Life

ワーキングプアな白袴の紺屋

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先月後半あたりから凄く忙しくなり、週の半分徹夜という生活をしております。
一ヶ月先まで予約的な何かがびっちり入ってますし。
しかもロングスパンのお仕事ばかりで納品にならないという…^^;

このブログも、11月になったのでハロウィンから変えたいんですが
何とか休みを取った今日、できなかったら無理かもー;;

お客様に
「MovableTypeのデフォルトテーマになりそうな悪い予感がします」
とメールに書いたところ

よく、紺屋の白袴といいますから確かにそんなものかも。

とお返事が来ました。

こうやのしろばかま。

と聞くとかっこいいのですが、Webに従事する人間にとって「サイトを更新しない」というのは、その後のお仕事やスキルにも、もろに影響してしまいます。

紺屋のはかまが白くても恥ずかしいだけだし、
医者が不養生で入院しても頑張って職場復帰すればなんとかなりますが、
Webクリエイターは、自分がWeb制作で得たことを書き留めたり、サイトの見栄えを変えることを定期的に積み重ねていかないと、あっという間に置いていかれてしまうのです。

めでたさを自分のために手に入れるにはどうすればいいか。宮崎駿さんがある講演会で言っていた、同じことを言わせてもらいます。「自分が手の届く範囲のことを一生懸命やることが一番の宝だ」というのは本当だと思います。年寄りの忠告になるんですけど、それを信じてやってほしい。どういうことかというと、男の人に特に言うが、エロサイト見てる暇あったら自分の技量を磨け。

「お前らの作品は所詮コピーだ」――富野由悠季さん、プロ論を語る (4/5)

言い得て妙ではないですか。

まぁ、昨日の晩「涙がでちゃうコピペ」見て小一時間くらいうるうるしてしまったのですが。

J(´ー`)し カーチャンに親孝行しなきゃねえ…

でもたぶん仕送りの方が喜ぶ ノД`)

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

permalink

https://webbingstudio.com/weblog/life/entry-19.html

publish