Internet

レンタルサーバー各社対応、ファイル転送を「FTP」から「SFTP」に切り替える手順

2015年9月29日以前から「CPIシェアードプランACE01」を利用している場合、SFTP機能は2016年2月3日(水)から利用可能になります。



情報の漏えいなど、セキュリティ対策が強く叫ばれる昨今ですが、Web製作の現場においては未だに「FTP」によるファイル転送が主流となっています。

クライアントさんへサーバー情報をお願いすると、FTP情報が送られてくることもよくあります。

最近のレンタルサーバーはほぼすべて、FTPより安全な「SFTP」を簡単に利用できるようになりました。「SFTP」の基礎知識や、あまりプログラミングに詳しくない方でもできる導入方法を解説します。

この記事には続きがあります

Work

a-blog cmsの最新版を完全自動でインストールできるパッケージを試した


a-blog cmsは、初期インストールが最大の難関となっています。ドキュメントが充実してきましたが、説明を見ただけで挫折する人も多いようです。
そんな中、開発元のアップルップル山本さんが「サーバー設定も含めた、すべてのインストールを自動化するプログラム」のリリースをはじめました。

Mac に a-blog cms を誰でもインストールできるようにするプログラムを書いてみた | kazumich.log

現在、以下のサーバー環境に対応したパッケージを配布しています。

  • MAMP
  • Windows XAMPP
  • CPIレンタルサーバー ACE01
  • さくらのレンタルサーバー
  • ロリポップ & ヘテムル
  • Zenlogic
  • XSERVER
  • 2.5.x -> 2.6 へのアップデート

この記事には続きがあります

CMS

a-blog cmsをCPIシェアードプランACE01へ移転する手順


年末年始はサーバーメンテナンスにもってこいの時期ですね。
このサイトに続き、CMSスキルストアもCPIへ移転しました。

a-blog cmsは、初期インストールの難易度が高いCMSです。サーバー移転も例外ではありませんが、CPIの「シェアードプランACE01」については専用パッケージがあり、比較的トラブルなくインストールできます。

CPIへの移転の手順を、ドメイン申請から解説していきます。

この記事には続きがあります

2015年9月以降に契約したCPI共有サーバーで、PHPを利用する場合の注意


先日、CPI共有サーバーの新規契約をしたところ、いつの間にか仕様が変更になっていたので共有します。

「CPIサーバー シェアードプランACE01」は、9月29日契約分から、新バージョンのサーバーに格納されます。
大まかな情報はこちらで公開されています。

http://www.cpi.ad.jp/shared/ace2015/

で、PHPベースのCMSに関わる、上記のページに書かれていない重要な変更が二点あります。

この記事には続きがあります

CMS

a-blog cmsで、公式に共有SSLを利用する方法

サイト内のフォームが暗号化通信に対応していることが、重要視されるようになってきました。
a-blog cmsは、多くのレンタルサーバーで無料で利用できる「共有SSL(共用SSL)」に公式に対応しています。

「公式に対応している」というのは、業務でCSSを扱ううえでは、けっこう重要なことです。開発元が想定していない改造はフォームの本来の機能を損なうことになりますし、バージョンアップ後の不具合も回避できます。

デフォルトでは利用できないので、導入手順について解説します。

この記事には続きがあります