Life

あの頃に戻りたい。ブログが書けない病に悩む

友だちにもらったビールを飲みながら書いてます…

今年はたくさん記事を書きたい、と考えていたのに、まるで更新できない日々が続いています。ネタはたくさんあり、SNSでは数日に一度は技術的な話を書いているにも関わらず、です。
まとまった記事を書くのが億劫になっただけでなく、怖くなってしまったというのが、大きな理由です。

ひとつ前の記事は、CSS Nite LP52のレポートでした。実は全3回の予定で、2回目を七割がた書いたところで手が止まってしまいました。
一部のセッションはダメ出しになってしまったうえに、内容がまとまらないからです。

私の記事は役に立ったと言っていただける一方で「うぇびん節」と言われることがあります。毒舌だしなんか偉そうだし、だいたい細かいところが間違っているからです。
実際には内心、突っ込まれたり嫌われることが恐ろしくて仕方ありません。しかしオブラートにくるむと「正直に書かなかった」ことでまた苦しむので書いてしまいます。誤解のないようにと前置きしたり文献のリンクや補足を書いていくと、記事はますます冗長になっていきます。

ついでなのでますます偉そうなことを書きますと、最近の私は「SNSからきちんと個人のブログを読みに行く」ということに妙な期待をしてしまっています。同じ考えの人はけっこういるかもしれません。
レポート記事などを見に行って、300文字くらいで終わってるとがっかりします。なので自分自身も「まとまった、かつ役に立つことを書かなければならない」というおかしなプレッシャーに苛まれ続けています。

おかしい。
昔の私は、もっと気軽にくだらない日記を毎日書いていたはずでした。いつから書けなくなったのか。

今のお仕事は、趣味で書いていた日々の日記の延長でした。HTML直書きや、ブログブーム前夜の「ウェブ日記」(若い人は知ってるんだろうか…)での不満を解決してくれたのが、Movable TypeでありウェブログでありCMSでした。私がMovable Typeコミュニティに肩入れしている背景でもあります。

あの頃は難しいことは考えていなかったはずです。写真が一枚もない記事なんて当たり前だったし、文章はまるで推敲していないし、半分はネッ友さんとの内輪ネタだし、文献元やサンプルコードなんかまるで載せていませんでした。

ほら、今も行を戻って「遂行」を「推敲」に直しました。

難しいことを書こうとするのをやめて、SNSでダラダラと書いていることをブログに戻せばいいのではないか、と、ここ数ヶ月くらいずっと考えています。

a-blog cmsはCMSとしてはすばらしいですが、今の私には「書く」ことの敷居がやはり高いです。理想はg.o.a.tやDropbox Paperのようなインターフェースですが、独自ドメインで運用できるサービスやCMSにあのようなインターフェースを持ったものはありません。

また、たまに書きたくなる渾身の技術情報をどこで書くのか、という問題もあります。こちらはQiitaがありますが、やはり独自ドメインで運用することはできません。

もういっそ、「オウンドメディア」という呪縛を捨ててしまった方がいいのかもしれません。ウェビングスタジオのサイトにブログを置くのをやめて、g.o.a.tかQiitaに流してしまってもいいのかもしれません。webbingstudio.comはただのゲートウェイとした方が、私は楽に生きられるのかもしれません。

この記事は久しぶりに、何の推考もせず、ZenFone3のChromeでa-blog cmsの管理画面に入ってマークダウンで書いています。それなのに、ああそれなのに、一覧にサムネイルが出ないことが耐えられず、ちゃんと1.91:1のサムネイルを用意してしまいました。つまらないこだわりで消耗している自分が嫌になります。

ブログがどうなるかわかりませんが、何れにしてもウェビングスタジオのメインサイトは今よりずっと単純にしようと考えています。これもずっと延び延びになっています。echo_zeroができたらそれを使うと考えていたのに、CMS向けのCSSフレームワーク作りに着手してしまいました。

やらない理由を探してるだけなんじゃないのかとすら思いつつ、残ったビールを飲み干してこのグダグダな記事の筆を置きます。ちょっとでも「わかる…!」と思ってくれる人がいるならこの記事も駄文ではないでしょう。

Webdesign

Atomic Designの思想で、文系でもわかるCSSフレームワークを作りたい

Atomic Designの構成図かわいいです

2017-06-16追記:Atomic Designをフレームワークに採用すべきでないという結論になりました。悲しい。こちらの記事でもう少し技術的な考察をしています。
Atomic Designの思想でCSSフレームワークを作るのは難しいので代替案を考える

久しぶりにいくつかコーディングの仕事をすることになりそうで、CMSの構築と比較して効率化できていなかった、CSSの設計を見直すことにしました。

最近のCSS設計は、OOCSSFLOCSSSMACSSなどがあり、高度かつ多岐に渡ります。ウェブデザイン設計についても、Material DesignAtomic Designなどがあります。

どれも素晴らしい内容なのですが、どうも私の中ではもやもやとしています。
かつてと比較すると、あまりにも理系寄りで難解だと感じるのです。

この記事には続きがあります

CMS

CMSにおける「それ、○○でよくね?」論について


新年早々、WordPressの「Page Builder」プラグインの丁寧な紹介記事が話題です。

直感操作でページ作成!WordPressプラグイン ページビルダー(Page Builder)

かつては一部のCMSの専売特許だった「ドラッグ・ドロップで記事をレイアウトできる」機能を実装できるプラグインがずいぶん増えてきました。
投稿機能のUIで遅れをとっていたMovable Typeにも登場し、こちらも人気急上昇のプラグインとなっています。

LayoutBlockプラグインβ1(その1・概要とインストール) - The blog of H.Fujimoto

このような「本来のCMSコアにはない編集画面を擬似的に追加するプラグイン」の紹介が出ると、必ず出てくるツッコミが
それ(他のCMSの名前)でよくね?
です。

この記事には続きがあります

CMS

CMSのテーマを作る前に静的ページのコーディングをするか?


札幌のフロントエンドエンジニアの友人、長谷川さんが、WordPressベースの案件のワークフローで疑問を感じているようです。

いきなりですが、このエントリーを読んでいる方に質問です。WordPressのテーマを仕事で作成する際に、どのようなワークフロー、制作手順でコーディング・構築・テーマ作成を進めますか?

デザインから WordPress のテーマ作成までの自分のワークフローを見直す - HAM MEDIA MEMO
  • テーマをいきなり作りはじめる人が多いが、最初にきっちり静的ページを制作する自分のフローと比べてどうなのか
  • 何かしらのテーマをベースにカスタマイズで制作するフローが増えているようだが、それは本当に効率が良くなっているのか

という二点の疑問のお返事として、WordPress以外も含めた、最近の流れについて書いてみます。

この記事には続きがあります

Think

Misocaのメール請求機能が最高にモヤモヤする

名古屋発の請求サービス「Misoca(ミソカ)」。今年から切り替えましたが、使いやすくて一年間たいへんお世話になりました。来年も引き続きお世話になる予定です。

ほんとうにいいサービスだと思うのですが、個人的に最高に気に入らないところがあり、気になって気になってしょうがなくなってきたので、自分だけなのか?と思って書いてみます。

それは「請求書のメール送信機能」です。

この記事には続きがあります