Life

うぇびんたん、モバイルPCを買う

20080823164032s

5年前のモデルの割に、軽くてきれいなノートを手に入れました。
メモリも650MBとなかなか。

これでやっと、打ち合わせ先でデータを見てもらったり、
北海道開発オフにちゃんと参加したりできます。

IT 関係の人は、カフェなどにモバイルPCを持ち込んで仕事や勉強をすることがあります。そういった、気軽な自学自習を勧める「もくもく会」というグループもあるそうです。
パソコンの動作テストを兼ねて、私もひとりもくもく会をしてみました。

が、

30分ちょっとでバッテリーが切れやがりました。

○| ̄|_

流石は中古ですね。
バッテリーを注文するか、電源があるところへ行かないと使えなさそうです。

そんなこんなで、かっこいいWeb屋さんの仲間入りをするのは、まだ先のことになりそうです。

でも、いつもデスクにかじりついているので、今日はいい気分転換になりました。
ちょっとずつ経験値を貯めていきましょう。

Work

制作:アイスホッケーショップ・SHOOT(WordPress2.5)

shoot

久しぶりの公開案件です (´ワ`)

北海道に四店舗を構える、アイスホッケーショップのリニューアルをしました。

アイスホッケー専門店「SHOOT」

最初にご相談をいただいてびっくりしたのが、アイスホッケー用具のカテゴリーの多さでした。

「氷上の格闘技」アイスホッケーは全身くまなく防具が必要です。ゴールキーパーはジャンルが別で、しかも買いに来るプレイヤーそれぞれに好みのブランド・モデルがあるのです。

…新しい商品をまだ追加していませんから、今の時点でカテゴリー数はまだ半分です^^;

定着しているお客様(もちろんホッケー選手です)に新しい情報を提供できるサイトを、
ブログの経験が少ない人でも更新できるようにする、
というところをいろいろ考慮することになりました。

メインの担当者さんは、ブログやWEB日記の利用経験がありません。
担当者さんはもちろんですが、北海道に四店、海外にもいるスタッフの皆さんにも、確実に伝わるような更新方法でなければいけません。
なので、今回はあえて難しいことをしないようにしました。

shootshops

けっきょく、左の写真のように

商品の情報と値段
<!– more –>
商品写真(サムネイル)
<!– more –>
商品写真(原寸)

と書いてもらって、WordPressの方でブログを表示するときに本文を三分割させる、というカスタマイズをしています。

あとで手直しが効くのが、CMSのいいところです。
サイトが落ち着いてきたら、タグや細かい商品の紹介文のスペースを追加するのもいいかもしれませんね。


自分たちでサイトを更新できる、と聞いた他のスタッフさんから、
「サイトを見に来るプレイヤーのために、ホッケーのコラムを書きたい」
と追加の相談をされました。
右メニューにある二つのブログがそれです。

書きたいことがいろいろあるらしく、今後コラムも内容が増えていくだろうと思います。
CMSは、何も書かなければサイトが空っぽのままです。
お客様の方から積極的に更新してくれるのが、いちばん嬉しいことなのです^^

SHOOTさんには今後も管理をお願いされてます。
まず、構築中にバージョンが上がってしまったWordPressのメンテをしなくちゃ…@@;

追記:
そうそう、「スティック」は横に長いからレイアウトが違うんですよ^^
こればっかりはカスタムフィールドを使ってもらうことにしました。
http://www.shoot-sports.com/category/icehockey/ice-shaftblade/shaft

Work

必要とされるには

20080703164004s

とある会社との打ち合わせ的なものに行きました。
まだあちらのスタッフとの名刺交換程度ですが、私の仕事を見て貰って請われるのは有り難いことです。

フリーランサーにとって、収入と同じくらい大事なのは「必要とされること」だと最近改めて思います。
案件を相談されたり仕事依頼されるというのは、想像以上にモチベーションがあがることなのです。

かと言って
「あの人は安く早くやってくれる」
という都合のいい形で必要とされていたら金銭的にも体力的にも持ちません。

そうならないためには、

*幅広い興味->スキル
*軽いフットワーク
*コミュニケーション能力[普段引き込もっていてもすぐ取り出せる]

の三つでしょうか。

ど、どれも辛いんですけど;;

あと、こうして仕事ブログもまめに書かないと気付いても貰えないですよね。
ここんとこペース落ちてるなあ…

充実してはいるけど、貧乏で気ぜわしい生活はまだまだ続きそうです。

CMS

絵描き・写真家ブロガーを簡単・無料で受け止める余地はないのか

西村様のお仕事を手がけているとき、ちょうどはてなブックマークでこんなホッテントリがありました。

絵描きさんね、blogに移行したはいいけど不評とかね。見た人には見づらいって言われるし、イラストサイトには向いてないとか、よく言われるんです。ホントに。しょんぼり。

rumblefish – イラストサイトにblogが向いていない理由

こう言ってはなんですが、写真やイラストにこだわりを持つ人は、Web製作者にとって最もハードルが高い存在です。
画像というデザイン性が高いが融通の利かないものと、日記や感想という融通が利くがデザイン性が薄いものの両共存を、一般の人より高いレベルで要求してくるからです。

