Life

ちゃんとしたWindowsマシンを自作しよう2017 (1)計画・予算編

MBP 2009にSSDを換装している。Windows8.1はガクガク、ゲームはMinecraftかFactorioしかできない

ハイスペックのWindowsマシンを「自作」しよう。

と、2週間くらい前に突然思い立ちました。

せっかくいろいろ調べているので、2017年3月時点の初心者向け自作PC情報として、ブログで報告していきたいと思います。

  1. 計画・予算編
  2. 札幌のお店編
  3. 購入編
  4. 組立・まとめ編

この記事には続きがあります

CMS

CMS使うなら必読!「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」の見どころガイド

a-blog cms関連書籍 出版記念セール
明後日までにライセンスを2個買うと本がもらえます :D

執筆をお手伝いした、a-blog cms初の専門書「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング 」がいよいよ発売となりました。
私は2章の導入と初期設定、査読を担当しました。


企画がはじまったのは一年ほど前ですが、その間に「簡単セットアップ(インストーラー)」が完成し、大幅に導入のハードルが下がりました。この手の書籍で最も大切な「運用」が充実したのを、執筆した立場からしみじみ喜んでいます。
すばらしい企画に参加させていただき、改めて益子さんとアップルップルの皆さんにお礼を申し上げます。

この本はCMSの書籍としては珍しく、システム名が小さく書かれています。「a-blog cmsの使い方」だけでなく「これからのWebサイト運用において、CMSで何ができるのか」に重きが置かれています。
「自分は(WordPress|Movable Type|baserCMS|concrete5|Drupal)だし」と思っている人ほど読んでください。

a-blog cmsは高機能です。また、本を読むといってもなかなか時間的に難しい人もいるでしょう。
もちろん全部読んでほしいですが。全部読んでほしいですが。(大事なことなので二回言いました)本書の見どころを、ピックアップしてご紹介します。

この記事には続きがあります

CMS

祝好調。「一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本」はベテランにも必携の書

プライム・ストラテジーの相原さんと大曲さんから、「一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本」を送っていただきました。

ベストセラー「WordPressの教科書 」で知られるプライムさん。かつ、いつもセミナーなどでお世話になっている大曲さんの本なので、内容は疑うべくもないです。じっくり読みました。


さっそく実践で役に立ったものの、なかなか書評を書けていなかったのですが、風の噂では今回も好調な売れ行きのようです。購入を迷っている人の背中を全力で押してみたいと思います。

おぉ、6月30日発売の「実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング」もよろしくお願いしますね!

この記事には続きがあります

Webdesign

「たった2日で楽しく身につく HTML/CSS入門教室」を読みました

札幌の高橋朋代さん(コモモ)と、森智佳子さん(モリコ)の著書、「たった2日で楽しく身につく HTML/CSS入門教室」を読みました。

私は初心者でも指導者でもないのですが、前作「作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書 」がベストセラーとなっている二人の新刊ということと、最近ちょっとWeb制作に疲れていて、原点に返ってみようという気持ちがあって読んでみました。

この記事には続きがあります

Others

話題の「沈黙のWebマーケティング」がすばらしいと思った、私なりの理由

話題の「沈黙のWebマーケティング」を読了しました。

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

私は漫画も含め、本を滅多に読みません。じっと座って重い本を読み続けること自体が苦手ですし、言葉の前後がどうだったかわからなくなって何度も読み返したりするので、まるで進まないのです。
Webでさまざまな情報を集め、推敲して答えを出す方が向いているので、技術書を買うこともほとんどありません。

技術書を全ページ読むことができたのは、共著として関わった「Facebookマーケティング プロフェッショナルガイド」以来です。それでも二週間かかりましたが。


この人、お客様のPC何個か壊してるよね

「文字が少ないからでしょ?」と言われそうです。確かにそれもあります。メインとなっているハードボイルドコメディは、実に王道でバカバカしくて面白かったです。
ですが、そこではないところで、この本はすばらしいと思いました。感想としてまとめてみます。

この記事には続きがあります