Think

道民なんで書く―差別という言葉が差別を作る

【毎日新聞】 「お前アイヌだろ。気持ち悪い」「あそこの家はアイヌなんだよ」…今なお消えぬ格差、「血」隠す苦悩…北海道

「今どきこんな露骨な差別はない」「また毎日か」「権利団体の意図を感じる」などなど。
道民歴=年齢=33歳の私が来ましたよ。
道民として、先住民族の件について知ってることを書いておく必要があるな。

子供の頃とか現状とか

10歳まで道東に住んでいたけれど、他の人たちが書いている通り、アイヌに対する明確な差別とかいじめというのは遭遇したことがない。

クラスに何人かは、血を引いていると思われる子がいたけれど、全く普通の友達で、むしろとろくさい私の方が時々男子に小突かれていた気がする。
街の資料館には民族衣装が展示されていたし、アイヌ文化やお祭りに関しても、このころにはもうだいぶ復刻運動が進んでいた。

私の知らないところであるとしても、それは「アイヌだから」というだけのいわれのない純粋な民族差別というよりは、ブサイク・デブ・とろくさい・きもい・ヲタに付随する、DQNによるガキのいじめの一属性のように思う。
もちろん北海道のいじめ問題は深刻で、私もそれでろくな目に合わなかった一人なのだけど、いじめる側がダシに使っているだけであれば、それは「差別」とは性質が違うと私は考えている。

ただ、私の親の世代(60歳~70歳)になると、差別的な意識は根っこの方で存在しているし、そういう言い回しを耳にしたことはある。

なんか盗られるんじゃないかとか、
ちょっと汚っぽいのよねーとか、
関わるとめんどくさいことになりそうねとか。

それは最近までアイヌの人たちが貧しい暮らしをしていたことによる「負のスパイラル」がまだ親の代の意識に残っているからで、少なくとも私の周辺では、子供の代、孫の代に受け継がれてはいない。たぶん。

件の記事を書いた毎日の記者は、権利団体が絡んでいるか、脳内が親の世代の構造なのかと道民に思われてしまうのは、無理もない話である。

社会科の資料に重要なヒントが書いてあった

中学の社会科の授業のときに、教科書とは別にプリントが配られたことがある。
実際に差別いじめを受けたアイヌの女の子の手記だった。
かなり具体的な手記で、十勝地方のある街の名前も書かれていたがここでは割愛。
覚えているのはこんな内容。

  1. 学校を休んだ日に、先生がクラスのみんなに「○○はアイヌだ」と勝手にカミングアウトしたのがいじめのきっかけ
  2. きもちわるい寄るなと言われたり「Only you」の節で
    「アーイーヌゥー アッイヌッ アアアアアアイイイイヌウウウウウウ」
    と耳元で延々と歌われたり
    (すいませんここちょっと笑ってしまった)
  3. 地元の高校の学校祭を見に行ったら、門の前にいた高校生たちに「アイヌは学校に入ってくるな」と文字通り門前払い

「Only you」が出てくるってことは、これ相当古い話なんじゃないのか…と思うのだが、これの数年前に石屋製菓が「白い恋人」のCMでオールディズの名曲を起用してて、「Only you」もあったと思うので、もしかすると80年代前半辺りの話かもしれない。

この話に重要なくだりがある。
そもそものきっかけが
「先生がみんなにしゃべった」
ことなのだ。

それが事実だとすると、先生の意図がアイヌ民族史に関する教育の一環だったとしても(勝手に言うなんて論外だが)全くの逆効果で、
彼女とクラスメートの間に明確な線引きをしたことが、いじめのトリガーを引いてしまったことになる。

差別という言葉が、新しい差別を作っている。

そもそも「差」を意識したり、意識させる環境を作らなきゃ差別という文化は生まれないんじゃないのか。
その資料のことと、私以降の世代の現状と、今回の毎日新聞のことで、私はそんなことを考えている。