私もFC2ブログ用にギャラリーテンプレートを作ってみたこともありますが、写真やイラストを一枚一枚、納得行くように見せようとすると、既存の「ブログ的レイアウト」を根本からブチ壊したり、ページ全体に関わるJavaScriptをからめなければなりません。

結局、安定性や更新のしやすさを重視するとMovableType・WordPressといった有料サーバーに設置するブログシステムをいじることになります。
また、写真の並べ方、見せ方、日記や感想をどう扱うかという好みも一人ひとり違うので、規格化も難しいものです。

現状では、要望に応えられるギャラリーを作るには、やっぱりお金がかかってしまうのです^^;


今のところ、この辺がいちばん充実しているのは、MovableType4から実装された「アイテム管理」機能ですね。

mtasset

独自タグ「MTAssets」を使用することで、記事で使用されている写真のみを全て抽出するのはもちろん、余分なファイルを作らず自由なサイズでサムネイル表示したり、写真に記事とは別のタグをつけて一覧を制御したりと、非常に柔軟なギャラリーサイトを生成することができます。

WordPress2.5の「メディアライブラリー」もかなり近いことができるようなのですが、流石に記事とデータベース単位で密接につながってはいないようです。
(この辺、まだWP2.5に対する日本語情報が少ないので私も勉強しなくちゃです)

ということは、MTはライセンスを取れば不特定多数へのレンタルもできるわけなのだから、どっかの企業が
絵描き・写真家向けのテンプレートばかり用意した、MovableTypeレンタルサービス
とか立ち上げたら、受け入れられるんじゃないのか?と。

でも、MTAssetsはサーバーに単独設置するMovableTypeだからこそ可能なシステムであって、不特定多数の膨大な写真とそれに関連するデータベースを無理なく扱えるサーバーとなると、なかなか大変でしょうね。資金もかかるし^^;

CMS

WordPress用本文制御プラグイン「Excontent」

Excontentは、WordPressの記事本文の出力方法を制御するプラグインです。
通常は本文・追記と追記のリンクが自動出力される記事部分を、アーカイブの種類に関係なく個別に出力します。

version1.1(2008-7-3)
ex_morelink関数に間違いがあったので修正しました。

» ダウンロードはこちら< /a>

使用した場合のスクリーンショットはこちら

導入方法

  1. 解凍したzipフォルダに入っている「excontent.php」を、WordPressの「wp-content/plugins」にアップロードします。
  2. その後管理画面にログインし、「Excontent」がプラグインリストに含まれているのを確認してください。
  3. 有効化」すると、次項の関数が使用できるようになります。

拡張される関数

基本の<?php the_content(); ?>の代用として、以下の関数を使用できます。

  • <?php the_excontent([string]display, [boolean]filters); ?>
  • <?php the_exmorelink( [string]more_link_text, [string]before, [string]after); ?>

パラメータ

the_excontent

エントリーループ内で、本文を表示します。

記述例
<?php the_excontent(‘body’, false); ?>

[string]display

(空:default)
<!– more –>の区切りを無視し、全ての記事を表示します。

‘body’
インデックス・アーカイブの区分を無視し、常に<!– more –>の区切り以前を表示します。

‘more’
インデックス・アーカイブの区分を無視し、常に<!– more –>の区切り以降を表示します。

<!– more –>がない場合は何も表示しません。

[boolean]filters

true (default)
記事編集画面での段落(Enter一回押し)を<p>要素に変換します。

false

入力した内容をそのまま表示します(改行の変換は行いません)

the_exmorelink

パーマネントリンクを表示します。シングルページでは何も表示されません。

記述例
<?php the_exmorelink(’[続きを読む]’, ’<p class="extended">’, ’</p>’); ?>

[string]more_link_text
パーマネントリンクの文章を指定します。
[string]before
パーマネントリンクの前に表示する文章を指定します。
[string]after
パーマネントリンクの後に表示する文章を指定します。

利用規定

WordPressはオープンソースのフリーウェアです。
WordPressのコアファイルに関わっているこのプラグインもオープンソース規定に基づいて頒布します。
商用利用、改変、スキンのfunction.phpへの組み込み等、ご自由にお使いください。

尚、基本的に改良の保障はいたしません。

動作確認

WordPress 2.6以降、WordPressME 2.0、WordPressME 2.2のデフォルト環境で動作を確認しています。

make a donation

このプラグインは、フリーウェアです。

でも、あなたのお役に立ちましたら、うぇびんぐさんに何かおごってください^^*