Webdesign

これからWebデザイナーを目指す人へ

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
おかしいただきました

Facebookで知り合った、マーケティング関係の方が東京から来札されたので、お会いしてきました。
私の仕事では関わることができない企画のことや、海外のお話をいろいろ聞かせていただきました。

その方に
「私の周りにもWebデザイナーを目指している人がいますが、仕事を見つけるのはなかなか大変そうです。どうするのがいいでしょうか」
と尋ねられました。


私がWebデザイナーになろうと決めてから、気付けば8年が経とうとしています。
そのときお返事したことに諸々付け足して、今からWebデザイナーを目指す後進の人たちのために記事に残しておきます。


目標

これは私もずいぶん経ってから気が付いたことですが、
「『Webデザイナー』になる」
という目標を立てること自体が、実は間違っています。

本格的なWeb制作をはじめた時点で、あなたはもうWebデザイナーになっています。
この仕事に資格はないからです。

また、この業界は制作会社で働くこと=Webデザイナーではありません。私は制作会社での勤務経験はありますが、試用期間と被正規雇用のみで、半分以上は自営業です。

なので、何かの肩書きを得るのではなく、自信を持てるスキルを身につけることを目標としてください。

Web制作の学校へ行く目的

デジタルハリウッドなどの、Web制作を学ぶ学校があります。
余裕があるなら、学校には通っておいた方が良いと思います。

実際のところ、制作の基礎は入学前にぐぐって身に付けているくらいでなければ、卒業後も戦力にはなりません。学校の求人もそれほどあてになりません。

学校に行く目的は、

  1. Adobe製品を使い方を覚え、安く入手するため
  2. MacOSの使い方、Windowsとの環境の違いを学ぶため
  3. 実際にWeb業界で働いている講師の話を聞くため
  4. 自分が作りたいものでなく、与えられたテーマに添って作ることを学ぶため
  5. 色彩学など、学問としてのデザインを学ぶため

です。

特に3は、自分から休憩時間や飲み会で質問しないと聞けません。

私の周辺には、ハローワークの基金講座をきっかけに勉強を続けてプロになった人がいます。
良い講師に恵まれて、本人に意欲があれば、学ぶ場所は関係ないのかもしれません。

就活

Web制作のいい仕事はなかなか見付かりません。

私は学校を出てすぐ雇用されたものの、そこが新規事業だったのと、私自身のスキルのなさで三ヶ月で解雇されています。
その後、次の仕事が見付かったのは半年後でした。

半年の間、日雇いのバイトをしながらこんなことをしていました。

  1. ひたすら勉強したことをブログに書く
  2. ブログテーマや素材を作って配る
  3. プロアマ問わず、良い技術者と交流する

作ったものは印刷して、ポートフォリオとして面接に持って行きました。

2は、作ること配ることより大事なことがあります。
配布するためのサイトを整備すること です。

  • 説明書きをどうするか?
  • サムネイルはどう見せるか?
  • ダウンロードリンクはどう配置するか?

…などなど。

私は現在、CMSのテーマ制作に特化していますが、メインサイトや素材配布サイトをCMSで運営していた経験は、今の下地になっています。

SNSを利用する

私がWebデザイナーになったばかりの頃は、ネットでの配信手段はブログのみでしたが、今はソーシャルネットワークサービスが発達しています。

特にTwitter・Facebookは上手に使えばかなりの効果がありますし、就職してからも仕事で必要とされることも多いので、絶対にやっておくべきです。

理想はWeb制作のメモをTwitterでつぶやきつつ、画像が付いていた方が訴求力のある話題はFacebookで…という流れですが、時間が取れない場合はTwitter優先で良いと思います。

最近Twitterで私のアカウントをfollowしてくる人には、名前の後ろに「@Webデザイナー志望」などと書いている人を見かけますが、個人的にはあまり良い印象を受けません。
Web制作に関するつぶやきをしていれば、プロフィールに書いておくだけで充分な気もします。

名刺

名刺は、プロを目指すならちゃんと持った方がいいです。勉強会で配るのに必要です。

一時電子名刺が流行ったことがありましたが、デザイナーにとって、紙の名刺には重要な役割があります。
デザインや文字組みで、その人のスキルレベルがわかってしまいます!

例え家のプリンターを使っても、名刺用紙はできるだけ厚手の良いものを使いましょう。
デザインは自分の作風を出すところですが、サイズだけは一般的な90mm×55mmにしてください。名刺入れに入らなかったり、すっぽ抜けるのは困ります。

手渡しただけでは、やっぱり忘れられてしまいます…
ひと通り自分や相手、Web制作の話ができるようがんばりましょう。面接での通りいっぺんの自己紹介とは違って、働いたときに役に立ちます。

働きはじめてから

職場では、いろいろ学ぶべきことがあります。

  1. OSやアプリケーションの効率のいい操作
  2. 電話・メールで更新の依頼を受けたときの対応
  3. Web制作者ではない社長・営業とのディスカッション
  4. WordやExcelの資料作り

先輩デザイナーからは、コーディングの技術だけでなく、ディレクションの基礎とか、Web屋としての考え方を教わることになると思います。

仕事が忙しくなると、自主制作の時間がだんだん取れなくなります…
悲しいですが、話題のブログ記事をEvernoteやTumblrにクリップしたり、重要そうな勉強会だけでもまめに出ましょう。

Webデザイナーが最も避けなければならないのは、スキルが変化しないことです。

何かに特化する

最近は「Webデザイナー」はRPGなどでいう「下級職」になりつつあります。
仕事や自主制作を通して、自分の得意分野をガンガン特化してください。

経験を積んだ同業の人は、だいたいこのような得意分野を複数持っています。

  • グラフィックデザイン(DTP含む)
  • ディレクション
  • ECコマースの企画と制作
  • CMSカスタマイズ
  • プログラミング
  • フロントエンドエンジニア(JS等のギミックやUIを製作する人)
  • モバイルサイトの制作
  • Flash・動画制作
  • 講師・技術書の執筆

選択肢がけっこう多いのが楽しいところです(笑)

まとめ

昔(ほんの数年前のことですが…w)のことを思い出しながら、いろいろまとめてみました。

現実を見ると、Webデザイナーはなかなか報われない仕事です。

作ったウェブサイトは、三年ももたずに閉鎖かリニューアルになります。
覚えた技術はあっという間に仕様変更になるか、使われなくなります。
プログラマ・SIerと比べると報酬は低めです。

それでも「新しいことを知ること」「ゼロからサイトを作り出すこと」「クライアントや閲覧者の感動が直接伝わること」から得られる楽しさは、何度経験してもあせることはありません。

その楽しさを知りたい人に、私の経験が少しでも役に立てば幸いです。

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

permalink

http://webbingstudio.com/weblog/webdesign/entry-571.html

publish