「Checker Plus for Gmail」を有効にするとChromeを終了できなくなる現象と解決策


困っている人が多いと思うので、記事にしておきます。

Gmailの自動通知をしてくれるChrome拡張「Checker Plus for Gmail」のバージョンアップで、ChromeをCommand+Qで終了しようとすると、「未読のメールはありません」旨のポップアップが出て終了できない、という問題が出るようになりました。

原因

「Checker Plus for Gmail」のサポートページの、開発者のコメントによると

I chose the Ctrl+Q shortcut because on windows it is also used in Outlook to "Mark as read" ... http://office.microsoft.com/en-ca/outlook-help/keyboard-shortcuts-for-microsoft-outlook-2013-HA102606407.aspx
This unfortunately defaulted to Cmd+Q for Mac users and I was not aware of it's popular usage as a quit command, I'm sorry. Does anyone have a suggestion as to what I use as a shortcut for Mac users going forth for "Mark as read". Note again: You can easily remove or change it yourself via chrome://extensions, then "Configure commands"

https://chrome.google.com/webstore/support/
oeopbcgkkoapgobdbedcemjljbihmemj#bug

ショートカットキー機能の実装の際に、WindowsのOutlookの「既読にする」と同じコマンドにしたのが原因とのことです。
開発者は、MacOSのChromeの終了コマンドが、Cmd+Qということを見落としていたと説明しています。

※機械翻訳を参考にしたので、間違っていたらご指摘ください

解決方法

今後のバージョンでの修正を検討しているかはわかりませんが、開発者は当面の解決策として、Chromeの「コマンドの設定」を変更することを勧めています。

この手順がかなりわかりにくいので説明します。

Chromeの「設定」画面に移動して、左メニューから「拡張機能」を選択します。

拡張機能の一覧が表示されますが、修正するところは「Checker Plus for Gmail」のオプションではありません。
そのままいちばん下までスクロールして、右下の「コマンドを設定する」リンクをクリックしてください。



拡張機能のショートカットキーの設定のポップアップが表示されるので、「Checker Plus for Gmail」の既読にするショートカットを「Ctrl+Q」などに変更してください。

これで、Chromeを終了できるようになります。


それより、「Create Link」のフォーマットデータが全部消えたうえに、保存ができなくなってる方が困ってるんですが…これはどういうことなの…


この記事をシェアする

この記事を書いた人

フロントエンドエンジニア

うぇびん

愛知県豊橋市の、荒ぶるフリーランスおばさんエンジニア。主な業務はCMSの構築、ウェブ制作全般。a-blog cms・WordPress・MTなど。マイクラ歴12年。得意な魔法はバイオだけど、そろそろ魔人さんにクラスチェンジしてフレアを撃ちたい。
個人のTwitter: @webbingstudio