だからってナコルルはない

件の記事に対して、サムライスピリッツのナコルルを引き合いに出したやつが、検索した限りでは100人くらいいる。

確かにナコルルは、アイヌ民族の周知・イメージ向上という意味では、萱野茂知里幸恵級の功績がある…のだけど、多くの道民が突っ込んでいる通り、
純粋なアイヌ民族のシャーマン女性はあんな容姿にはならない。

極端な神聖化・規格化は、別の方向の線引きと差別を生む。

語弊があるのを承知で書くと

お前ら、髪がごわごわしてて、ちょっと毛深くて、
口の周りが青く塗られてて、
(一部のアイヌ女性には口の周りに青い刺青を入れる習慣があった)
顔のパーツも体形もがっちりしてる、
茶色ベースの衣装をまとった
「ナコルル」を同じように受け入れるのかと。

「Mirror’s Edge」のフェイスを萌え化した話と同じ匂いがする。


「今も差別がある」という人たちは、「事実の隠蔽と風化だ」と言う。
辛い過去を次の世代に「現状」として伝えていこうとする。

しかし、大多数の人間が「あったが今はない」「差別を意識する場面がない」と胸を張り、それを次の世代に伝えていく今の社会は、私には民族差別問題に対するひとつの答えであるように思う。

私の知人はアイヌの伝承を朗読会に使用しようとしたところ、某団体と面談することになったという。
もちろんまっとうな目的だから快諾をいただいたのだが、
面談と許可なんか必要ないのが普通なのである。

Work

サーバーを移転予定です

WebbingStudioのサーバーを、CORESERVERからエックスサーバーへ移転する予定です。

server

CORESERVERは、XREA無料版→XREA広告免除版と通して、四年以上利用していました。

月500円でサブドメイン・マルチドメイン・cronまでカバーしているサービスはなかなかありません。
データベースのUTF-8対応や、PHP5へのバージョンアップも早かったので、長いことお世話になりました。

しかし、このところPHPの「セーフモードON」でいろいろと苦労することが多くなりました。
安いサーバーとなると、セーフモードをONにして、ファイルの自動生成などにかかわるプログラムに制限をかけるのは当然のことなんですが、ブログやCMSの重要な機能にブロックがかかるのはかなり辛いです。

PerlベースのMovableTypeは全く問題なく使用できますが、PHPベースのWordPressはファイルアップロード関連の一部の機能が使用できません。
(.htaccessによるCGI化である程度は対応可能なのですが…)
MODx・Joomla等の割とマイナーなCMSは、設置の段階でことごとくつまづいてしまいました。
>> 旧ウェビンブログ:一週間でCMS7種をインストールしたレポート

また、ロリポップやYahoo!メールなどにメールをブロックされてしまい、仕方なくプライベート用のメールアドレスに送信してもらうこともたまにありました。

そんなわけで、これまでの4倍というサーバー料金はちょっと痛いのですが><
ほぼ同仕様で、セーフモード制限のないエックスサーバー(X20プラン)への移転を決心した次第です。

エックスサーバーは仕事で利用した経験があり、機能面では信頼しています。
今試用期間中ですが、WordPressはぼちぼちいい感じ。
MySQLのユーザー名・パスワードを自分で指定できるのも、少し面倒ですが安心感があって良いです。
サーバーも今のところ重さを感じません。
はずれサーバーにあたったときに移転できる特例措置もあるらしいので、まぁその辺は大丈夫だろうと思います。

…実はサーバー移転をためらういちばんの理由が、移転作業が面倒くさいということだったりwww

Work

ロゴを考えたときの話

そういえば、ロゴの話をまだ書いてませんでした。

logo0901

去年の春に開業をしたときに、名刺やら伝票やらに使うロゴが必要になりました。

…が、私、こういうCIデザインが大の苦手です。
(たまに依頼が来ることがありますが、今のところ正式なものはお断りしてます)

そこで、要点だけ踏まえて
できるだけ楽そうなのを作ることにしました。

どんなふうに考えたのか、まとめておきます。

キーカラーは一色のみ

企業ロゴには二色使用されているものもありますが、
色の組み合わせを考えているだけで日が暮れてしまいます。
どうせモノクロで使うことが多いのだから、一色で済むようなデザインにしようと思いました。

