CMS

CMSの構築を考慮したコーディングとかクラスの命名規則の話


先日、CSSフレームワークについて記事を書いてから、今後のコーディング設計について具体的に考えています。

【Webdesign】Atomic Designの思想で、文系でもわかるCSSフレームワークを作りたい | ウェビンブログ

というより、再利用性のある業務用テーマの制作をいくつか依頼されており、いずれにしても着手しなければならないのです。

私の主業務が、CMS(それも特定のブランドによらない)を組み込んだサイトの制作であることを前提に、自分はどう設計していったらよいか、考えていることを書いておきます。

この記事には続きがあります

Work

a-blog cms用テーマ「echo_zero」と、日本のCMSテーマの一年間


a-blog cms用テーマ「echo_zero」を正式にリリースいたしました。
非商用・検証目的であれば自由にご利用いただけます。商用の際はライセンスをご購入いただけると嬉しいです。

echoのポータルサイトもリニューアルして、ようやく他のechoシリーズにも着手できそうです。

さて、a-blog cms版のechoを作る!と言ってからリリースまで一年もかかりました。なぜそんなにかかったのかという話を、主要CMSの日本製テーマの事情なども交えて振り返りたいと思います。

この記事には続きがあります

CMS

国内CMS7種のナビゲーション機能を比較してみた・2016年歳末版


これまでのコーポレートサイトのCMS構築において、ナビゲーション機能は重要度が高くありませんでした。公開後に変更されることが少ないので、HTML直書きでも充分だったのです。

しかし、コンテンツマーケティングの考え方が普及し、サイト公開後もナビゲーションの導線変更を検討するケースが増えてきました。
現時点の、日本国内の主要CMS6ブランド・7種類の「ナビゲーション機能」について改めて見直してみました。

2016-12-30追記

ユーザーの皆さんから情報をいただき、下記を修正しました。
不備が多く申し訳ありません…m(__)m

  • Movable Type: Object Treeプラグインの情報を追加
  • a-blog cms: ナビゲーションのカスタマイズについて追記
  • concrete5: フラットビュー、ページ検索機能について追記
  • baserCMS 4: ブログ・フォームを複数追加について追記
  • Drupal: 「リンクの一覧」画面について追記

この記事には続きがあります

Study

CMSMix Sapporoで、ふたたびCMSディレクション全般について話しました


2016年2月27日に札幌市で開催されたCMSの合同イベント「CMSMix Sapporo」で、基調講演をさせていただきました。

CMSMix Sapporo 〜Web制作の幅が広がる!プロジェクトの傾向から考える、2つ目・3つ目のCMS選び〜 | Peatix


ジャクスタポジション西山さん

昨年秋の、名古屋のセミナーイベント「WCAN」での私のセッションに、札幌のMovable Typeのパワーユーザー、西山さんが興味を持ってくださいました。

WCAN2015 Autumnで、CMSディレクション全般について話しました | CMS | ウェビンブログ

これがきっかけで、a-blog cmsconcrete5DrupalMovable TypeWordPressのパワーユーザーが集まる、貴重なイベントが実現しました。ありがとうございます。

この記事には続きがあります

CMS

CMSにおける「それ、○○でよくね?」論について


新年早々、WordPressの「Page Builder」プラグインの丁寧な紹介記事が話題です。

直感操作でページ作成!WordPressプラグイン ページビルダー(Page Builder)

かつては一部のCMSの専売特許だった「ドラッグ・ドロップで記事をレイアウトできる」機能を実装できるプラグインがずいぶん増えてきました。
投稿機能のUIで遅れをとっていたMovable Typeにも登場し、こちらも人気急上昇のプラグインとなっています。

LayoutBlockプラグインβ1(その1・概要とインストール) - The blog of H.Fujimoto

このような「本来のCMSコアにはない編集画面を擬似的に追加するプラグイン」の紹介が出ると、必ず出てくるツッコミが
それ(他のCMSの名前)でよくね?
です。

この記事には続きがあります