CMS

さくらのVPSに「黒い画面」でWordPressをインストールする(1)

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

黒い画面(いわゆるターミナル)とサーバー管理をきちんと勉強しようと思い、さくらのVPSをお試し中です。

このサイトがとてもわかりやすくて、WordPressをインストールできる環境までは作ることができました。

Filezillaでも接続できるようになっていたのですが、せっかくなので、プログラマさんたちがするように、UNIXコマンドだけでWordPressを設置することに挑戦しました。

デザイナーにもわかるように、コマンドの説明付きで手順をまとめてみます。慣れれば、FTPでアップロードするよりずっと早いと思います。

作業環境

以下の環境を前提とした解説です。

  • MacOSで「ターミナル」を使用
  • SSH接続の設定・PHPとMySQLのインストールは作業済
  • WordPress用のデータベースは作成済

これらを解説すると長くなってしまうし、私もよくわかっていないので(すみませんすみません)、他の専用サーバーでも応用できるところだけにします。
Windowsを使っている人は、先述の解説サイトの通り、Tera Termで接続するのが楽です。

1. 接続する(MacOSのみ)

ターミナルを起動して、以下のコマンドを入力します。

$ ssh -p [設定したポート番号] [ユーザー名]@[サーバーのIPアドレス]

ssh」は、公開鍵・秘密鍵の設定をしておいたサーバーに接続するコマンドです。

「-p」はオプションで、接続するポート番号を指定します。先述の解説サイトの通りに作業していれば、ポート番号を任意で変更しているはずですから、その番号を指定します。
デフォルトは22番らしいです。

パスフレーズ(秘密鍵を作ったときのです)を聞かれるので、入力して認証に成功すると、以下のように表示が変わり、サーバーを操作できるようになります。

[[ユーザー名]@[英数字の羅列] ~]$

2. root権限に変更する

接続用のアカウントに、すべての操作ができるスーパーユーザーの権限を持たせます。
「WordPressのインストール程度でそんな作業はいらん!」とプログラマさんたちから突っ込みが入るかもしれません…

以下のコマンドを入力します。

$ su -

su」は、任意のユーザー権限に切り替えるコマンドです。

「-」を付けると、切り替え後に最初に接続したときの状態にリセットします。付けておいた方がミスを防げると思います。

本来はユーザー名も入力しますが、指定がないと自動的にスーパーユーザーに切り替えます。
さくらVPSの場合(ほとんどのサーバーがそうですが)、スーパーユーザーとは契約時に最初からあった「root」という名前のアカウントです。

パスワードを聞かれるので、今度は「rootのパスワード」を入力します。認証に成功すると、ユーザー名が「root」になり、「$」が「#」に変わります。

[root@[英数字の羅列] ~]#

3. WordPress本体をサーバーに直接転送する

WordPressを設置する、サーバーの公開ディレクトリへ移動します。

以下のコマンドを入力します。

# cd /var/www/html

cd」は、ディレクトリを移動するコマンドです。

さくらVPSのウェブサイトの公開ディレクトリは「/var/www/html」なので、そこへ移動しています。もちろん他のサービスだと、ここがサーバーごとのフルパスになります。

今、自分がどこで作業をしているのかわからなくなったときは、コマンド「pwd」を入力すると、現在のパスが出力されます。私は心配性なので何回も使いました。

pwd

ここで、一旦ブラウザを立ち上げて、WordPressの公式サイトへ移動します。

いつもだと、zip形式の大きなボタンをクリックするのですが、今回はその左の「最新の WordPress 日本語版 は(中略)よりどうぞ。」の「latest-ja.tar.gz」を右クリックして、URLをコピーします。

なお、URLは「http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz」で、常に同じです。なのでこのURLを知っていれば、コピーする必要すらありません。



ふたたびターミナルに切り替え、以下のコマンドを入力します。

# wget [コピーしたURL]

wget」は、任意のURLのファイルを、作業中のディレクトリにダウンロードするコマンドです。

つまり、我々デザイナーはzipファイルを一旦ローカルにダウンロードしてから、FTPソフトでアップロード…ということをしているわけですが、プログラマはほとんどの場合サーバー内に直接ファイルを「ッターン!」と転送しているのです。

「-r」オプションを付けてドメインを指定すると、サイト内で公開されているファイルをすべてダウンロードしたりできるらしいです。なにそれ怖い!

4. ディレクトリの状態を確認する

ここで、ちゃんとファイルを取得できたか確認します。

以下のコマンドを入力します。

# ls -al

ls」は、作業中のディレクトリの内容をリストアップするコマンドです。

「-al」はオプションで、隠しファイルも含めたすべての情報を表示します。FTPソフトで見ているような感じになります。

「latest-ja.tar.gz」がリスト内にあれば、転送に成功しています。


長くなってきたので、後編に続きます。

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加

permalink

https://webbingstudio.com/weblog/cms/entry-635.html

publish