CMS

国内CMS7種のナビゲーション機能を比較してみた・2016年歳末版


これまでのコーポレートサイトのCMS構築において、ナビゲーション機能は重要度が高くありませんでした。公開後に変更されることが少ないので、HTML直書きでも充分だったのです。

しかし、コンテンツマーケティングの考え方が普及し、サイト公開後もナビゲーションの導線変更を検討するケースが増えてきました。
現時点の、日本国内の主要CMS6ブランド・7種類の「ナビゲーション機能」について改めて見直してみました。

2016-12-30追記

ユーザーの皆さんから情報をいただき、下記を修正しました。
不備が多く申し訳ありません…m(__)m

  • Movable Type: Object Treeプラグインの情報を追加
  • a-blog cms: ナビゲーションのカスタマイズについて追記
  • concrete5: フラットビュー、ページ検索機能について追記
  • baserCMS 4: ブログ・フォームを複数追加について追記
  • Drupal: 「リンクの一覧」画面について追記

この記事には続きがあります

Study

CMSMix Sapporoで、ふたたびCMSディレクション全般について話しました


2016年2月27日に札幌市で開催されたCMSの合同イベント「CMSMix Sapporo」で、基調講演をさせていただきました。

CMSMix Sapporo 〜Web制作の幅が広がる!プロジェクトの傾向から考える、2つ目・3つ目のCMS選び〜 | Peatix


ジャクスタポジション西山さん

昨年秋の、名古屋のセミナーイベント「WCAN」での私のセッションに、札幌のMovable Typeのパワーユーザー、西山さんが興味を持ってくださいました。

WCAN2015 Autumnで、CMSディレクション全般について話しました | CMS | ウェビンブログ

これがきっかけで、a-blog cmsconcrete5DrupalMovable TypeWordPressのパワーユーザーが集まる、貴重なイベントが実現しました。ありがとうございます。

この記事には続きがあります

CMS

CMSにおける「それ、○○でよくね?」論について


新年早々、WordPressの「Page Builder」プラグインの丁寧な紹介記事が話題です。

直感操作でページ作成!WordPressプラグイン ページビルダー(Page Builder)

かつては一部のCMSの専売特許だった「ドラッグ・ドロップで記事をレイアウトできる」機能を実装できるプラグインがずいぶん増えてきました。
投稿機能のUIで遅れをとっていたMovable Typeにも登場し、こちらも人気急上昇のプラグインとなっています。

LayoutBlockプラグインβ1(その1・概要とインストール) - The blog of H.Fujimoto

このような「本来のCMSコアにはない編集画面を擬似的に追加するプラグイン」の紹介が出ると、必ず出てくるツッコミが
それ(他のCMSの名前)でよくね?
です。

この記事には続きがあります

CMS

WCAN2015 Autumnで、CMSディレクション全般について話しました


先週末、2015年9月15日に開催された「WCAN 2015 Autumn」の2コマ目で、CMSディレクション全般についてお話をしてきました。

「CMSは2つ以上使えるようになろう」「案件ごとに適したCMSを選定するコツを身につけよう」という、ひじょうに難しいテーマにもかかわらず、多くの方にお越しいただきました。ありがとうございます。

  • セッション直前に鞄からマウスを出そうとして、ひっかけて壊す
  • 時間が足りなくなり後半、異常に早回しになる
  • Concrete5のKatzさんに「他言語サイトについて話されていたときの資料」について聞き、おすすめを教えてもらったにもかかわらず、間違えて紹介する

といった、まあ…うぇびんさんらしい失敗ばかりでしたが、こうして終了報告を書いております。


5分前にこうなって絶望した(´Д`;)

この記事には続きがあります

Work

日本のCMSの情報サイト「CMSスキルストア」をオープンしました


日本で使われているCMSの情報サイト「CM3S」をオープンしました。

CMSスキルストア CM3S - 日本のCMSの技術情報

Twitter・Facebookページもぜひフォロー・いいね!をお願いいたしますm(__)m

https://twitter.com/cmsskill
https://www.facebook.com/cmsskill

サイト名について


「CMSスキルストア」というサイト名は、ドメイン名から決めました。「CMS+技術」というキーワードで探したところ、短くてすぐに取れるセカンドレベルドメインが「cms-skill」だったのです。
英語に詳しい方は気付いたかもしれませんが、「cms kill」に誤読しそうです。だから空いていたのかもしれません。日本のサイトであれば、サイト名をカタカナ表記にすればあまり問題ないかなと思っています。

「store」は一般に、種類がひじょうに多い店舗のことを指します。ストレージの意味もあります。今後有料コンテンツの販売も予定しているので「ストア」をつけて「CM3S」としました。

余談ですが、ロゴの各文字色は、Movable Type・WordPress・a-blog cmsのキーカラーになっています。

この記事には続きがあります