CMS

Movable TypeにCSV形式でインポートができる「CSVDataImExporter」プラグインの使い方


こちらは、Movable Type Advent Calendar 2016の17日目のエントリーです。
なんと4日前に書いてます!うぇびんさんらしくないですね!

今年は、Movable TypeでCSV形式のエクスポート・インポートが可能になるプラグイン「CSVDataImExporter」の使い方を解説します。

はじめに・ライセンス体系について

このプラグインは基本有償です。試用版は15日間すべての機能を利用できますが、それ以降はインポート可能なデータの範囲とサイトの目的で、ライセンス料金が変わります。詳しくはリンク先を参照ください。

CSVDataImExporterプラグイン: 小粋空間

画像カスタムフィールドを含む場合は、最上位の「④ブログ記事 + ウェブページ + カスタムフィールド + カスタムフィールドアイテムアップロード対応版」をお勧めします。この記事でも、④での導入経験を前提に解説していきます。

この記事には続きがあります

CMS

CMSにおける「それ、○○でよくね?」論について


新年早々、WordPressの「Page Builder」プラグインの丁寧な紹介記事が話題です。

直感操作でページ作成!WordPressプラグイン ページビルダー(Page Builder)

かつては一部のCMSの専売特許だった「ドラッグ・ドロップで記事をレイアウトできる」機能を実装できるプラグインがずいぶん増えてきました。
投稿機能のUIで遅れをとっていたMovable Typeにも登場し、こちらも人気急上昇のプラグインとなっています。

LayoutBlockプラグインβ1(その1・概要とインストール) - The blog of H.Fujimoto

このような「本来のCMSコアにはない編集画面を擬似的に追加するプラグイン」の紹介が出ると、必ず出てくるツッコミが
それ(他のCMSの名前)でよくね?
です。

この記事には続きがあります

CMS

細かくて伝わらない最近のMovableTypeプラグイン3選

これは、Movable Type Advent Calendar 2014の15日目の記事です。

Data APIが利用できるようになったからか、最近は新しいMovableTypeプラグインが増えてきました。
私は大きな機能を追加するものよりも、ちょっとした不満を解消する「細かくて伝わらない」系のプラグインが好きだったりします。
実際に検証したものをいくつかご紹介します。

この記事には続きがあります

Study

WordFes Nagoya 2014に参加した

8月30日に名古屋工業大学で開催された、「WordFes Nagoya 2014」に参加してきました。
WordPress関連のイベントは愛知に移ってからは、はじめてです。

WordPressの名古屋コミュニティはとても大きく、積極的に活動してます。

毎年夏になると大きなイベントを開き、夜は空港近くの新舞子の宿で一晩中テーマをいじり、おかしを食べ、枕を投げます。
a-blog cmsといい、愛知県民はお泊まり会が大好きなようです。


セッションもさまざまなものがありましたが、今回はセミナー形式のコマはひとつも見ず、グループワークとアンカンファレンスに参加という、いつもと違う形でのレポートになります。

ちなみにこの記事は、東京・秋葉原のコワーキングスペース「CSS Space(ちゃんと仕事するスペース)」で書いてます。

この記事には続きがあります

Study

「a-blog cmsの日 in 札幌」を開催します


全国で予定されている「a-blog cmsの日」を、4月20日(土)に、札幌でも開催することになりました。

アップルップル山本さん(@kazumich)がCSS Nite in SAPPORO, Vol.9にあわせて来札することになり、その前日の開催となります。

この記事には続きがあります