とりあえず身近なもので

ふつうの企業ロゴは、企業イニシャルとキーアイテムを様式化して組み合わせデザインして…という流れですが
そんなものは私には無理です

身近なものを適当に使って、できるだけすぐ描けそうなマークを作ることにしました。

ふと見ると、目の前にモニターがあるじゃないですか。
なんだ、これでいいやと。

関係ありそうなものをくっつける

さらに、私はモニターを通してお客様と接することが多いです。
なので顔文字の「:D」を書きました。

何故「:D」なのかというと、不機嫌でも笑い過ぎでもない、ちょうどいいニコ加減だからです。お客様をそのくらいのニコ加減にしたいところです。

そんなわけで、ロゴマークができました。
個人的に「うぇびんたん」という愛称で呼んでます。
非モテなんだから「たん」ぐらい使わせろ。

ちなみにこれ、中身が顔文字なので

e38186e38187e381b3e382931

移転前のウェビンブログでは「:P」、

e38186e38187e381b3e382932

はてなでのアイコンは「:)」になってます。

既存のフォントをちょっといじる

「WebbingStudio」の文字の部分は、このロゴマークに合わせて均一な太さのフォント「Zekton」を選びました。
けっこう有名なフォントです。

Zektonでそのまま「WebbingStudio」と入力するとこうなりますが、

zekton

「g」のところをぐいーんとのばして、ロゴのモニターの足部分とつなぎました。

zekton2

あとは字形や文字間隔を調整して、ロゴの出来上がりです。


こうやって文章にすると、あっという間にできたように見えますが
丸一日かかってます…orz
しかもロゴマークだけだと何なのかわからないという…orz

CIデザインは長い付き合いになるものなので、難しいですね。
お仕事としては当分無理だなあ。

CMS

WordPress、好きじゃないんだけどな

webbinblog0901

今のブログは、「Sandbox for MovableType」テンプレートセットを一部改編したものです。

Sandboxはもともと、WordPressのカスタマイズ用テーマでした。
最近の個人ブログツールのシェアは、MovableTypeから、このWordPressに大きく流れている状況です。
欧米では、既にシェアは逆転しているのですが、バージョンアップに伴って、日本でも本格的になってきたようです。

ほぼ毎日、仕事で両方を利用している私としても、

MovableType=小規模→中規模の企業向けCMS
WordPress=個人→小規模のブログ

という住み分けが最適だろうと思います。

なので、このブログももっと更新しやすくて、PHPで気軽に拡張できるWordPressに切り替えた方が良いのではないかと考えはじめていますが…

個人的に苦手なのです、WordPress。
WordPressへの不満などグダグダ書き出してみます。

内蔵の関数がひどい

HTMLタグのような書式で記述したものを内部変換させるMovableTypeに対して、WordPressはPHPのプログラム(ユーザー関数)をそのまま記述します。

例えば <?php bloginfo(‘name’) ?> というのは
「name」という引数を渡すとブログ名を返す、「bloginfo」という関数
という意味です。

PHPを勉強している人にはわかりやすい仕様なのですが、いろいろな人の手を経て何度も拡張を繰り返してきたためか、関数の仕様に一貫性がありません。

bloginfo のような、引数がほとんどないものはいいのですが、何個もの引数を要求し、しかも順番が間違ってると動作しない関数も多く、あとでテーマファイルを見ても、引数だけだとそれで何をしようとしたのか、さっぱり見通しがききません。

「&lorem=TRUE&ipsum=0」のように、必要なモディファイアだけ指定する「クエリ式」が使える関数も増えたとはいえ、このクエリ式が使える・使えない関数もまたバラバラで、新しい情報をまめにチェックしなければいけません。

文章整形フォーマットが使いにくい

WordPressの本文自動成型は、かなり融通がきかないことで有名です。
普通の文章なら問題ないのですが、改行込みのHTMLタグを書いたり、アフィリエイトバナーを貼ったりすると、大抵思うようにいきません。

