CMS

Drupal8について、Movable TypeやWordPressを使っている人が知っておいた方が良いこと


Drupal8がすっかり標準になりましたが、私はなかなか実践レベルになりません。ちゃんとサイトを作らなければ身につかないと、Drupalで趣味の素材配布サイトを立ち上げてみることにしました。

私のCMSの構築は、2005年頃にブームだった素材サイトからはじまりました。素材は、AI・PNG・壁紙などの属性が異なるファイルを、複数のタクソノミーで検索させる必要があり、自動化しようとすると奥が深いコンテンツです。


echo_zeroのフレームワークは今回も役に立ちました

投稿タイプ・フィールド・タクソノミー・Views・サブテーマまで勉強して、見た目はともかくきちんと機能する素材サイトがだいぶできてきました。

ここまでの段階で、MTやWordPressなどのブログベースのCMSで制作をしている人が、Drupal8を学習する前に知っておかないと苦労すること・損をすることがいくつかあると感じたのでメモしておきます。

この記事には続きがあります

CMS

【解決済】a-blog cms バージョン2.7.0と「echo_zero」の不具合について


a-blog cmsの新バージョン、2.7.0がリリースされました。

バージョン2.7.0の変更点一覧

PHP7対応、現在地から近い順にエントリーを表示するモジュールの追加、インポート機能の強化などが大きな変更点です。

これに伴い、ウェビングスタジオが公開中のテーマ「echo_zero」について、バージョン2.7で以下の不具合が発生しております。

1)メンテナンスモードからインポートすると500エラー

【追記】この具合はバージョン2.7.2で修正されました。

私が確認した環境では、500エラーが出るのみでインポート自体には成功しているようすですが、echo_zeroの業務利用を検討されている方はバージョンアップの保留をお勧めいたします。
公式以外のすべてのテーマで発生する可能性がありますが、開発元からの続報を待ちたいところです。

2)トップページのMETAタグがおかしくなる

【追記】その後再現していません。バージョンアップ直後にキャッシュのクリアをお試しください。

titleとdescriptionにIFブロックのコードがそのまま入ってしまうことがあります。キャッシュファイルの仕様変更によるものと思われます。
ブログ設定の「SEOの設定」を一旦更新すると直ります。もしもそれでも直らないようでしたら、テーマ修正を検討しますのでお知らせください。

echo_zeroをご利用中の方はたいへんお手数をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。

CMS

a-blog cms版「echo_zero」のバージョン1.1.3リリース・不具合を修正しました


a-blog cms用テーマ「echo_zero」の、バージョン1.1.3をリリースしました。

https://github.com/webbingstudio/acms_theme_echo_zero

以下の大きめの不具合を発見し、修正しております。申し訳ありません。

・「ブログ設定」のGoogle Analyticsの内容が、公開ページに反映されない ・ユニットグループの段組解除を行なうと、以降の画像ユニットを左右配置したときに余白がなくなる

すでにご利用中の方は、お手数ですがGitHubで差分をご確認の上、更新をお願いいたします。

また、今回のバージョンから本文中の「見出し中(h3要素)」が中央寄せから左寄せに変更となっています。
(私がカスタマイズガイドを書いていて、本文見出しが中央寄せだと激しく不便だということに気付いたためです) すでにカスタマイズを行なっている方はご注意ください。

今後とも、echoプロジェクトを宜しくお願いいたします。

Work

a-blog cms用テーマ「echo_zero」と、日本のCMSテーマの一年間


a-blog cms用テーマ「echo_zero」を正式にリリースいたしました。
非商用・検証目的であれば自由にご利用いただけます。商用の際はライセンスをご購入いただけると嬉しいです。

echoのポータルサイトもリニューアルして、ようやく他のechoシリーズにも着手できそうです。

さて、a-blog cms版のechoを作る!と言ってからリリースまで一年もかかりました。なぜそんなにかかったのかという話を、主要CMSの日本製テーマの事情なども交えて振り返りたいと思います。

この記事には続きがあります

Work

Movable Type用テーマ「echo Bootstrap」のリポジトリを公開しました


メリークリスマス。
リリースから1年が経過した、Web制作者向けに制作したMovable Type用テーマ「echo Bootstrap」のリポジトリをGitHubに公開しました。

https://github.com/webbingstudio/mt_theme_echo_bootstrap

今後は非商用・検証・学習目的であれば無償でご利用いただけます。商用利用を検討された際は、ライセンス(10,800円)を購入ください。

http://store.cms-skill.com/items/2463730

a-blog cmsでも新しいテーマを制作していますし、来年以降いろいろと有料のCMS素材をリリースしていきますが、基本はMovable Typeコミュニティで多く採用されている、商用ライセンス方式で統一する予定です。

この記事には続きがあります