CMS

Drupal8について、Movable TypeやWordPressを使っている人が知っておいた方が良いこと


Drupal8がすっかり標準になりましたが、私はなかなか実践レベルになりません。ちゃんとサイトを作らなければ身につかないと、Drupalで趣味の素材配布サイトを立ち上げてみることにしました。

私のCMSの構築は、2005年頃にブームだった素材サイトからはじまりました。素材は、AI・PNG・壁紙などの属性が異なるファイルを、複数のタクソノミーで検索させる必要があり、自動化しようとすると奥が深いコンテンツです。


echo_zeroのフレームワークは今回も役に立ちました

投稿タイプ・フィールド・タクソノミー・Views・サブテーマまで勉強して、見た目はともかくきちんと機能する素材サイトがだいぶできてきました。

ここまでの段階で、MTやWordPressなどのブログベースのCMSで制作をしている人が、Drupal8を学習する前に知っておかないと苦労すること・損をすることがいくつかあると感じたのでメモしておきます。

この記事には続きがあります