Study

第20回北海道開発オフ:ゲームの共同開発をしてみる

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

北海道開発オフが丸三年、20回目を迎えました。

DevDo::北海道開発オフ

メンバーの皆さんおめでとうございます。
これまで参加した皆さんありがとうございます。

20回記念ということで、今回は少し趣向を変えて、同じアプリケーションを違うプログラミング言語で作成する「共同開発」を行いました。

参加者同士でやってみたいことを相談した結果

  1. 一定ターンまで選択肢でを能力上昇させる「育てゲー」の設計
  2. Ruby on RailsチームとPython+Google App Engineチームでそれぞれ作る

となりました。

私はフレームワークを扱えないので、どうしようか…と思っていたところ、
参加者のわたなべさんから

「じゃあ、うぇびんさんは仕様に添ってゲーム画面作ってください。
 HTML5とCANVASで。

という素晴らしい無茶振りをいただきました。

こ、ここは期待されててなくても応えるべきよね!
うぇびんたん頑張ったよ!

成果発表(ゲーム画面)

ドラクエやWIZ風のUIにしてみましたが、CSS3のプロパティを駆使すればファイナルファンタジー風に変更することも可能です。
HTML5なので閲覧にはChromeかSafariを推薦します。

HTML5、CANVAS、プログラミングの勉強の素材にしてみたい方は自由にソースコードをご利用ください。
私もこれを使って、PHPでゲームを作ったらいい勉強になるかなと考えています。パラメーターなどの要素をTwitterのAPIと連携させても面白いかもしれませんね。

※「おむこ」というのはRuby on Railsチームのプロジェクト名です。

成果発表(開発側)

Python+GAEチームは、基本動作まで形になりました。

Ruby on Railsチームは、コマンドラインでのキャラ生成まで。
詳しくはsmokeymonkeyさんの記事をご覧ください。

[-*煙猴*-]: 第20回北海道開発オフに参加した


次回からは、また普通のユルユル独習会になります。

開発オフという勉強の場があったおかげか、独習かCMSのカスタマイズでしかプログラミングを扱う機会がない私が、お仕事でPHP+MySQLの簡単なアプリケーションを作れるまでになりました。

これからも初心者が勉強会に参加できる気軽な窓口として、各種言語の技術者が交流できるハブとして、活動のお手伝いができればいいなと思います。

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

permalink

http://webbingstudio.com/weblog/study/entry-164.html

publish