CMS

CMS使うなら必読!「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」の見どころガイド

a-blog cms関連書籍 出版記念セール
明後日までにライセンスを2個買うと本がもらえます :D

執筆をお手伝いした、a-blog cms初の専門書「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング 」がいよいよ発売となりました。
私は2章の導入と初期設定、査読を担当しました。


企画がはじまったのは一年ほど前ですが、その間に「簡単セットアップ(インストーラー)」が完成し、大幅に導入のハードルが下がりました。この手の書籍で最も大切な「運用」が充実したのを、執筆した立場からしみじみ喜んでいます。
すばらしい企画に参加させていただき、改めて益子さんとアップルップルの皆さんにお礼を申し上げます。

この本はCMSの書籍としては珍しく、システム名が小さく書かれています。「a-blog cmsの使い方」だけでなく「これからのWebサイト運用において、CMSで何ができるのか」に重きが置かれています。
「自分は(WordPress|Movable Type|baserCMS|concrete5|Drupal)だし」と思っている人ほど読んでください。

a-blog cmsは高機能です。また、本を読むといってもなかなか時間的に難しい人もいるでしょう。
もちろん全部読んでほしいですが。全部読んでほしいですが。(大事なことなので二回言いました)本書の見どころを、ピックアップしてご紹介します。

この記事には続きがあります

Study

CMSMix Sapporoで、ふたたびCMSディレクション全般について話しました


2016年2月27日に札幌市で開催されたCMSの合同イベント「CMSMix Sapporo」で、基調講演をさせていただきました。

CMSMix Sapporo 〜Web制作の幅が広がる!プロジェクトの傾向から考える、2つ目・3つ目のCMS選び〜 | Peatix


ジャクスタポジション西山さん

昨年秋の、名古屋のセミナーイベント「WCAN」での私のセッションに、札幌のMovable Typeのパワーユーザー、西山さんが興味を持ってくださいました。

WCAN2015 Autumnで、CMSディレクション全般について話しました | CMS | ウェビンブログ

これがきっかけで、a-blog cmsconcrete5DrupalMovable TypeWordPressのパワーユーザーが集まる、貴重なイベントが実現しました。ありがとうございます。

この記事には続きがあります

Work

秋のWCANにCMSの話で登壇します&Rhythmoonにインタビュー記事が掲載されました

2015年9月12日(土)に開催される「WCAN 2015 Autumn」で「Web制作の幅が広がる!プロジェクトの傾向から考える、2つ目・3つ目のCMS選び」というテーマでお話をすることになりました。
秋のWCANはコマ選択方式になっており、私は2コマ目を担当します。

WCAN 2015 Autumn | WCAN 名古屋近郊のイベント情報

また、女性フリーランサーの情報サイト「Rhythmoon」で、東京以外の地方都市で働くフリーランサーのインタビュー連載に掲載していただきました。

【新連載】愛知県在住 Webエンジニア 口田聖子さん | コラム | Rhythmoon(リズムーン)

よろしくお願いします&ありがとうございますm(__)m

この記事には続きがあります

CMS

「Webマーケティングに強いCMS」に進化した、a-blog cms2.5系がすばらしい


このサイトでも利用している、a-blog cmsの、バージョン2.5系がリリースされました。

2009年にバージョン1.0がリリースされた頃のa-blog cmsは、カスタマイズのしやすさから「Web制作者のためのCMS」と呼ばれていました。
ですが、今のa-blog cmsは「Webマーケティングに強いCMS」です。
そのくらい大きく進化しています。
最新のa-blog cmsの、Webマーケティングに適していると言えるポイントをまとめます。

この記事には続きがあります

CMS

CMSのカスタマイズ・構築に関するアンケートを行いました

CMSカスタマイズのプロショップを立ち上げる計画にあたって、Web制作者を対象に、CMSの構築に関するアンケートを取ってみたので、予告通り、アンケート結果を公開いたします。

約5日間で、各CMSのパワーユーザーから、デザインも手がけるフリーランサーまで、31名に回答をいただきました。私の回答を含め、32名となります。ありがとうございました!

この記事には続きがあります