Internet

町工場と音楽のコラボ企画「INDUSTRIAL JP」で楽曲を購入する方法と、Web制作者が気付かされること

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

町工場の音と作業中の映像をリミックスして音楽作品を作る、「INDUSTRIAL JP」というプロジェクトがじわじわ話題になっています。

INDUSTRIAL JP / 工場音楽レーベル

これがまた、作業音楽にはもってこいです。YouTubeのPVが時間泥棒です。吸い込まれます。

気に入ったので購入しようとしたのですが、購入方法がわかりにくいのです(ほとんどは音楽販売サービスのせいなのですが…)。調べている時間が取れなかったのでずいぶんかかってしまいました。

後半は私の仕事がらみの話にもなりますが、音楽やパソコンに詳しくない人のために手順をご紹介します。

それぞれの楽曲をカートに入れる



「INDUSTRIAL JP」のレーベルは、それぞれ別個に活動しているアーティストの集まりです。なので、購入もアルバム単位ではなく曲ごとになります。

以下の手順で、いちばん早くカートに入れていけます。もちろん途中でブラウザは終了しないでください。

  1. ヘッダのナビゲーションから各工場のページを開く
  2. ページ内の緑の「buy」ボタンから音楽販売サービス「OTOTOY」へ移動
  3. 曲をカートへ入れてウィンドウを閉じる
  4. 以上を工場の数だけ繰り返す

18:49追記: もっと早い方法がありました(公式サイトを経由しないですが…)。海老庵さんありがとうございます。

  1. OTOTOYの「INDUSTRIAL JP」タグ一覧へ移動
  2. 各曲を別ウィンドウで開く
  3. 曲をカートへ入れてウィンドウを閉じる
  4. 以上を全曲繰り返す

ファイル形式はどれがいいのか

音楽の購入は「OTOTOY」というサービス内になります。このサイトでは複数のファイル形式をサポートしているのは良いのですが、音楽に詳しくないとどの形式を買ったらいいのかよくわかりません。

OTOTOYのサイト内でのファイル形式の説明ページはこちらですが、ALAC形式の説明がわかりにくいです。

http://ototoy.jp/feature/format

19:13追記: 説明が間違ってはいません。24bit/96kHz ALACだった場合はiOSのiTunesで再生できません。

※しかし、24bit/48kHzを超える音声ファイルに対して、現状iOSデバイス(iPhone / iPod / iPad)が非対応のため、PC上では再生できるが、iTunesからiOSデバイスへ転送し再生することはできない。これはWAVも同様である。
・iTunes以外でALACに対応している再生ソフトはFLACに比べて少ない

INDUSTRIAL JPは、iOSでもAndroidでも転送・再生できます。

なお、ALAC方式は2011年にオープンソース化され、アップル社以外でも扱えるようになりました。2016年12月現在では余程の高音質でない限りiOSにも問題なく転送できますし、Andoroidでも少なくない数の再生可能アプリがあります。

結論としてはALAC方式が良いです。安心して購入してください。

購入後のトラップ



というわけで、現在リリースされている6曲がカートに揃ったので、晴れて「チェックアウト(購入)」ボタンを押します。音源を聞かれるのでALACを選択します。

ここで、もうひとつ罠があります。購入方法で「クレジットカードで購入する」を選択したときに、まだクレジットカード情報を登録していないと購入手続きが中断されてしまいます。

それだけならよくある話なのですが、OTOTOYでは「Error」と表示してくるので何か問題が起きたのかと猛烈に不安になってしまいます。

なので、カード情報を事前にマイページから登録してから買うか、エラー表示を気にせずカード情報の登録ページへ進んで再チャレンジしてください。

あとはダウンロードURLがメールで届くのを待つだけです。

詳しくない層を漏らしていないか

購入手順の説明は以上なのですが、私はWeb制作の仕事をしているため、かなり考え込んでしまいました。

本当は一ヶ月前、Facebookのタイムラインで見た当日に買うつもりだったのですが、どう買ったら良いかわからずサイトを離れ、そのまま忘れてしまいました。このサイトのことを思い出したのは、Twitterで公式アカウントを見かけた半月後です。

もしも、サイトやOTOTOYが以下のような状態になっていたら、当日に購入できていたかもしれません。

  1. サイト内に「INDUSTRIAL JP」タグ一覧へのリンクが書かれている
  2. サイト、もしくはOTOTOYの曲紹介のわかりやすいところに購入説明とファイル形式の推薦がある
  3. OTOTOY内のファイル形式の説明が間違っていない
  4. OTOTOY内のファイル形式の説明が「〇〇では使えません」という否定形ではなく「〇〇ではこうすれば使えます」という肯定系になっている

音楽が好きな人であれば、このくらい簡単にクリアできるでしょう。しかし「INDUSTRIAL JP」のターゲットは私のような機械好き・作業音楽好きであり、音楽に詳しいとは限りません。インターネットでの購入は、少しでも不安を感じたユーザーは帰ってしまいます。不安を感じさせない配慮がもっとあればいいなと思いました。

ものすごくものすごくものすごく自戒を込めて。否定型表現はだめですね(;ω;` ブワッ

共有する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

permalink

http://webbingstudio.com/weblog/internet/entry-818.html

publish