Think

メルカリを二ヶ月使った感想。「即購入禁止」文化はシステムが作っている


フリマアプリ「メルカリ」のローカルルール「即購入禁止」が話題になっていますね。

たまたま、家財整理で二ヶ月ほどメルカリを利用していましたが、メルカリにこの文化が生まれた背景は、システムの問題が大きいように思っています。
Facebookでもちらっと書いたことなんですが、主に「ヤフオク」と比較して、もう少し詳しく書きます。アプリやWebサービスを開発している人の参考になるかもしれません。

この記事には続きがあります

Think

Misocaのメール請求機能が最高にモヤモヤする

名古屋発の請求サービス「Misoca(ミソカ)」。今年から切り替えましたが、使いやすくて一年間たいへんお世話になりました。来年も引き続きお世話になる予定です。

ほんとうにいいサービスだと思うのですが、個人的に最高に気に入らないところがあり、気になって気になってしょうがなくなってきたので、自分だけなのか?と思って書いてみます。

それは「請求書のメール送信機能」です。

この記事には続きがあります

Work

Rhythmoonでメールのコラムを連載しています


運営にも関わっている、女性フリーランサーの情報サイト「Rhythmoon(リズムーン)」で、非ITの人向けの、メールマナーと活用術のコラムを連載中です。

月二回(新月と満月)のペースで、昨日で6回目になります。
ゆるゆるな手描きイラストも、毎回描いてたりします。

おかげで最近は夜空の月を見るのが怖いですwww締め切りがwww

この記事には続きがあります

Internet

Facebook。はじめるか判断する基準と細かすぎるポイント

Facebook創業者をモデルにした映画「ソーシャル・ネットワーク」を観てきました。

私も一ヶ月くらい前からFacebookをはじめているので、映画の感想はあっちのノートにアップしました。

Facebookのアカウントがあれば見られますので興味があればどうぞ。

うぇびんのFacebook

友達登録は、会ったことがある人・札幌のFacebookユーザーに限定していますが、該当する方はお気軽に申請ください。

mixiが全く続かなかった私が、どういうわけかFacebookは割と気に入っています。
単に青系が好きで、スイーツ感がないからかもしれないですが。

今回の話は、一ヶ月くらい利用して考えた
Facebookをはじめるかを「判断する基準」と「細かすぎるポイント」についてです。

この記事には続きがあります

Others

foursquareを楽しむための3つのポイント

現在地共有ゲーム?の「foursquare」をはじめてます。

foursquareのはじめ方については、こちらの記事が詳しいです。
5分でわかる foursquare の始め方 | WWW WATCH

何日か利用してみて、このサービスをずっと楽しむためのポイントがわかってきたので、これから参入する人たち、プライバシーが心配で迷い中の人たちのためにまとめてみます。

1.遠くの有名人より、近くの一般人

初期登録すると、Twitterかfacebookのfollower / friendsで既にfoursquareをはじめている人たちに、リクエストを送ることができます。
とりあえず、Twitterのfollowerの皆さんにひと通りリクを送ってみたのですが、何日か経ってひとつ失敗したなあと気付きました。

私はTwitterでは、東京を中心に、本州在住のWEBクリエイターをたくさんfollowしています。
彼らのつぶやきはとても勉強になるからです。
でも、彼らがチェックインしている場所にいくことはまずないので、foursquareでは彼らの行動は参考にならないし、あんまり面白みがないのです。
(ドワンゴなどの著名企業が出るとおおっと思いますがw)

むしろ、同じ札幌に住んでいる、WEB屋でない普通の人たち(Twitterであれば道民部など)を集めた方が、ずっとfoursquareを楽しめるわけです。

2.ShoutとTipsは違う

見落としがちですが、チェックインするときにTwitter等に流す「Shout」は一時的なもので、foursquareで共有される情報とは別です。
(スナップショットはiPhoneアプリの画面です)

そこのポイントに関する情報を恒久的に残したい場合は、上部のタブにある「Tips」で登録します。

なので、TwitterにShoutでpostしつつ、foursquareにも情報を残したい場合はShoutの文言をコピーして、Tipsにペーストするということをしなければいけません。
ただし、後で自宅のPCから追加することもできるし、まだ行ったことがないポイントにTipsを投稿することもできます。

意外とこれに気付いてない人が多いらしく、今のところあまりTipsを投稿している人はいないみたいです。
今後、foursquareが日本で定着するには、海外のように生のクチコミ情報を共有したり、クーポン発行などのショップとの提携が必要なわけで、もっとMAYOR争い以外の楽しみ方が広まればと思います。

3.チェックインするのはチェックアウトするとき

foursquareをはじめるときに、プライバシー面でいちばん心配なのが
「現在地をチェックインしたことで、自分の足取りをつかまれてしまう」
というところです。

完璧ではないですが、私は簡単な予防法を実行してます。
「そこに来たとき」ではなく、「そこを離れるとき」にチェックイン。
foursquareで重要なのは「何回チェックインしたか」であって、「何時にチェックインしたか」というのはけっこうどうでもいいのです。

MAYOR争いの楽しみは無くなってしまいますが、変質者被害などが心配な女の子たちは、チェックイン数が多い街中のポイントを、広く浅くチェックインしていくようにしていけば、安心して楽しめると思います。

くれぐれも、自宅でチェックインしてしまわないようご注意を。
(すぐ消すことはできますが)
iPhoneアプリは、うっかりタップしない位置にアイコンを置いておいた方がいいです。
iPhoneへのパスコードロックも忘れずに。


そんなわけで、つらつらとfoursquareの楽しみ方を書いてみましたが、同地域の知り合いが少なかったり、都市圏に住んでいないとなかなか楽しさを見出すのが難しいサービスだなあ、というのが実感です。
地方都市に住んでる人たちは、気心の知れた友達に声をかけて、ゲーム感覚で一斉に始めてみるのがいいかもしれないですね。