Life

デジカメを買うということ

デジカメを購入しました。フジのFINEPIX F70EXR。

ついでにflickrのアカウントも取ってみました。
http://www.flickr.com/photos/webbingstudio/

私は、写真を撮るのも撮られるのも苦手です。
これまでは、携帯でスナップを撮るくらいしかしてきませんでした。

ウェビンブログ:勉強会とデジカメと顔出しの微妙な事情

そんな私がカメラを買ったのには、お仕事やプライベートなど、いろいろ思うところがあってのことです。

デザインの勉強になる(かも)

DSCF0002

写真を撮るときは、大なり小なり、自分が観ているものを「被写体=作品対象」として意識することになります。
今まで何となく観ていた些細なものも、意識すればデザインの要素であるわけです。

デザインスキルを向上するためには「何故これを美しいと思ったか」「何故このような色/構図にすると美しくなると思ったか」を考えることが大切だと言われます。
WEBデザイナー・イラストレーターに写真好きが多いのは、単なる素材集めのためだけではないのです。

デジカメだとクリアに観られる

私は生まれつき、斜視・乱視・眼球振動があります。なので、眼鏡をかけても遠くの景色(特に夜景)は鮮明に見えません。
覗き込むタイプの銀塩カメラで、写真をうまく撮れなかったのもこのせいです。

ですが、Twitterで知り合った写真好きな人たちの作品を観ているうちに
「あれ?風景をデジカメで撮って家で見れば、綺麗に観られるんじゃね?」
「て言うか、今のデジカメはディスプレイ見ながら撮れるから、私でも失敗しないんじゃね?」
と今更気付きましたwww

意識的に「苦手」を克服する

私が写真を撮るのが苦手なのは、銀塩カメラ時代にピンボケ写真ばかり撮っては凹んできたからです。

私が写真を撮られるのが苦手なのは、自分にコンプレックスがあるからです。

うまく撮れないと思うなら、オートフォーカスのデジカメを使えばいい。

撮られるのが嫌なら、少しでもコンプレックスが減るように自分を磨けばいい。

そういう風に、自分の意識を変えていこうと思いました。
それは今年の私のテーマでもあります。

自分の記録を残す

DSCF0001

今のお仕事に就くまで、あまり自分の記録を残したいとは思えませんでした。
ですが最近は、勉強会やオフ会で沢山の人に会い、いろいろな場所へ行くようになって、少しずつ「自分が体験したことを残したい」と感じるようになっています。

文中で貼っている写真は、札幌エスタ=ビックカメラ前のブリッジから試し撮りしたものです。
札幌駅前を見渡すことができる、なかなかいいところです。
iPhoneやMacbookなどの大きな機材を買ったときや、打ち合わせ等、お仕事の節目に通ることも多く、なじみの深い場所です。

使い慣れていなくて結局ヘタレな写真になってしまいましたが…
(本当はもっとひどかったので補正しています)


年が変わってから、いろいろとこれまでしてこなかったことを試したりしています。
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」というやつで、
どれかひとつくらい、いや全部がちょっとずつ、今後の役に立ってくれるかもと期待してみる今日この頃です。

Life

李徴と虎

あけましておめでとうございます。

ちょっと前までは平成生まれも珍しく、ネットをしている人もほとんどいなかったのに、気がつけば21世紀も10年過ぎました。
そして私は春にはさんじゅうg(ry

今年の年賀状のテーマを、中島敦の短編「山月記」にすることは、半年くらい前から決めていました。
自らの臆病な自尊心を飼い太らせ、虎に変わってしまう主人公・李徴(りちょう)の独白には、フリーランスのクリエイターは皆、何か思うところがあるんじゃないでしょうか。

私は年賀状のイラストに、前の年にあったことを絡める傾向があります。
昨年の年賀状はSecondLifeをイメージしています
当初は単に、月に吠える虎の構図になるはずだったのですが、私らしいというか、ややひねりが入った一枚になってしまいました。

昨年の後半、自己管理不足やストレスなど無理がたたって、メンタルの持病がひどく悪化しました。
私の「虎」が、近しい人に噛み付いたり、Twitterのタイムラインに吠えまくりました。

虎になった李徴に再会した親友・袁さん(えんさん)の前に、李徴は姿を見せることはありません。
李徴の苦しむ訴えは、動物たちには恐ろしい吠え声にしか聞こえません。

だけど私の場合、
家族や友人(袁さん)は私の様子に戸惑いつつも見守ってくれたし、
Twitterのfollowers(動物たち)はつぶやきに耳を傾けてくれました。
お取引先(月)は私のスキルを必要として、変わらずお仕事を回してくれました。

なので私は、年賀状の虎を吠えさせませんでした。
Twitterのログに残っていた虎も、できるだけ消しました。

李徴の言う通り、虎になってしまった方がぶっちゃけ楽でした。
だけど虎はWEB制作ができません。
私はこの仕事をまだ投げ出したくはありません。

今年の年賀状は、この仕事をできる限り続けて行くという誓いと、
お世話になった皆様への感謝を込めさせていただきました。

今年も頑張ります!

