Think

Misocaのメール請求機能が最高にモヤモヤする

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋発の請求サービス「Misoca(ミソカ)」。今年から切り替えましたが、使いやすくて一年間たいへんお世話になりました。来年も引き続きお世話になる予定です。

ほんとうにいいサービスだと思うのですが、個人的に最高に気に入らないところがあり、気になって気になってしょうがなくなってきたので、自分だけなのか?と思って書いてみます。

それは「請求書のメール送信機能」です。



Misocaは、お取引先のメールアドレスを登録しておくと、管理画面からメールで請求書を送ることができます。
送信画面は上のような感じです。

個人的に気になっているのは、その文言です。

なんで自分がお金を戴くのに、件名が他人事なんだよと。
「ウェビングスタジオさんより請求書が届いています」とWebサービスに言わせるとはなんだと。

メールがHTML形式なのも、ものすごくもやもやします。

いちおう、後半に自分のメッセージを書くことはできるのですが
「Misocaに代わりに請求してもらってっから!送金よろぴくー(☝՞ਊ ՞)☝」
という雑な感じがするのです。

Misocaは郵送サービス以外は完全無料で利用させていただいてます。なので、Misocaを介していることは全然隠さなくてもいいのですが、請求者よりも優先度が高くなっているのが嫌です。


誤解のないように補足しますが、私自身はこのメールを送られても全然気にしません。私に請求されることがあっても、Misocaで送ってもらって構いません。

むしろ事務的な面で考えると、送ってもらう側は件名やMisocaのドメインでフィルタリングできるわけで、わざわざPDFで落として手書きでメールを送信していた、自分の請求の方が面倒臭いかも、と思っています。
今度からこのメールで割り切るつもりです。

私はたまに、ものすごくくだらないことが気になってしまうことがあります。逆に、他の人には常識的なことが気にならなかったりします。
なので「気になっていることはあくまで自分自身が気になっているだけであり、多くの他人は全然気にしておらず、かつ他の人に求めるべきではない」と常に考えています。

でも、月500円くらいになってもいいから、メールの文言をオリジナルに変えられたら、愛知県民として投資しちゃうな…と思ったりして、これを書いています。

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

permalink

https://webbingstudio.com/weblog/think/entry-791.html

publish