Life

暮らしにもっとMacを

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

一年半前に購入したMac miniですが、結局動作確認用にしか使ってませんでした。

SOHOは時間には縛られないけど、ひとたびOSを立ち上げれば切れ目なく仕事とお勉強です。
Adobe CS4がWindows版なので、いちいちつなぎ変えるひまなんかなかったのです。

※SecondLifeなどのネトゲに使おうとしたこともありますが、Mac miniのグラフィック処理能力が低いので撃沈しました。

製作の現場にどんどんMacOSが進出している今日この頃、これではイカンと切り替え機を買ってきました。

休憩中や情報集めのブラウジングであれば、Macでもいいわけです。
お金を出して買ったものなのだから、もうちょっと積極的に生活家電として利用していきたいところです。

でも、No Mac, No Life.な人たちはまだまだ一部の技術者だけなんですよね。

講師をはじめた専門学校の生徒たちもパソコンは全員持ってますが、Macユーザーは一人だけでした。
学校の授業端末はiMacなので、一年生の授業は
「使いづれェ!」
「Macイラネ (´Д` 」
「Windows使いたい…」
の声が続々。

スマン若者たちよ。
いちばんそう思ってるのは教えてるあたしだw

100円パソコンなども登場して、Windowsは散々叩かれながらも相変わらずのシェアを保っています。
Web屋としてWindows以外のOSに親しんでおきたいところですが、一般ユーザー=クライアントの視点も忘れないようにしなくちゃです。

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

permalink

https://webbingstudio.com/weblog/life/entry-56.html

publish