Life

趣味への投資

私は今、趣味だったWEB制作をそのまま本業としていますが、お仕事とは関係のないもうひとつの趣味が、編み物です。

レース編みが趣味だった母の影響で、小学校のときからやっています。
写真の中央にある皮ケースのかぎ針セットは母から譲り受けたもので、四十年近い年季ものですがしっかり現役です。

WEB制作に出会う前は講師を目指して検定を受けていたこともあるので、雑誌やショップなどで下調べをしたあと、採寸・製図・目数段数の計算などして、全て手作りします。

…と書くとなんだかかっこよさげですが、最近は本業が不調なときにしか手が進まず、ひと冬に一着できればましな方です。
昨年はマフラーしか作れませんでした。

今作っているカーディガンはこのあと長めの襟をつけて、背中の穴にウエストを絞る紐を通せば出来上がりです。
モコモコしていますが、最終的に固めにアイロンをかければ、今風の風合いになります。

一見エコな趣味に見える編み物ですが、毛糸を買って手作りすると、同じものを店で買う場合の数倍の費用がかかります。
リサイクルショップで買ったニットをたおす手もありますが、洗い直し、くせをとって「かせ」に巻くのにこれまた数倍の手数がかかります。

そこまでして何故やるかと言われれば、「好きですから…」「気分転換になりますから…」としか言いようがありません。

仕事が趣味に限りなく近い今の私は、とても恵まれているし幸せですが、こういう「誰にも気兼ねなくできること」にも時間とお金を投資できる余裕は、持っていたいと思います。

Life

ライジングサンで短い夏休み

ライジングサンロックフェスティバルに行ってきました。
というわけで、この週末はほとんどお仕事しないで夏休み。

【終了】ライジングさんお一人様の集い

会場から一時間半のところに住んでたのに「大きな音楽のイベント」ということしか知らなかったので、はじめて体験することばかりで、二日間驚きの連続でした。

ライブで浮かれまくったり、夏の日差しに当たったり、沢山の人とキャンプしたり。
WEBのお仕事をしているとこもりがちになるので、たまには意識的に外に出ないといけないですね。

来年のために観たアーティストとか書いておこう。

一日目

一日目は慣れてなかったこともあって全然観てません。吉川晃司聴きながらキャンプで焼肉食べてました。

SPECIAL OTHERS (RED STAR FIELD)

RSR直前に「AIMS」のPVに一目惚れ。普段は陰鬱な曲調が好きなのですが、SPECIAL OTHERSは踊りだしたくなるようなメロディーが多くて、ライブも楽しかった。
早速ファーストアルバム買いました。激しいロックはあまり…という人、作業BGMが好きな人におすすめです。

スガシカオ(GREEN OASIS)

「ゴメン、喉潰しちゃってさ」といきなりのお詫び。
高音がかすれてしまって本調子ではなかったけど、MCやギターで頑張っていました。

私的にはスガさんの歌詞やハスキーボイスが好きのであまり問題なし。新曲リリース・イベント続きで無理をしたんだと思うので、早く良くなってほしいです。生スガさんカコイイ。最近の曲は聴いてないのでチェックしなくちゃ。

二日目

→Pia-no-jaC←(BOHEMIAN GARDEN)

今回のメイン目的。
RSR公式掲示板でも「今年のベストステージ」に名前が挙がっているくらい盛りあがった。行った甲斐がありました!

15分前に来たときはそんなに混んでいなかったのですが、どんどん人が集まってきて最終的には後ろのテントサイトまで人が溜まる事態に。あれでは広さが足りないですよー。
次に来るときは是非もっと大きなステージで!WESS様宜しくです!

エマーソン北村(BOHEMIAN GARDEN)

ホワワーンとしたやさしいキーボードの曲がなごみます。本人もミュージシャンにしてはとても穏やかな感じ。
同業のFES常連さんが近くでテントを張っていたので、休憩させてもらいながらまったり聴きました。観客の誰かがシャボン玉を飛ばしてたり、親子連れが芝生に座ってたり…ってこれロックフェスだよねw

その常連さんたちに
「エマーソン北村はRSRには毎回出ていて、JAGATARAっていう伝説のバンドのメンバーだったんですよ」
「私たちはRSRが正月なんです。この日が一年の節目」
「石狩に来ると、帰ってきたって思いますねー」
などFESの話をいろいろ聴いていました。

FLYING KIDS(GREEN OASIS)

今回他の人たちと話していてびっくりしたのが、デビューした頃のFLYING KIDSを知らない人ばかりだったこと。私よりひと回り年下の人たちなので、余程の音楽好きでない限り深夜帯のイカ天は観てないわけです。

うわー平成一ケタは遠くなりにけり。どうせ34歳ですよ。ふんふん。

私は「幸せであるように」「ディスカバリー」が好きなのですが、歌詞が難しいというかじっくり反芻する系なので、初見のライブではちょっとノリにくい印象でした。後半で披露した新曲がどっしり下げ系だったせいもあるかもしれません。いい曲なのにちょっと残念です。

