Life

あの頃に戻りたい。ブログが書けない病に悩む

友だちにもらったビールを飲みながら書いてます…

今年はたくさん記事を書きたい、と考えていたのに、まるで更新できない日々が続いています。ネタはたくさんあり、SNSでは数日に一度は技術的な話を書いているにも関わらず、です。
まとまった記事を書くのが億劫になっただけでなく、怖くなってしまったというのが、大きな理由です。

ひとつ前の記事は、CSS Nite LP52のレポートでした。実は全3回の予定で、2回目を七割がた書いたところで手が止まってしまいました。
一部のセッションはダメ出しになってしまったうえに、内容がまとまらないからです。

私の記事は役に立ったと言っていただける一方で「うぇびん節」と言われることがあります。毒舌だしなんか偉そうだし、だいたい細かいところが間違っているからです。
実際には内心、突っ込まれたり嫌われることが恐ろしくて仕方ありません。しかしオブラートにくるむと「正直に書かなかった」ことでまた苦しむので書いてしまいます。誤解のないようにと前置きしたり文献のリンクや補足を書いていくと、記事はますます冗長になっていきます。

ついでなのでますます偉そうなことを書きますと、最近の私は「SNSからきちんと個人のブログを読みに行く」ということに妙な期待をしてしまっています。同じ考えの人はけっこういるかもしれません。
レポート記事などを見に行って、300文字くらいで終わってるとがっかりします。なので自分自身も「まとまった、かつ役に立つことを書かなければならない」というおかしなプレッシャーに苛まれ続けています。

おかしい。
昔の私は、もっと気軽にくだらない日記を毎日書いていたはずでした。いつから書けなくなったのか。

今のお仕事は、趣味で書いていた日々の日記の延長でした。HTML直書きや、ブログブーム前夜の「ウェブ日記」(若い人は知ってるんだろうか…)での不満を解決してくれたのが、Movable TypeでありウェブログでありCMSでした。私がMovable Typeコミュニティに肩入れしている背景でもあります。

あの頃は難しいことは考えていなかったはずです。写真が一枚もない記事なんて当たり前だったし、文章はまるで推敲していないし、半分はネッ友さんとの内輪ネタだし、文献元やサンプルコードなんかまるで載せていませんでした。

ほら、今も行を戻って「遂行」を「推敲」に直しました。

難しいことを書こうとするのをやめて、SNSでダラダラと書いていることをブログに戻せばいいのではないか、と、ここ数ヶ月くらいずっと考えています。

a-blog cmsはCMSとしてはすばらしいですが、今の私には「書く」ことの敷居がやはり高いです。理想はg.o.a.tやDropbox Paperのようなインターフェースですが、独自ドメインで運用できるサービスやCMSにあのようなインターフェースを持ったものはありません。

また、たまに書きたくなる渾身の技術情報をどこで書くのか、という問題もあります。こちらはQiitaがありますが、やはり独自ドメインで運用することはできません。

もういっそ、「オウンドメディア」という呪縛を捨ててしまった方がいいのかもしれません。ウェビングスタジオのサイトにブログを置くのをやめて、g.o.a.tかQiitaに流してしまってもいいのかもしれません。webbingstudio.comはただのゲートウェイとした方が、私は楽に生きられるのかもしれません。

この記事は久しぶりに、何の推考もせず、ZenFone3のChromeでa-blog cmsの管理画面に入ってマークダウンで書いています。それなのに、ああそれなのに、一覧にサムネイルが出ないことが耐えられず、ちゃんと1.91:1のサムネイルを用意してしまいました。つまらないこだわりで消耗している自分が嫌になります。

ブログがどうなるかわかりませんが、何れにしてもウェビングスタジオのメインサイトは今よりずっと単純にしようと考えています。これもずっと延び延びになっています。echo_zeroができたらそれを使うと考えていたのに、CMS向けのCSSフレームワーク作りに着手してしまいました。

やらない理由を探してるだけなんじゃないのかとすら思いつつ、残ったビールを飲み干してこのグダグダな記事の筆を置きます。ちょっとでも「わかる…!」と思ってくれる人がいるならこの記事も駄文ではないでしょう。

CMS

WordPress(ワードプレス)をやめたくなった人へのアドバイス


つい先日、ワードプレス(以下、WordPress)に深刻な脆弱性が発見され、かなりのウェブサイトが改ざんの被害を受けました。
ネットで評判が良かったので、なんとなくWordPressを使っていたけれど、やめたいと思っている人も多いかもしれません。

「無料で高機能で便利だったけど、怖いので違うブログにしたい…」
「ブログのことはWordPressしか知らないし、今後どうしていいかわからない…」

私は、WordPressをはじめとした「コンテンツマネージメントシステム(以下、CMS)」を使ったホームページ制作や乗り換えの仕事をしています。
この記事は「WordPressをやめたい」と悩みはじめた人のための、私から提供できるアドバイスです。

2017-02-27追記:さすがにタイトルがよろしくなかったので変更しました。

この記事には続きがあります

CMS

CMSのダミー文に、ウェビングスタジオが「吾輩は猫である」を使っている理由


CMS構築での記事の流し込みには自動インポートだけでなく、手入力での投稿も必ず行います。サーバーとの相性によるエラー、インストール失敗などによる不具合をチェックするためです。

先日公開したa-blog cmsテーマ「site2015mini」のテスト記事の文章は「吾輩は猫である」「セロ弾きのゴーシュ」「賢者の贈り物」の抜粋となっています。

ここ数年はこれらと、50音の羅列200文字分を使っています。今回はダミー素材に関する試行錯誤の話です。

この記事には続きがあります

CMS

テーマ納品の数ヶ月後、数年後の話


Facebookで流れてきた、奈良市公式サイトのナビゲーションの話題について。

各ページが属しているカテゴリー階層を自動的にトピックパス(ぱんくず)としてリストアップさせる仕様なのかな?と推察します。

それはアクセシビリティを向上させる機能として間違っていはいないのですが、閲覧者の導線をまったく考えずに、関係ありそうなページ(引用元の方は部署同士の決済の手間を指摘しています)に片っ端からつなげば、当然こうなります。

この記事には続きがあります

Life

旅人のお正月

あけましておめでとうございます。

昨年末に北海道を旅立ち、新天地の愛知県ではじめてのお正月を迎えました。
雪がまったくないお正月なんて、生まれてはじめてです。

2014年も、WebbingStudioをよろしくお願い申し上げます。

この記事には続きがあります