最新版の2.7で向上するかと思いましたが、過去のバージョンとの互換性が足を引っ張っているからか、あんまり良くなっていません。

この辺りはプラグインの追加でも何とかなるのですが、できればデフォルトの方を何とかしてほしいものです。

2009/01/08追記:
WordPress2.7になって、自動整形機能はだいぶ改善されてきました。
正確にマークアップしたHTMLの改行タグを削除するようなふざけた挙動はなくなりましたが、コメントなどの連続ハイフン、textarea内のHTMLソースなどはやっぱり正確に表示できません。

独自タグの範囲内を成形させないRaw HTML、カスタムフィールドの内容を本文に入れ込む Content Ex等の併用が無難です。

本文と追記を別個として扱えない

MovableTypeをはじめ、HTMLを編集できるレンタルブログなどは「本文」と「追記」に対して、別個の独自タグが提供されています。
これは使い方によっては便利なもので、本文と追記に別の役割を与えることで、特殊なウェブサイトを簡単に構築することができます。

ところがWordPressは、更新を簡単にすることに重きを置いているからか、本文と追記の扱いが非常にあいまいで、また、本文だけ・追記だけを自由に切り出すことはできません。

excontentプラグインを作ったのも、そのような経緯からです。

区切りが本文中の<!–more–>だけなので、うっかりHTMLタグで囲んでしまうと、一覧ページが大変なことになるのも悩みです。

コーディングの融通が利かない

WordPressは、1つの命令文で大きな固まりのHTML群を書き出す関数が多くあります。
すぐにブログを構築したいときにはとても良いのですが、デザイン上の理由でコーディングを細かく修正しようとすると、コアファイルを参考に、追加の関数を自分で作成しなければなりません。

静的ファイルが残らない

WordPressは、アクセスするたびにページを生成するのが基本です。
サーバー内にページの実体はありません。
このため、頻繁に更新するブログほど、どんどん表示が遅くなっていきます。
(MovableTypeは再構築が遅くなるのでどっこいどっこいですが)

現時点ではWP Super Chacheプラグインがよく紹介されていますが、キャッシュ生成はWordPressのコアに関わるため、バージョンが変わると動かなくなってしまったり、サーバーとの相性が悪くて最初から動作しないということも多いようです。

安全性に難がある

初期状態でインストールすると、ユーザーIDはかならず「admin」になり、管理画面のURLはブログのルートと同じ階層になります。
これだと、推測ができないのはパスワードだけなので、セキュリティ面ではかなり危ういです。
WordPressの中の人にはもっと、この辺を啓蒙していただきたいものです。

もちろん、私はWordPress設置時は管理画面の階層、IDのどちらも変更しています。

中の人々の態度がでかい

すいませんすいません主観です。

和訳のせいかもしれないですけど、なんか偉そうじゃないですかあの人たち。

「2.7にはコルトレーンという偉大な名前を冠しましたよー」
「私たちはこーんなスバラシイツールを無償で提供してますよー」

ああなんかいやだむずむずするかゆいうま。


他にもいろいろとあるのですが、これらを勘定に入れても、PHPベースの簡単さと、オーバーライド方式のテンプレートは魅力的です。
MovableTypeの管理画面がどんどん重くなっていることや、Perlを勉強する予定がないこと、携帯対応の問題(これでかい)もあり、ウェビンブログはWordPressベースになるかもしれません。
(Sandboxテーマを入れれば、移行にもそんなにかからないしね)

需要があるのは確かだし、ある程度は妥協して、いい点をガンガン伸ばしていくしかないですね。

Life

久しぶりの更新が新年のご挨拶ってどういうことよ

2009nengajo

あけましておめでとうございます。
札幌はずいぶんと穏やかなお正月です。

昨年は公私共、
多くの方々のお世話になり無事に2008年を過ごすことができました。
今年もカスタマイズ職人、WebbingStudioを何卒宜しくお願い申し上げます。

この年賀状は、
実際に今年(というかつい昨日 汗)発送したものです。

Illustratorで4時間くらいで描いてます。
これについても、いずれ記事にするかもしれません。

…うぇびんぐにブロガーの神が降りてきたら

。・゜・ ノД`)・゜・。 スイマセーン