BEGIN(SUN STAGE)

何故かBEGINが大伸ばししてくれてて、「涙そうそう」「笑顔のまんま」を聴けました。
デビュー当初の「恋しくて」「BLUE SNOW」などのブルースも好きですが、最近のユルい島歌もいいですね。
正直な話、こんなに長くスマッシュヒットが続くとは思わなかったアーティストだったりします。ベスト買おうかな。

UNICORN(SUN STAGE)

UNICORNは国民的なバンドでした。私も何曲かはソラで歌えます。
ソロになってからの奥田民生はコンビニ帰りのようなユルさをたたえてますが、たしか昔は変なことばかりしてたよなあ。

そんなUNICORNが帰ってきたSUN STAGE。観なかったら損するところでした。
私は初めの段階でもう前の方にいましたが、後半で名曲を惜しみなく投入してきたので後ろはダッシュが始まって大騒ぎだったようです。

♪ こいつはまさに だ い めいわく ♪ の大合唱ですよ。
カ…カコイイ。若い人も知ってるんですね。

反骨バリバリのロッカーじゃなくて、身近なサラリーマンをテーマにした曲は今聴いても全く古さがない。しかも自分も社会人になったので単純に笑えない。改めて凄いと思いました。

でも最後に新曲を持ってきたので、ちょっと場が冷めてしまいました。挑戦し続ける姿勢の現れだったのかもしれないですが、ファン以外の人も来るロックフェスですからねー。

忌野清志郎(SUN STAGE)

渋さの前にいきなりの忌野清志郎ビデオライブ。2005年のステージかな。「雨上がりの夜空に」で踊りまくって花火を打ち上げ、日本ロックの神様の冥福を祈りました。
私の隣にいた男性はファンだったらしく、泣いていました。好きだったんだね ノ_;)

ただ、このサプライズでフェスのタイムテーブルが崩れ、渋さが15分遅れたので文句を言っている人もいるようです。
ここ数年は、「主催も客も楽しむ」ことを押し出しているWESSと一部の音楽ファンの間で亀裂が生じていて、これもそのひとつなのかもしれません。
余裕ねえなあ、と思いますがね。同系列のアーティストを同時間帯に固めるのはやめて欲しいですが。

渋さ知らズオーケストラ(SUN STAGE)

初めて観ました。圧倒的な音圧。謎の暗黒舞踏。バナナ持って踊るサンバのお姉さん。兄弟船に乗ってそうなMCのあおり。
もうまったくわけがわからない。だけどギリギリのところでまとまっていて、ひとつの劇を見ているようで楽しい。

Youtubeでアーティストの下調べをしたんですが、出てくるのはロックフェスの映像ばかりで全容がわかりませんでした。CDを聴いただけでは魅力が伝わらないグループなんですね。
ものすごく体力を消耗したので、私には年に一回が限度ですが…(^^;

the pillows(SUN STAGE)

深夜帯はテントで肉を食べたり撤収を手伝っていたので、まとまったステージは観ていません。
ロックを聴かない私はpillowsを全く知らなかったので、ステージの端の坂になっているところに座って、朝日を待ちながらステージを観ました。

「こんな時間になにやってるの…ロックが好きだな。仲良くしようぜ」
「『この世の果てまで』付いて来れるか」
間にはさまるボーカルの短いMCがかっこ良すぎる。なるほど、これがロッカーというものか…

半分寝落ちしかけていたので覚えてない曲もあるのですが、新曲の「雨上がりに見た幻」良かったです。彼らの二十年をイメージした曲だそうで、歌詞が染みるので聴いてみてください。
アンコールも「朝」をテーマにした曲を選ぶ選曲の良さ。素晴らしいですね。

というわけで、天候に恵まれ朝日を迎えました。
思えばまとまったライブは10年近く行ってませんでしたが、一人で聴くのとは全く違うわけで、外に出る意思を持つ意味でも、ライブっていいなあと思いました。

お金もかかっちゃいますけどね…
うわー講師業も始まるぞ。明日からまた頑張らないと><

Life

顔出しNGカードを作った

kaong

明後日のCSS Niteは、このカードをつけていきます。

先日のデジイチブームと顔出しの件で、顔出しを断りたい人もすぐ分かるようにしなくちゃいけないなと思いました。
でも、「顔出しNG」を伝えるのはなかなか難しいのです。

どんよりした目で

「私…顔出し…嫌だから…」

となったら、相手も気を遣っちゃいますね。

なので

「いやーあっはっは謎キャラでいたいんですよ☆スイマセンネー」

というノリで作ってみました。

PDFデータ置いときますのでよかったらどぞ。名刺サイズにカットして使ってください。
face_ng.pdf (65.3KB)

これから旅行の準備をして(してないのかよ)、
明日から三日間、東京でおのぼりさんです。
CSS Niteでこのカードを付けているやつを見かけてもいじめないでください><