたいと思います。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2017年02月16日 | Permalink

祝好調。「一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本」はベテランにも必携の書

プライム・ストラテジーの相原さんと大曲さんから、「一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本」を送っていただきました。

ベストセラー「WordPressの教科書 」で知られるプライムさん。かつ、いつもセミナーなどでお世話になっている大曲さんの本なので、内容は疑うべくもないです。じっくり読みました。


さっそく実践で役に立ったものの、なかなか書評を書けていなかったのですが、風の噂では今回も好調な売れ行きのようです。購入を迷っている人の背中を全力で押してみたいと思います。

おぉ、6月30日発売の「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」もよろしくお願いしますね!


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2016年06月24日 | Permalink

カスタマイズできるテーマが、自由度を下げるという罠

ウェビングスタジオでは、CMSの新規構築だけでなく、立ち上げ後のサイト改修に対するアドバイスも行っています。
先日ご相談いただいた事例で、CMSのテーマ制作についてモヤモヤしてしまったので、お客様の許可をいただいて記事にしてみます。WordPressの話ですが、他のCMSでもよくあることです。

ご相談頂いたのは、WordPressの既存テーマを使って構築された、以下のようなデザインのサイトです。メインビジュアルの右側に「重要なサービス紹介枠」があります。



「サービス拡大に合わせて、以下のように三段組にする案が出ているが、既存テーマをどのように修正したらよいだろうか?
というのがご相談の内容です。



投稿者名 うぇびん 投稿日時 2015年06月11日 | Permalink

WordPressとエディタとマークアップ


WordPressをCMS的に利用する場合、リッチテキストエディタが非常に使いにくいことが問題になります。

エディタのUI自体はよくできているし、機能も豊富なのですが、本文中にHTMLを書いた場合に半角スペースやタグを自動フォーマットしてしまうため、div要素、table要素などを思うように記述できません。

特にHTMLモードからビジュルアルモードに切り替えたときの自動フォーマットのひどさは、これまで頑張って編集してきたモチベーションが下がるレベルです。


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2012年02月17日 | Permalink

works:株式会社NERC/S-WPIAプロジェクト

WordPressで制作した2サイトを、制作実績に追加しました。

今回はデザインから私が制作しています。
どちらも大学にゆかりがある案件ですが、傾向は大きく異なっています。


株式会社NERC(自然エネルギー研究センター)


S-WPIA開発プロジェクト


投稿者名 うぇびん 投稿日時 2011年10月10日 | Permalink